漫画『ワールドトリガー』を無料で読むサイトやアプリはある? おすすめのサービスを紹介!

漫画


「週刊少年ジャンプ」にて連載され、現在テレビアニメが2期まで放送されている人気漫画『ワールドトリガー』。

こちらの作品は、その人気ぶりから2021年10月からテレビアニメ第3期が放送を開始していて、その注目度はどんどんと高まってきています。

そこで今回は『ワールドトリガー』を無料で見れるサイトやアプリがあるのか紹介していきます。

お得に『ワールドトリガー」を読む方法についてもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

1.『ワールドトリガー』を無料で読めるサイト

結論から言うと、『ワールドトリガー』はU-NEXTで無料で読めます。

他にも、無料ではありませんが半額であればコミックシーモア、まんが王国、Book Liveでも読めます。

全巻無料で読むことまではできませんが、初回特典のポイントなどを活用することで通常よりもお得に読み進めることが可能です。

これらのサイトの特徴や料金体系などについて紹介していきます。

①U-NEXT

公式サイト U-nextはこちら
月額料金 2,189円
クーポンの有無 なし
無料体験 あり
ワールドトリガーを読むのに必要な金額 最大40%OFF

U-NEXTはVOD系サービスとして知名度の高いサイトで、あまりイメージがない方もいるかもしれませんが、漫画の一部読み放題やレンタル機能も備えています。

月額料金は2,189円となっていて、他のVOD系サービスと比べると金額が高くて手が出しにくいと感じるかもしれません。

しかし、U-NEXTは1つの契約につき4つのアカウントを紐づけることができるため、4アカウント紐づけて4人で月額料金を割り勘することで安く利用できます。

知り合いと相談して一緒に契約するか、あるいはインターネット上で募集して自分を除いた3人を集める方法を試すのが無難です。

相手に履歴を見られたくないという方もいるかもしれませんが、ファミリーアカウント機能を使えば視聴履歴やマイリストが別々になるのでそこは心配する必要はありません。

U-NEXTでは、クーポンなどでお得に始めることはできませんが、31日間の無料体験期間があって、そこで登録時に600ポイント付与され、無料期間が終わったら毎月1,200ポイントが付与されることとなっています。

また、U-NEXTでは漫画を購入するとその金額の最大40%までがポイント還元されます。

そのため、これらを活用することで、無料期間の間に『ワールドトリガー』を1巻ポイントで実質無料でレンタルすることが可能です。

ただ、付与されるポイントも4人で分け合って使うなら、すぐには『ワールドトリガー』を借りることができない点に注意が必要です。

こういった仕組みになっているので、映像系のものに触れなかったり、他の人と一緒に契約できないのであれば、U-NEXTは『ワールドトリガー』の1巻だけ無料で読んで、それ以降は別の方法でお得に読むことをおすすめします。

なるべく気兼ねなく好きな作品を読みたい方は、自分と趣味が近しい人と契約関係を結んで、あえて視聴履歴を共有状態にしておいて、誰でもその作品に自由にアクセスできる状態を作れば、すぐに無料で『ワールドトリガー』を読むこともできます。

もし無料期間以降も継続して利用していきたいという方は、無料期間中に解約しないと自動で月額料金の引き落としがかかるので、事前に解約することを忘れないようにしてください。

