レンタルサーバーおすすめ比較安いランキング

プログラミング

サイトを運営するうえでなくてはならないレンタルサーバー。

今回は安いおすすめのレンタルサーバーについて、初心者向けのものから中級者以上向け・法人向けのものまで、ランキング形式で紹介していきたいと思います。

これからレンタルサーバーの契約を検討しているという人はぜひ参考にしてみて下さい!

目次

レンタルサーバーおすすめ比較安いランキング

レンタルサーバーおすすめ比較安いランキング

まずは商用向けの有料おすすめレンタルサーバーについて紹介していきます。

レンタルサーバーでチャックしなければいけない項目は料金と容量です。

基本的にはエックスサーバーもしくはconohaサーバーを選んでおけば間違いないでしょう。

1.LOLIPOP(ロリポップ)(スタンダートプラン)

LOLIPOP(ロリポップ)(スタンダートプラン)
サービス内容 詳細
公式サイト ロリポップ
初期費用 1,500円
月額料金 500円
ディスク容量 120GB
データベース数 30個
ドメイン数 100個
メールアドレス数 無制限
最低利用期間 1か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス ×(有料オプション)

「LOLIPOP(ロリポップ)」は、低価格かつ高機能のレンタルサーバーです。

スタンダートプランなら月額500円で、簡単インストール機能によりWordPressサイトがお手軽に作れますし、機能が豊富で独自SSL(無料)や電話サポートもついてきます。

またマニュアルも充実しているので、初心者の人にとってはありがたいですね。

ちなみにロリポップの場合は、これよりも更に安い月額250円のライトプランがあります。

これは電話サポートがありませんが、スタンダートプランと同様にWordPress簡単インストール機能が付いています。

そのため初めてWordPressサイトを作るなら、まずはこちらのプランで契約しておき、サイトの規模が大きくなったらスタンダートプランに移行するのがおすすめです。

ただロリポップの場合は、標準で自動バックアップサービスが付いていませんが、料金が安いうえに機能もそこそこでマニュアルが充実しているので、初心者にはうってつけです。

2.XSERVER(エックスサーバー)(X10プラン)

XSERVER(エックスサーバー)(X10プラン)
サービス内容 詳細
公式サイト エックスサーバー
初期費用 3,000円
月額料金 900~1,200円
ディスク容量 200GB(SSD)
データベース数 50個
ドメイン数 無制限
メールアドレス数 無制限
最低利用期間 3カ月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス

「XSERVER(エックスサーバー)」も、業界最速レベルで表示速度が速くてSEO的に良く、コスパが良いということで大変評価の高いレンタルサーバーです。

人気サーバーの中では割と月額料金が高めで初期費用がかかりますが、高速かつ多機能でセキュリティやサポートも充実しており、値段の割にとにかく高機能です。

料金や機能を考えれば完全な初心者向きではありませんが、サイトを運営したことはないけれども専門知識があったりなどしてコンテンツ作りに自信があったり、ある程度経験のあるサイト運営中級者以上である場合は、最初からこのエックスサーバーで契約するのがおすすめです。

3.ConoHa WING(WINGパック・ベーシック)

ConoHa WING(WINGパック・ベーシック)
サービス内容 詳細
公式サイト ConoHa WING
初期費用 無料
月額料金 800円~1,100円
ディスク容量 250GB(SSD)
データベース数 60
ドメイン数 無制限
メールアドレス数 無制限
最低利用期間 3カ月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス

「ConoHa WING」は比較的新しいですが、安いのに優秀であるというようにコスパの良さから注目されているGMOのレンタルサーバーです。

ConoHa WINGのメリットは、ディスクがSSDで表示速度がエックスサーバーに匹敵するほど業界でもトップクラスに速いという点であり、集客を考えるうえで有利に働くでしょう。

また月額料金が安いことはもちろん、初期費用が無料+独自ドメイン1個永続無料と始めやすいですし、管理画面も使いやすいと評判です。

初めてサイトを運営し始める場合だと、時間単位で契約できる通常パック(2円/時)もおすすめです。

なおプランはいつでも変更できるので、サイトの規模に応じて最適なものに変えられるのも便利ですね。

4.Colorful Box(カラフルボックス)(BOX1)

Colorful Box(カラフルボックス)(BOX1)
サービス内容 詳細
公式サイト カラフルボックス
初期費用 2,000円(1ヶ月契約のみの場合)
月額料金 480円~7,20円
ディスク容量 100GB(SSD)
データベース数 無制限
ドメイン数 無制限
メールアドレス数 無制限
最低利用期間  1か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス

