MENU

ドメイン取得おすすめ比較ランキング

【無料登録】Xserverドメインはこちら

Webサイトを運営する上で取得しなければならない「ドメイン」。

「ドメイン」とは、簡単に言えば「インターネット上の住所」というイメージです。

厳密に言えば「ネット上に存在するネットワークを識別するための名前」を指しており、ドメイン名の違いによってそれぞれのWebサイトが識別されます。

「ドメイン」はドメイン取得業者から購入して登録を行います。ドメイン取得サービスにもさまざまな種類があり、利用可能なドメインの種類や料金などが異なります。

今回はドメイン取得サービスの選び方やおすすめのドメイン取得サービスを紹介していきます。

1番おすすめはエックスサーバーが運営する「Xserverドメイン」です。

Xserverドメインの公式サイトはこちらをクリック

目次

ドメイン取得サービスの選び方!5つの基準で決めよう

ドメインを取得するには、ドメイン取得サービスを利用します。

お好きなドメインを購入して、利用することができます。また、他社と同じドメイン名を使うことはできないので、サービス上で検索をして、そのドメイン名が空白になっていれば購入できます。

では、ドメイン取得サービスのどんな部分を見て選べばいいのかについて解説していきます。

主なポイントとしては以下の5点です。

  • ドメイン取得料金
  • 取得できるドメインの種類
  • ワードプレスでサイト運営するなら提携サーバーもチェック
  • Whois情報公開の代行に対応しているか
  • サポート体制

それでは1つずつ詳しく見ていきましょう。

ドメイン取得料金はトップレベルドメインによって様々

ドメイン取得料金

ドメインの取得には種類によって料金が定められています。

一般的に使用される「.com」や「.net」や企業の公式サイトなどで使われる「co.jp」など、ドメインごとに料金が定められています。

料金体系としては「取得料金」と「更新料金」の2つがあります。

利用したいドメインの種類と取得にかかる料金を比較してみましょう。

取得できるドメインの種類は利用するサービスで異なる

ドメイン取得サービスによって、取得できるドメインの種類に違いがあります。

400種類ものドメインから選べるサービスもあれば、20種類ほどしか選べないサービスもあります。

もちろん一般的に利用される「.com」や「.net」が揃っていれば十分な人も多いでしょうし、種類が豊富であればいいというわけではありません。

特殊なドメインを取得する場合には、その種類がラインナップされているかをチェックしましょう。

WordPressでサイト運営するなら提携サーバーもチェック

ドメイン取得サービスには提携しているサーバーがそれぞれ異なります。

ワードプレスでサイト運営をするのであればレンタルサーバーの利用が必須となりますが、その際にドメイン取得とセットでレンタルサーバーに加入すると料金がお得になるケースもあります。

ドメイン取得サービスが提携しているサーバーについてもチェックしておきましょう。

Whois情報公開の代行に対応しているかは要確認

「Whois情報公開」はドメインの取得時に登録者情報を一般公開する仕組みで、ドメイン保持者の氏名や住所、電話番後などが公開されます。

しかし、個人情報が公開されるのは良くないので、そのような際に「Whois情報公開代行」を利用します。

こちらを利用すると自分の登録者情報をドメイン取得サービスの情報に代えた状態で公開することができます。

個人でWebサイトを運営しようと思っている方など、個人情報が公開されるのに問題がある方はWhois情報公開代行サービスを利用してください。

また、ドメイン取得サービスによってWhois情報公開代行が有料/無料となっているのでチェックしておきましょう。

トラブル時のサポート体制がしっかりしているところを選ぶ

トラブルや疑問点などが生じたときにサポート体制がしっかりしていると便利です。

特に電話サポートに対応しているかどうかでトラブル時の解決スピードは大きく変わってくるでしょう。

通常であればメールでの問い合わせが基本となっていますが、電話サポートにも対応しているドメイン取得サービスであれば信頼できるといえるでしょう。

ドメインおすすめ取得サービスランキング9選

ドメインおすすめ取得サービスランキング9選

それでは、ドメイン取得でおすすめのサービスを紹介していきます。

各サービスの料金やサービス内容をよく確認して、どのサービスでドメインを取得するかを選んでみてください。

今回ご紹介するのは以下の9社です。

  • お名前.com
  • ムームードメイン
  • エックスドメイン
  • スタードメイン
  • 名付けてネット
  • GoDaddy
  • エルドメイン
  • FC2ドメイン
  • ゴンベエドメイン