  • ①31日間の無料体験+600円分のポイントプレゼント
  • ②漫画購入で最大40%のポイント還元がある
  • ③漫画だけでなく動画も見放題

②コミックシーモア

公式サイト コミックシーモアはこちら
月額料金 無料
クーポンの有無 あり
無料体験 なし
ワールドトリガーを読むのに必要な金額 最大半額

コミックシーモアは漫画アプリとは異なって、ブラウザ上で電子書籍を購入できるタイプのサイトです。

約40万冊の作品を取り扱っていて、様々なジャンルの作品がブラウザ上で漫画が読めます。

ブラウザ上で漫画が読めるため、スマホのアプリのストレージを圧迫することがなくて便利だと評判です。

月額料金を支払うことなく都度利用することもできますが、月額メニューに入って定期的に利用することもできます。

その場合、以下のメニューのいずれかを選択して加入することとなります。

  • コミックシーモア300:330円(300pt)
  • コミックシーモア500:550円(500pt+継続ポイント50pt)
  • コミックシーモア1,000:1,100円(1,000pt+継続ポイント150pt)
  • コミックシーモア2,000:2,200円(2,000pt+継続ポイント450pt)
  • コミックシーモア3,000:3,300円(3,000pt+継続ポイント690pt)
  • コミックシーモア5,000:5,500円(5,000pt+継続ポイント1,200pt)
  • コミックシーモア10,000:11,000円(10,000pt+継続ポイント2,500pt)
  • コミックシーモア20,000:22,000円(20,000pt+継続ポイント6,000pt)

なるべく高い金額のメニューに加入した方が、継続して利用した際にもらえる継続ポイントが大きくなるのでお得ですが、自分にとって必要以上のメニューに加入してもポイントを余らせてしまってかえって損をしてしまいます。

概ね1巻あたり400円から500円程度かかることを踏まえて、無駄なく使えるメニューを選択するようにしてください。

ちなみに、新規会員登録をすることで50%OFFのクーポンがもらえ、この月額メニューに加入すると最大で20,000ポイントを還元してもらえます。

これを使えば『ワールドトリガー』が半額かつ、ポイントを利用してお得に購入できるので、コミックシーモアを利用する際は、なるべく月額メニューに加入するのがおすすめです。

  • ①無料会員登録で利用できる
  • ②50%オフクーポンがもらえるので最大半額で読める
  • ③月額メニューに加入するとポイントバックあり

③まんが王国

公式サイト 【無料】漫画王国確認はこちら
月額料金 無料
クーポンの有無 あり
無料体験 なし
ワールドトリガーを読むのに必要な金額 最大半額

まんが王国は2006年からサービスを開始している老舗の漫画サイトで、販売形式はコミックシーモアと同じ形となっております。

無料漫画の取り扱いの多さや全体的に取り扱う漫画のジャンルの幅広さが人気で、ユーザー数も他のサイトと比べてやや多いのが特徴的です。

月額メニューに加入する場合の料金プランは以下の通りです。

  • 月額まんが300円:330円(300pt)
  • 月額まんが500円:500円(500pt)
  • 月額まんが1,000円:1,100円(1,050pt)
  • 月額まんが2,000円:2,200円(2,300pt)
  • 月額まんが2,800円:3,080円(3,280pt)
  • 月額まんが3,000円:3,300円(3,480pt)
  • 月額まんが5,000円:5,000円(5,900pt)
  • 月額まんが10,000円:11,000円(12,000pt)

基本的にはこの料金で設定されていますが、これは携帯電話料金の合算払いでもらえるポイントとなっていて、クレジットカードで支払うと余分に100ポイントから1,000ポイントまでもらえます。

そのため、クレジットカード払いでの決済がおすすめです。

また、まんが王国でもコミックシーモア同様に無料体験というものはなく、お得になるキャンペーンといえば毎日適応される大幅なポイント還元のみ実施しています。

これは漫画購入額の最大半額がポイント還元されるもので、コミックシーモアでは一時的なものでしたが、まんが王国では常時実施されています。

月額料金でなくポイント購入で還元されるもので、2,200円分ポイント購入すると50ポイント還元され、最大33,000円分ポイント購入すると9,000ポイントが還元されるという仕組みです。