「Colorful Box(カラフルボックス)」は、従来の共用サーバーとは違いクラウド型サーバーであることから、接続の安定性が高く、全プランSSD+LiteSpeed採用により、表示速度が速く集客において有利になるでしょう。

またカラフルボックスの最大のメリットとしては、コスパ良好なレンタルサーバーの中でもアダルトサイトの制作が可能であるという点です。

ちなみに最安プラン(月額480円~)でも、データベースやドメインなど無制限に使えますし、セキュリティやサポートも充実しています。

プランに関してはいつでも変更できるので、サイトの規模に合わせて上位のプランに切り替えると良いでしょう。

そのためコスパに優れたレンタルサーバーを利用したいという場合はもちろん、アダルトサイトの運営を行いたい場合にもカラフルボックスがおすすめです。

5.さくらのレンタルサーバ(スタンダード)

さくらのレンタルサーバ(スタンダード)
サービス内容 詳細
公式サイト さくらのレンタルサーバ
初期費用 1,048
月額料金 524円
ディスク容量 100GB
データベース数 20個
ドメイン数 20個
メールアドレス数 無制限
最低利用期間 3か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス

老舗のレンタルサーバー業者として知られる「さくらのレンタルサーバ」。
ここはロリポップと同様にとにかく安く、WordPressを簡単に導入できます。
そして自動バックアップサービスまであるのも嬉しい限りですね。

しかしディスク容量や使えるデータベースの数やドメインの数が少なめになるので、多くのサイトを作っていきたい場合にはあまり向きません。

全くの初心者でありサイト運営に自信があるわけではなく、とりあえず低コストでかつある程度機能も充実したレンタルサーバーでスタートしたい場合におすすめです。

6.Star Server(スターサーバー)(スタンダード)

Star Server(スターサーバー)(スタンダード)
サービス内容 詳細
公式サイト スターサーバー
初期費用 1,500円
月額料金 400円~
ディスク容量 100GB(SSD)
データベース数 20個
ドメイン数 無制限
メールアドレス数 1,000個
最低利用期間 3か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス ×

スターサーバーは月額400円からと格安で利用できる初心者向けレンタルサーバーです。

格安でありながらSSD標準搭載でサイトが高速で動作しますし、同じドメイン会社であるスタードメインを使えばサーバーとドメインの管理を一元化することができます。

またネットオウルと提携しているので、サーバーを利用するごとにポイントが貯まりお得に使えるようになります。

ただし無料での自動バックアップサービスがなかったり、支払いの際にネットオウルポイントわざわざ購入しなければならず面倒だったりします。

そして電話サポートがないので、初心者の場合だと多少心細い部分はありますね。

ちなみにライトプランなら、月額200円からでもWordPressサイトが1つ作成できるので、とにかく安くWordPressサイトが作りたい場合に良いのではないでしょうか?

7.wpXSpeed

wpXSpeed
サービス内容 詳細
公式サイト wpXSpeed
初期費用 無料
料金 2円/時(最大月額1,200円)
ディスク容量 200GB(SSD)
データベース数 無制限
ドメイン数 無制限
メールアドレス数 無制限
最低利用期間
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス

「wpXSpeed」は「wpXレンタルサーバー」のリニューアル版のクラウド型レンタルサーバーです。

WordPress専用に最適化されたサーバーであり、WordPressサイトを安定・超高速化させることができるようになっています。

ただしWordPress特化型サーバーなので、あくまでもWordPressサイトしか作成できません。

そのためwpXSpeedは、WordPressサイトしか運営しないというような場合におすすめです。

8.mixhost(ミックスホスト)(スタンダード)

mixhost(ミックスホスト)(スタンダード)
サービス内容 詳細
公式サイト ミックスホスト
初期費用 無料
月額料金 880円~1,380円
ディスク容量 250GB(SSD)
データベース数 無制限
ドメイン数 無制限
メールアドレス数 無制限
最低利用期間 3か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス

「mixhost(ミックスホスト)」は、アクセス処理速度・表示スピード・アフィリエイター&ブロガーによる3つの満足度においてナンバーワンに輝いたレンタルサーバーです。