それぞれのサービスの料金や特徴がどのようになっているのか、ドメイン取得サービスに求める内容に応じてチェックしてみてください。

お名前.comはドメイン登録実績1600万件の人気サービス

お名前.com

種類 取得費用 更新料
.com 760円 1,280円
.net 599円 1,480円
org 960円 1,480円
co.jp 3,660円 5,200円
選べるドメイン 700種類
Whois情報公開代行 有料(980円)
提携サーバー お名前ドットコムレンタルサーバー
電話サポート あり
その他オプション ドメインプロテクション: 980円/年
SSL証明書: 24,000円/年
DNS管理サービス: 無料
お名前.com 転送Plus: 100円/月(メール/URL転送)
メールサービス: 年500円

「お名前.com」はドメイン登録実績1600万件という国内でも屈指の実績を誇るサービスです。

18年間という運営実績はもちろん、取得できるドメインは700種類以上、電話サポートもあるので問題が生じてもすぐに対応してくれます。

Whois情報公開代行については有料ですが、個人でドメインを取得する場合には利用した方がいいでしょう。

「お名前.com」

ムームードメインはレンタルサーバーとの提携で設定が楽

ムームードメイン

種類 取得費用 更新料
.com 1,160円 1,480円
.net 799円 1,480円
org 1,199円 1,680円
co.jp 3,980円 3,980円
選べるドメイン 400種類
Whois情報公開代行 無料
提携サーバー ロリポップ
ヘテムルレンタルサーバー
ロリポップ!マネージドクラウド
カラーミーショップ
電話サポート なし
その他オプション Webサイトビルダー: 12,000円/年
ムームードメイン for WPホスティング: 6,000円/年
ムームーメール: 600円/年

「ムームードメイン」はGMOペコパが運営するドメイン取得サービスです。

ドメイン取得料金の安さに特徴があり、400種類以上から選ぶことができます。Whois情報公開代行も無料でできますし、ワードプレスを利用する際に便利なレンタルサーバーとも提携しているので、お得なセット料金が利用できます。

ただし、電話サポートがないのでトラブルなどの問い合わせはメールのみとなります。

「ムームードメイン」

エックスドメインは大人気を誇るエックスサーバーが運営

エックスドメイン

種類 取得費用 更新料
.com 780円 1,180円
.net 1,180円 1,380円
org 1,380円 1,380円
co.jp 3,760円 3,760円
選べるドメイン 17種類
Whois情報公開代行 無料
提携サーバー エックスサーバー
電話サポート なし
その他オプション 特になし

「エックスドメイン」は低価格でドメインが取得できるのに加えて、国内屈指のハイスペックレンタルサーバー「エックスサーバー」にセットで契約すると無料で利用できます。

ドメイン取得とレンタルサーバーのコストを抑えてWebサイトを作りたい人におすすめです。

扱われているドメインは17種類と少なく、電話サポートもありませんが、Whois情報公開代行は無料です。

「エックスドメイン」

スタードメインは提携しているサーバーだと無料で利用可能

スタードメイン

種類 取得費用 更新料
.com 880円 1,180円
.net 1,180円 1,380円
org 1,380円 1,380円
co.jp 3,680円 3,680円
選べるドメイン 43種類
Whois情報公開代行 未公開
提携サーバー スターサーバー
電話サポート なし
その他オプション 特になし

「スタードメイン」は、ドメイン取得料金が安く、Whois情報公開代行が無料できるコスパの良いサービスです。

提携しているサーバーは無料で利用できますし、ワードプレスにも対応しています。

扱っているドメインは43種類と少なく、電話サポートもありませんが、コストの低さに特徴があるので初めてWebサイトを運営するという方におすすめです。

「スタードメイン」

名付けてネットはレンタルサーバーとの同時利用でお得

名付けてネット

種類 取得費用 更新料
.com 1,200円 3,600円
.net 1,500円 3,600円
org 1,500円 3,600円
co..jp 7,200円 7,200円
選べるドメイン 29種類
Whois情報公開代行 無料
提携サーバー Suite X
電話サポート あり
その他オプション ドメイン転送サービス: 2,400円/年(URL・メール転送)
DNSアウトソーシングサービス: 6,000円/年
デジサート・ジャパンのSSLサーバー証明書クーポン販売: 77,000円~/年

「名付けてネット」はNTTPCコミュニケーションズが提供するドメイン取得サービスです。

取得した複数のドメインを同じパスワードで管理できるという便利なサービスが特徴です。

扱われているドメインは29種類と少なく、料金も並ですが、電話サポートがあり、レンタルサーバー とのセット料金が利用できるなどコスパは高いです。

「名付けてネット」

GoDaddyは海外発!世界中で7800万件のドメインを管理

GoDaddy

種類 取得費用 更新料
.com 141円 1,879円
.net 1,661円
org 1,221円
co.jp 3,799円
選べるドメイン 495種類
Whois情報公開代行 未公開
提携サーバー 特になし
電話サポート あり
その他オプション 特になし