さらに、ポイントを6,000ポイント使用すると500ポイント還元され、最大30,000ポイント使うと6,000ポイントが還元されます。

この仕組みを活かせば最大50%分のポイントが返って来るので、これで『ワールドトリガー』実質一部無料で購入できます。

  • ①月額料金無料で会員登録できる
  • ②無料登録のみで最大3,000冊もの漫画が無料で楽しめる
  • ③最大50%分のポイント還元が用意されている

④Book Live

公式サイト Book Live
月額料金 無料
クーポンの有無 あり
無料体験 なし
怪物事変を読むのに必要な金額 最大半額

Book Liveも電子書籍購入型のブラウザサービスで、他のサービスと比べてサイトがシンプルで見やすくて使いやすい点やTポイントに対応している点などが高く評価されています。

個別で利用する方法もありますが、月額料金を支払って利用する方法もあり、その際の料金は以下の通りです。

  • 月額ポイント500円:500円(550pt)
  • 月額ポイント1,000円:1,000円(1,100pt)
  • 月額ポイント2,000円:2,000円(2,250pt)
  • 月額ポイント3,000円:3,000円(3,450pt)
  • 月額ポイント5,000円:5,000円(5,800pt)
  • 月額ポイント10,000円:10,000円(12,000pt)

今回表記しているポイントは2ヶ月目から付与されるポイントとなっています。

初月はこれよりも50ポイントから1,000ポイント程度低いポイントが付与されます。

さらに、ボーナスポイントも数百ポイント程度付与されるので、他のサービスと比べると還元率はやや高めに設定されています。

この時点で実質無料で『ワールドトリガー』が買いやすいのですが、初回登録を済ませると一時的ではありますが50%OFFのクーポンがもらえたり、ランク別に購入額に合わせてTポイントが付与されたりと、色んな角度でお得な要素が散りばめられています。

Tポイントはオレンジ会員で0.5%、シルバー会員で1%、ゴールド会員で2%、プラチナ会員で3%です。

少し複雑さはあるかもしれませんが、お得に漫画を購入したい方にかなりおすすめです。

また、漫画を取り扱うサイトはかなりごちゃごちゃしてわかりにくいと感じてしまう方も少なくないと思われますが、Book Liveはシンプルな設計になっていて、おすすめをたくさん表示させるというより検索機能で見つけ出してもらうことに重きを置いています。

あれこれおすすめされるものを探すよりも目的の漫画を読むために利用する方が案外多いので、そういう方にとっては便利なサイトになっています。

  • ①初回登録で50%オフクーポンがもらえる
  • ②Tポイントがたくさん貯まる
  • ③電子書籍サービスとして読みやすくて使いやすい

『ワールドトリガー』を無料で読むのに最もおすすめのサイトは?

今回紹介した漫画『ワールドトリガー』が読めるサイトで、全23巻分を読む場合にかかる費用を以下にまとめました。

U-NEXT コミックシーモア まんが王国 Book Live
総額費用 約6,058円 9,900円 約5,278円 9,000円

U-NEXTとまんが王国では、毎回漫画を買うことにポイントバックされるので、それを踏まえた実質費用を算出しました。

コミックシーモアとBook Liveでは、月額ポイントコースに加入して支払う場合を過程して実質費用を算出しました。

コミックシーモアとBook Liveでは5,000と3,000と1,000のコースに加入することで23巻分をポイントで購入できます。

それに対して、U-NEXTやまんが王国は毎回ポイントバックされるので、その分実質費用はかなり安くなってきます。

まんが王国の方が還元率がいいので費用だけ見るならまんが王国が最もおすすめです。

しかし、これとは別に月額料金を払ってでも映像作品もみたいということであれば、U-NEXTを選ぶのも良い選択でしょう。

ちなみに、U-NEXTではアニメ『ワールドトリガー』が見放題作品となっているので、会員登録すればいつでも何度でも視聴できます。

2.『ワールドトリガー』が無料で読めるアプリ

一方で、『ワールドトリガー』が無料で読める漫画アプリとしては、少年ジャンプ+とゼブラックが挙げられます。

他にも、LINEマンガやマンガBANG!、ピッコマでもポイントを使えば実質無料で『ワールドトリガー』が読めます。

これらのアプリの特徴や料金体系などを紹介していきます。

①少年ジャンプ+

公式サイト 少年ジャンプ+
月額料金 無料
クーポンの有無 なし
無料体験 なし
『ワールドトリガー』を読むのに必要な金額 30コイン(65話まで無料)