全プランSSDでLiteSpeed採用のサーバーにより、Webサイトの高速化が実現されています。

また便利な機能が豊富で、セキュリティ対策も充実しています。

ただミックスホストはまだ新しいためか少し安定性に欠ける部分がありますが、30日間返金保証があるので満足いかなかったらすぐにやめることができます。

本当の初心者向きではありませんが、コスパの良いレンタルサーバーの有力候補の一つとしておすすめです。

9.お名前.comレンタルサーバー

お名前.comレンタルサーバー
サービス内容 詳細
公式サイト お名前.comレンタルサーバー
初期費用 無料
月額料金 900円~1,300円
ディスク容量 250GB(SSD)
データベース数 無制限
ドメイン数 無制限
メールアドレス数 無制限
最低利用期間 1か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス

「お名前.comレンタルサーバー」は、高速かつ安定性の高いハイスペックかつ多機能なレンタルサーバーです。

料金は少し高めですが、ドメイン登録費用や更新費用が永年無料ですし、今ならサーバー月額費用が最大2カ月無料になるキャンペーンを実施しているのでお得です。

初心者である場合は、少々オーバースペックになるかもしれませんが、マニュアルやサポートが充実しているので心強いですね。

10.ヘテムル(ベーシック)

ヘテムル(ベーシック)
サービス内容 詳細
公式サイト ヘテムル
初期費用 2,000円
月額料金 800円~1,100円
ディスク容量 200GB(SSD)
データベース数 70個
ドメイン数 無制限
メールアドレス数 無制限
最低利用期間 3か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス

「ヘテムル」は、ロリポップと同じ運営会社によるレンタルサーバーです。

ただこちらの場合はロリポップよりも少し高性能で、SSD採用+独自開発の高速モジュール版PHPにより、WordPressサイトも素早く動作します。

また登録可能なデータベースの数が、同価格帯の他レンタルサーバーと比べても多めなのが特徴です。

しかしヘテムルの場合はプラン変更ができないのがネックであり、どうしても変えたい場合はアカウントごと変えなければならないことから、かなり面倒になるという点において注意しておきたいところですね。

速くて安定性があり、データベースの多いレンタルサーバーが良いのであれば、ヘテムルを選ぶのも手です。

11.エクストリム(ベーシックプラン)

エクストリム(ベーシックプラン)
サービス内容 詳細
公式サイト エクストリム
初期費用 1,000円
月額料金 190円~300円
ディスク容量 10GB
データベース数 5個
ドメイン数 50個
メールアドレス数 50個
最低利用期間 1か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス  ×

「エクストリム」は、とにかく料金が安いのが魅力的なレンタルサーバーです。

格安という点でスターサーバーに似ていますが、こちらは1か月からと短期間での契約が可能になっている分使い勝手が良いでしょう。

ただしディスク容量が少ないなど性能は相応で、電話でのサポートもありません。

そのため小規模なサイトを格安で運営したい場合や、ネットショップを運営したい場合におすすめです。

12.ラクサバ(ラクラクライトプラン)

ラクサバ(ラクラクライトプラン)
サービス内容 詳細
公式サイト ラクサバ
初期費用 1,568円
月額料金 263円~315円
ディスク容量 10GB
データベース数 2個
ドメイン数 6個
メールアドレス数 40個
最低利用期間 1か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス ×

「ラクサバ」も、料金が格安であることがメリットのレンタルサーバーです。

ただディスク容量が少なく、最上位プランでも60GBまでなので、あくまで小さい規模のサイトでしか対応できません。

エクストリム同様、小規模なサイトを低コストで運営したいときや、ネットショップを運営したい場合などにおすすめです。

13.クイッカ(Quicca)(ライトプラン)

クイッカ(Quicca)(ライトプラン)
サービス内容 詳細
公式サイト クイッカ
初期費用 926
月額料金 ・230円(12か月)
322円(6か月)
ディスク容量 10GB
データベース数 5
ドメイン数 50個
メールアドレス数 10
最低利用期間 6か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス ×

「クイッカ(Quicca)」は、非常に安価でありながらWordPressなどのCMSが簡単に使えるという個人向け(初心者向け)のレンタルサーバーです。

プランアップ可能なので、サイトの成長に合わせて上位プランに切り替えられます。

ただサポートに関してはメールのみで、電話による問い合わせがないことから、初心者である場合は注意が必要です。

また最低利用期間も6か月~と少し長めになる点も契約前に確認しておきたいところです。

14.バリューサーバー(まるっとプラン)