「GoDaddy」は、海外ではお馴染みのドメイン取得サービスです。

世界中で7800万件ものドメインを管理している実績を誇っており、扱われているドメインも495種類と豊富です。

「.com」の取得料金が非常に安く、海外ドメインが豊富なのも特徴で電話によるサポートも行っています。

「GoDaddy」

エルドメインは他社に無い特徴を兼ね備えているのが強み

エルドメイン

種類 取得費用 更新料
.com 1,853円 1,853円
.net 1,853円 1,853円
org 1,853円 1,853円
co..jp 5,214円 5,214円
選べるドメイン 23種類
Whois情報公開代行 無料
提携サーバー Futoka
ラクサバ
電話サポート なし
その他オプション 特になし

「エルドメイン」は、Rebyc株式会社が運営するドメイン取得サービスで、取得料金は他社よりも高くなっていますが、Whois情報公開代行が無料で行えるのと、JPドメインの移転が無料で行えるなどメリットもあります。

扱われているドメインは23種類と少なく、電話サポートもありません。

「エルドメイン」

FC2ドメインは複数ドメインを保有する方におすすめ

FC2ドメイン

種類 取得費用 更新料
.com 1,080円 1,080円
.net 1,180円 1,180円
org 1,080円 1,080円
co.jp 3,920円 3,920円
選べるドメイン 32種類
Whois情報公開代行 無料
提携サーバー FC2レンタルサーバー
電話サポート なし
その他オプション 特になし

「FC2ドメイン」はFC2.Incが提供しているドメイン取得サービスで、FC2ブログやFCレンタルサーバーとの連携に強みを持っています。

扱われているドメインは32種類と少なく、電話サポートもないものの、更新費用がリーズナブルで複数ドメインを一括管理できるなどメリットもあります。

「FC2ドメイン」

ゴンベエドメインは選べるドメインは1000種類と珍しい

ゴンベエドメイン

種類 取得費用 更新料
.com 1,408円 1,408円
.net 1,628円 1,628円
org 1,738円 1,738円
co.jp 5,720円 5,720円
選べるドメイン 1000種類
Whois情報公開代行 有料(1,000円)
提携サーバー マイサーバー1000・3000
電話サポート なし
その他オプション JPRSサーバー証明書サービス:年額4,400円

「ゴンベエドメイン」はドメイン種類のラインナップの豊富さに強みを持っているドメイン取得サービスです。

選べるドメインは1000種類あり、他社では取り扱っていない珍しいドメインも取得可能です。

一般的な利用では種類の豊富さというのはあまりメリットにはなりませんが、海外進出を控えた企業などには非常に役立つでしょう。

Whois情報公開代行は有料で、電話サポートがないのが欠点といえます。

「ゴンベエドメイン」

独自ドメインを取得するメリットは権威性を示せること

独自ドメインを取得するメリットは?

ドメインを取得する際には、会社やサービス、商品の名前やWebサイトの内容を簡潔に表す文字列にしておくと便利です。

こういった独自ドメインを取得するメリットには何があるのか詳しく見ていきましょう。

ホームページの信頼性が高まるので事業者は必須

独自ドメインは一種の信頼の証でもあります。

利用者がWebサイトを閲覧したときに、会社名とURLが同じ名称であれば健全なサイトだと安心して利用することができます。

逆にWebサイトのURLが関係のない文字の羅列だった場合、「怪しいサイトでは?」と疑われてしまいます。

利用者の感覚的な信頼性はサイトに長く止まってもらうためにも重要です。

SEO上の効果もあるのでアフェリエイトにぴったり

独自ドメインにはSEO上の効果もあります。

SEOでの評価と独自ドメインはリンクしており、仮にWebサイトを削除して、別のサイトに移管したとしても独自ドメインを引き継ぐこともできます。

Webサイトとしての一貫性を持たせることもできるので集客を狙うWebサイト運営を考えている方にメリットがあります。

ドメイン取得サービスを利用する際の注意点

ドメイン取得の注意点

ドメイン取得時の注意点について解説していきます。

ドメイン取得にかかる費用や取得可能なドメインの制限など利用前にきちんと理解しておきましょう。

以下の2点について必ず確認しておくようにしましょう。

料金は「取得料金」と「更新料金」の2つが必要

ドメイン取得にかかる費用には「取得費用」と「更新費用」の2つがあります。

「取得費用」はドメイン取得時に支払う費用で、「更新費用」は取得から1年おきなどに支払う費用になります。

サービスの料金を比較するときには取得費用・更新費用の両方を必ずチェックしておきましょう。

特定のドメインは空いていても取得できない

特定の種類のドメインは空きがあっても取得できる組織などが限られているケースがあります。

例えば、「co.jp」は日本国内で登記を行っている法人のみが取得可能になっています。その他にも高等教育機関や学校法人が取得可能な「ac.jp」など、取得対象が限られているものがあるので注意してください。

目次
閉じる