少年ジャンプ+は「週刊少年ジャンプ」などを扱う集英社が運営するジャンプ系作品のみに特化した漫画アプリです。

こちらのアプリでは人気の作品から読み切り作品、少年ジャンプ+のオリジナル作品まで全て無料あるいは有料で読むことができ、さらに「週刊少年ジャンプ」と「ジャンプGIGA」の2種類に限り月額980円で定期購読ができます。

有料のものだと、1話あたり30コインを支払うことで48時間は好きな時に何度でも読めます。

コインはアプリ内のジャンケンバトルに挑戦したり、新連載された作品の1話を読んだりしてもらえたり、1コイン1円で100コインから自由に購入してもらえたりします。

コインはまとめて購入すると余分にコインがもらえるので、購入する際はまとめてコインを買うのがおすすめです。

ちなみに、『ワールドトリガー』は65話までは無料で読めて、そこからは1話あたり30コインで読めます。

全部で205話まで出ているので、全話読もうと思ったら4,200コイン必要です。

コイン購入の値段は以下の通りです。

  • 120コイン:12o円
  • 370コイン:360円
  • 410コイン:400円
  • 530コイン:500円
  • 630コイン:600円
  • 1,010コイン:960円
  • 2,150コイン:2,000円
  • 3,250コイン:3,000円
  • 5,450コイン:5,000円
  • 10,800コイン:9,800円

どうしても漫画を無料で読もうと思ったら、ポイントを無料で手に入れてそれを使って実質無料で読む方法が主流となりますが、少年ジャンプ+はデフォルトで無料で一部話数が読める数少ないお得なサービスです。

普段からジャンプ作品を中心に漫画を読む機会が多いという方の利用を特におすすめします。

  • ①無料で読めるものが多い
  • ②コインが無料でも貯められる
  • ③「週刊少年ジャンプ」と「ジャンプGIGA」の定期購読ができる

②ゼブラック

公式サイト ゼブラック
月額料金 無料
クーポンの有無 なし
無料体験 なし
『ワールドトリガー』を読むのに必要な金額 30コイン(3話まで無料)

ゼブラックは少年ジャンプ+と同様に、集英社が運営している漫画アプリです。

少年ジャンプ+との大きな違いは、『ワールドトリガー』が無料で読める話数、『ワールドトリガー』がポイントで無料で読めるという点、「週刊少年ジャンプ」、「ジャンプSQ.」、「ウルトラジャンプ」が定期購読できるという点が挙げられます。

ゼブラックでは『ワールドトリガー』が3話までは無料で読めて、そこからは1話あたり30コインを支払うことで読めるようになります。

さらに、ゼブラックはコインのシステムもありますが、ポイントのシステムもあって、そのポイントを支払うことでも一部無料で漫画が読めます。

ゼブラック内の広告を見たり、所定のサービスを利用することでポイントが得られ、『ワールドトリガー』であれば4話から178話まではポイントを支払って読むことが可能です。

また、定期購読できるものの内容が少年ジャンプ+と違っていて、特に「ジャンプSQ.」を読みたいという方は案外多いので、定期購読という点ではゼブラックの方が向いているという方が多いかもしれません。

ただ、個別に漫画を読むことをメインとして考えるなら、『ワールドトリガー』だけに限らず、少年ジャンプ+の方が無料で読める話数が多いので、少年ジャンプ+の契約を検討した方がいいと言えます。