バリューサーバー(まるっとプラン)
サービス内容 詳細
公式サイト バリューサーバー
初期費用 無料
月額料金 133円~
ディスク容量 25GB
データベース数 1個
ドメイン数 5個
メールアドレス数 3個
最低利用期間  1年契約のみ
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス ×

「バリューサーバー」のまるっとプランでは、月額たった133円~で使えて、ワンクリックでサイトを開設できるという超初心者向けプランです。

ただデータ転送量が小さく、電話サポートがありませんが、初めてサイトを制作する場合におすすめです。

ちなみにスタンダードプランだと344円~と格安でありながら、大容量でデータベース・ドメイン・メールアドレス登録数が無制限で使えてしまうことから、こちらのプランもおすすめです。

15.CPI

CPI
サービス内容 詳細
公式サイト CPIレンタルサーバー
初期費用 ・無料(12か月)
・20,000円(3か月・6か月)
月額料金 3,800円~4,400円
ディスク容量 無制限
データベース数 無制限
ドメイン数 無制限
メールアドレス数 無制限
最低利用期間 3か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス

「CPI」は、KDDIが運営しているレンタルサーバーです。

特徴としては料金が割高である反面、高速・高安定性で、ディスク容量やマルチドメイン・データベース・メールアドレスなどがすべて無制限で利用することができるというように超ハイスペックです。

その他サポートやセキュリティ対策なども含めて、とにかくサービス内容が充実しています。

性能から主に法人向けですが、大規模なサイトを複数運営しているような個人にもおすすめです。

16.アイクラスタプラス(ミニ)

アイクラスタプラス(ミニ)
サービス内容 詳細
公式サイト アイクラスタプラス
初期費用 5,000円
月額料金 934円~1,315円
ディスク容量 200GB
データベース数 100個
ドメイン数 61個
メールアドレス数 10個
最低利用期間 1か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス ×

「アイクラスタプラス」は、GMOが運営する法人向けレンタルサーバーです。
クラスタ技術と呼ばれる技術により、安定したサーバー稼働が実現されています。

また常時SSL化で常に安心して訪問可能であり、起業のコーポレートサイトを制作するような場合におすすめです。

おすすめレンタルサーバー【無料サーバー部門】

ここからは無料で使えるおすすめレンタルサーバーについて紹介していきたいと思います。

無料サーバーは商用・ビジネスには向いていませんが、そういったサイト作りの練習の一環として利用したり、あくまで趣味の範囲内で個人でサイトを運営する場合などにおすすめです。

XFREE無料レンタルサーバー(WordPress機能プラン)

XFREE無料レンタルサーバー(WordPress機能プラン)
サービス内容 詳細
公式サイト XFREE
ディスク容量 2GB
データベース数 5個
ドメイン数 5個
WordPress簡単インストール機能

「XFREE」はエックスサーバーの無料版レンタルサーバーです。

無料でありながら商用利用が可能であり、WordPress機能プランならば簡単にWordPressサイトが作れてしまいます。

その他静的サイトを作るのに適した「HTMLサーバー機能」、動的サイトを作るのに適した「PHP・MySQLサーバー機能」プランがあるので、用途に応じてプラン選択すると良いでしょう。

エックスサーバーを利用したいと思っているけれども、結果を出せるまでに期間を要しそうであれば、まずこのXFREEから無料で試してみてはいかがでしょうか?

StarServerFree(スターサーバーフリー)(フリー PHP+MySQL )

StarServerFree(スターサーバーフリー)(フリー PHP+MySQL )
サービス内容 詳細
公式サイト StarServerFree
ディスク容量 2GB
データベース数 1個
ドメイン数 1個
WordPress簡単インストール機能

「StarServerFree(スターサーバーフリー)」は、スターサーバーの無料版レンタルサーバーです。

フリー PHP+MySQLプランなら、WordPressサイトが1つ作れます。
簡単インストール機能あるので、初心者でも難なく導入できるでしょう。

XREA Free

XREA Free
サービス内容 詳細
公式サイト XREA FREE
ディスク容量 1GB
データベース数 1個
ドメイン数 10個
WordPress簡単インストール機能 ×