ちなみに、コイン相場はどちらも変わらないくらいで、どちらのサービスを利用したとしてもお得さは特に変わりません。

ゼブラックのコイン購入の価格の一覧は以下の通りです。

  • 120コイン:12o円
  • 250コイン:250円
  • 370コイン:370円
  • 490コイン:490円
  • 610コイン:610円
  • 980コイン:980円
  • 2,200コイン:2,200円
  • 4,400コイン:4,400円
  • 9,000コイン:9,000円

少年ジャンプ+とゼブラックは多くの部分は共通していますが、一部サービス内容を見比べてみると、一長一短の関係にあるので、それぞれの特徴を理解した上で自分に合うものを選択してください。

  • ①コイン以外にポイントでも無料で読める
  • ②「週刊少年ジャンプ」、「ジャンプSQ.」、「ウルトラジャンプ」の定期購読ができる
  • ③キャンペーンで有料作品が無料で読める時がある

③LINEマンガ

公式サイト LINEマンガ
月額料金 無料
クーポンの有無 なし
無料体験 なし
『ワールドトリガー』を読むのに必要な金額 459円

LINEマンガは人気通話アプリLINEで提供されているサービスで、LINEアカウントがあればそのまま利用を開始できる便利な漫画アプリです。

LINEと紐づけられているので、単行本の購入時にLINEポイントを使用出来たり、他のポイントをLINEポイントに引き換えて使用することで一部実質無料で購入できます。

他にも、LINEマンガ内のアンケートやゲームなどを通じてコインがもらえたり、LINEマンガ内あるいはLINE STOREでコインを購入することで、金額に合わせて余分にコインがもらえたりして余分にもらえる分、一部実質無料で購入できます。

LINEマンガのコインを購入する際にかかるコストは以下の通りです。

  • 360コイン:360円
  • 600コイン:600円
  • 1,000コイン:960円
  • 2,100コイン:2,000円
  • 3,200コイン:3,000円
  • 5,400コイン:5,000円
  • 10,600コイン:9,800円
  • 21,500コイン:19,800円
  • 32,500コイン:29,800円

これはLINE STOREで購入した場合の単価で、こちらの方がLINEマンガ内で購入するよりもお得なのでおすすめです。

LINEという独自のポイントを持っているプラットフォームで展開しているサービスだからこそ、使い方次第でお得に『ワールドトリガー』を購入できます。

  • ①LINEアカウントがあれば会員登録不要
  • ②LINEポイントが使える
  • ③アプリ内でコインがもらえる

④マンガBANG!

公式サイト マンガBANG!
月額料金 無料
クーポンの有無 なし
無料体験 なし
『ワールドトリガー』を読むのに必要な金額 459円

マンガBANG!はコミックアプリ専業のAmaziaという企業が運営している漫画アプリです。

無料で読める漫画とストアで購入する漫画がはっきりと分けられていて、かなり見やすくて使いやすい作りになっているのが特徴的です。

このアプリではコインだけでなく、フリーメダルとSPメダルというものがあって、コインでなくても他の2つのいずれかを使用しても購入できる作品が多いです。

フリーメダルやSPメダルはイベントで配布されたり、マンガBANG!のアプリ内で紹介されているサイトに登録したり、アプリをインストールすることで手に入れられます。

そのため、使い方次第では無料で漫画が読める幅が大きく広がります。

また、試し読みができるキャンペーンも定期的に実施されていて、その試し読みがその巻の一部ではなく全部読めることが珍しくないのもマンガBANG!の大きな特徴の1つです。

まだ『ワールドトリガー』は一部しか試し読みできませんが、いつか全部試し読みできるようになるかもしれません。

ちなみに、コインを購入する際にかかってくるコストは以下の通りです。

  • 360コイン:360円
  • 600コイン:600円
  • 1,200コイン:1,200円
  • 2,450コイン:2,400円
  • 3,700コイン:3,600円
  • 6,200コイン:6,000円
  • 12,200コイン:11,800円