上記2つと無料サーバーと比べてもWordPressの導入が難しいですが、登録可能なドメイン数が多く、メールアカウントも100個まで作成できます。

レンタルサーバー性能比較一覧

レンタルサーバー性能比較一覧

最後にこれまで紹介してきたおすすめレンタルサーバーにおける、簡単な性能を表にしてまとめてみました。

レンタルサーバー 初期費用 月額料金 ディスク容量 データベース数 ドメイン数 メールアドレス数 最低利用期間 WordPress
簡単インストール
自動バックアップ
LOLIPOP(ロリポップ)(スタンダートプラン) 1,500円 500円 120GB 30個 100個 無制限 1か月~ ×
XSERVER(エックスサーバー)(X10プラン) 3,000円 900円~1,200円 200GB(SSD) 50個 無制限 無制限 3か月~
ConoHa WING(WINGパック・ベーシック) 無料 800円~1,100円 250GB(SSD) 60個 無制限 無制限 3か月~
Colorful Box(カラフルボックス)(BOX1) 2,000円(1ヶ月契約のみの場合) 480円~7,20円 100GB(SSD) 無制限 無制限 無制限 1か月~
さくらのレンタルサーバ(スタンダード) 1,048円 524円 100GB 20個 20個 無制限 3か月~
Star Server(スターサーバー)(スタンダード) 1,500円 400円~600円 100GB(SSD) 20個 無制限 1,000個 3か月~ ×
wpXSpeed 無料 2円/時(最大月額1,200円) 200GB(SSD) 無制限 無制限 無制限
mixhost(ミックスホスト)(スタンダード) 無料 880円~1,380円 250GB(SSD) 無制限 無制限 無制限 3か月~
お名前.comレンタルサーバー 無料 900円~1,300円 250GB(SSD) 無制限 無制限 無制限 1か月~
ヘテムル(ベーシック) 2,000円 800円~1,100円 200GB(SSD) 70個 無制限 無制限 3か月~
エクストリム(ベーシックプラン) 1,000円 190円~300円 10GB 5個 50個 50個 1か月~ ×
ラクサバ(ラクラクライトプラン) 1,568円 263円~315円 10GB 2個 6個 40個 1か月~ ×
クイッカ(Quicca) 926円 230円~322円 10GB 5個 50個 10個 6か月~ ×
バリューサーバー(まるっとプラン) 無料 133円~ 25GB 1個 5個 3個 1年~ ×
CPI ・無料(12か月契約)
・20,000円(3か月・6か月契約)
3,800円~4,400円 無制限 無制限 無制限 無制限 3か月~
アイクラスタプラス(ミニ) 5,000円 934円~1,315円 200GB 100個 61個 10個 1か月~ ×

レンタルサーバー・プランの選び方のポイント

レンタルサーバー・プランの選び方のポイント

これまで紹介してきたようにレンタルサーバーには様々なものがありますが、そういったサービスやプランを選ぶ際は主に下記の10のポイントを踏まえたうえで決めると良いでしょう。

  • 月額料金・初期費用・最低利用期間はいくらか
  • 表示速度が速いかどうか
  • ディスク容量がいくらか
  • 登録できる独自ドメインの数はいくらか
  • データベース(MySQL)の数はいくらか
  • 転送量制限がどれくらいか
  • WordPress簡単インストール機能が使えるかどうか
  • 自動バックアップサービスが付いているかどうか
  • セキュリティ対策が充実しているか
  • サポートが充実しているか
  • 管理画面が使いやすいか

月額料金・初期費用・最低利用期間はいくらか

有料レンタルサーバーの中でも、月額料金や初期費用が違います。
例えば月額料金であれば安いところだと100円~、高いければ2,000円以上かかります。

また初期費用も0円~5,400円と、そのサーバーによってかなり上下します。
そして料金は基本的に高いほど、ディスク容量・登録可能ドメイン数・転送量などが優れます。

そのためレンタルサーバーを選ぶ際は、自分が希望するスペック・サービス内容に合ったサーバー、プランを選択すると良いでしょう。

また最低利用期間もサーバーによって変わりますが、これに関しては短かければ随時他サーバーに移行しやすいなど利便性が良いので、基本的になるべく短期契約できるところが望ましいですね。

ただどのサーバー会社においても、長期契約の方が料金的にはお得なので、低コストを重視するなら長期間での契約もありです。

表示速度が速いかどうか

表示速度の速さはSEO的にも重要であり、集客を考えるうえではなるべく速いところを選ぶのが重要です。

この表示速度に関しては、各レンタルサーバーで公開されていなかったりしますが、代表的なサーバーで比べた場合は大体下記の順に速いとされています。

  1. エックスサーバー
  2. ConoHa WING
  3. ColorfulBox
  4. ヘテムル
  5. ロリポップ
  6. スターサーバー
  7. ミックスホスト
  8. さくらのレンタルサーバー

ちなみにディスクがSSDである場合だと速いので、集客を意識するのであればディスクがSSDであるところを選ぶと良いでしょう。

ディスク容量がいくらか

サーバーのディスク容量というのは、サーバーにデータを保存できる量のことで、これが大きければ大きいほど沢山の記事が保存可能であり、多くのサイトを保有することができるようになります。

保有したいサイトの数や規模に応じて、最適なディスク容量のサーバー、プランを選ぶと良いでしょう。

ちなみにロングレンジサイト(記事数500程度)1サイトにつき、100GBの容量が必要になるので、これを目安に考えると良いです。

登録できる独自ドメインの数はいくらか

またレンタルサーバー間でも登録できる独自ドメインの数は異なるので、複数のサイトを持ちたければ、そのサイトの数を満たすようなサーバー、プランを選びたいところです。

データベース(MySQL)の数はいくらか

データベース(MySQL)の数はいくらか

データベース(MySQLなど)は、基本的にWordpressなどのCMSで1サイト作るごとに1つ必要になります。

そのためWordpressなどのサイトを複数作成したい場合は、その作成予定のサイトの数を満たすようなサーバー、プランを選びましょう。

なおこのデータベースがない場合は、Wordpressのサイトが作れないので注意が必要です。

転送量制限がどれくらいか

転送量制限がどれくらいか

契約するレンタルサーバーやプランによっては、1カ月または1日の転送量(サーバーとのデータ送受信の容量)の上限が決まっている場合があります。

転送量を超えた場合は表示速度が遅くなったり、サイトにアクセス自体出来なくなったりすることから、訪問者が減ってしまうことにもなりかねません。

そのためレンタルサーバーを選ぶ際は1カ月または1日の転送量の上限がどの程度なのか確認してから選んでおきたいところです。

ちなみに個人で運営する場合、転送量は50GB/日あれば十分です。

WordPress簡単インストール機能が使えるかどうか

WordPress簡単インストール機能が使えるかどうか

現在ブログ・サイト運営をするにあたりCMSとして主流であるWordPressを使うのであれば、「WordPress簡単インストール機能」が搭載されているレンタルサーバーを選ぶと良いでしょう。

こうした機能が搭載されていれば、初心者でもワンボタンで簡単かつすぐにWordPressを導入できるので大変便利です。

自動バックアップサービスが付いているかどうか

自動バックアップサービスが付いていれば、万が一何かの手違いでファイルを消してしまったりした場合や、WordPressのテンプレートの編集を間違えたときなどでもフォローが利きます。

特に初心者である場合は、WordPressのテンプレートの編集に失敗してしまう可能性が多々あるので、もしこうしたことが心配であれば自動バックアップサービスが付いているところを選ぶのが理想です。

セキュリティ対策が充実しているか

レンタルサーバーを選ぶ際はセキュリティ対策が充実しているかどうかも重要です。

というのもセキュリティがしっかりしていなければ、悪意のあるユーザーにより自分の運営するサイトが乗っ取られたり、データを盗まれたり改ざんさせられたりする恐れがあるからです。

そのためサーバーを決めるときは、最低でも主に下記のセキュリティ対策が施されているかどうかチェックしておきましょう。

  • WAF
  • IPアクセス制限
  • SSLサーバ証明書
  • メールウイルススキャン・スパムメールフィルタ(メールを使う場合)

その他DDOS攻撃をある程度防げるIPSやIDSも導入されていれば尚更良いです。

サポートが充実しているか

またレンタルサーバーを決めるときは、サポートの充実度で判断するのも手です。

特に初心者の場合であれば、WordPressのテンプレートの編集ミスでサイトが表示されなくなるなどのトラブルが少なからずあったりするので、始めたてで心配なのであればサポートが充実しているところを選ぶと良いでしょう。

サポートは各レンタルサーバーによって、電話・メール・チャットなどの種類や受付時間などが変わってくるので、選ぶ際はこうした問い合わせ方法や受付時間を確認しておきたいところです。

管理画面が使いやすいか

管理画面の使いやすさで、レンタルサーバーを選ぶのも手です。

これに関しては、各レンタルサーバーで実施されている無料お試し期間を利用して判断すると良いでしょう。

まとめ

以上安いおすすめのレンタルサーバーについて紹介していきました。
プランに関しては最もコスパが良いと思われるものを紹介していますが、これは運営するサイトの規模に合わせて選ぶと良いでしょう。