他の漫画アプリや漫画を扱うサイトと比べると、支払った金額以上にもらえるポイントはやや少ない傾向にあります。

そのため、『ワールドトリガー』は定価分を支払うのとさほど変わらない値段になってしまう可能性もあります。

うまくフリーメダルやSPメダルを活用できるような方なら損することなく使えると思われます。

  • ①アプリがかなり見やすくて使いやすいデザイン・設計になっている
  • ②ポイントの種類が多い
  • ③試し読みで1巻丸々読めるものもある

⑤ピッコマ

公式サイト ピッコマ
月額料金 無料
クーポンの有無 なし
無料体験 なし
『ワールドトリガー』を読むのに必要な金額 459円

ピッコマはカカオトークなどで知られる韓国系の企業のカカオジャパンが運営している漫画アプリです。

韓国系の企業ということもあり、日本の漫画だけでなく韓国の漫画も充実していて、その分他の漫画アプリよりも取り扱っている作品数は圧倒的に多いです。

さらに、キャンペーンが充実していて、特定の作品が期間限定で指定された話数まで無料で読めます。

毎日5作品から10作品ほどがピックアップされて、そのキャンペーンが4日から10日程度の間実施されています。

自分の好きな作品がピックアップされればかなりお得に読み進めていくことが可能なので、キャンペーン内容は毎日チェックしておくことをおすすめします。

他にも、多くの作品で23時間待てば無料で次の話数が読める仕組みも導入されていて、『ワールドトリガー』ではまだ適用されていませんが、今後適応される可能性が十分にあるのでそうなればよりお得に読み進めていくことが可能です。

ちなみに、ピッコマのコインを購入する際の価格は以下の通りです。

  • 100コイン:100円
  • 450コイン:300円
  • 900コイン:600円
  • 1,500コイン:1,000円
  • 3,000コイン:2,000円
  • 4,500コイン:3,000円
  • 7,500コイン:5,000円
  • 15,000コイン:10,000円
  • 30,000コイン:20,000円

気付いた方もいるかもしれないピッコマのボーナスでもらえるコインの還元率はかなり高いです。

例えば、1,500コインを買ったとするとこれで『ワールドトリガー』が3冊買えますが、かかるコストは1,000円なので約1巻分が実質無料で買えます。

お得さを追求するならピッコマはかなりおすすめです。

  • ①取り扱い作品数が多い
  • ②無料で読めるキャンペーンを毎日実施している
  • ③コインの還元率が高い

『ワールドトリガー』を無料で読むのに最もおすすめのアプリは?

今回紹介した漫画『ワールドトリガー』が読めるアプリで、全23巻分を読む場合にかかる費用を以下にまとめました。

少年ジャンプ+ ゼブラック LINEマンガ マンガBANG! ピッコマ
総額費用 3,960円 5,600円 9,800円 10,560円 8,600円

それぞれのサービスで月額料金でもらえるポイントのみで『ワールドトリガー』全巻を買うことを想定した時、この料金になる組み合わせが一番お得に購入できます。

やはり集英社の後ろ盾もあってか、少年ジャンプ+やゼブラックは他の漫画アプリと比べてかなり安いです。

そもそも1話あたり30コインで購入するのと単行本として購入するのとでは、1話ごとに購入していった方が安く読めます。

アプリによって対応は異なりますが、その代わり単行本だと無期限で何度でも読めるので、この料金の差が生まれるのは妥当だと思われます。

どちらの系統のアプリを利用するかは、一度読めればいいかいつでも何度でも読めればいいかで判断するのが良いです。

前者であれば少年ジャンプ+、後者であればピッコマが『ワールドトリガー』の全巻を安く読めるのでおすすめです。

3.『ワールドトリガー』を紙で無料で読む方法

『ワールドトリガー』をお得に読もうと思うとどうしても電子書籍になってしまうのですが、中には電子書籍よりも紙の単行本で読みたいという方も少なからずいると思われます。

そういった方には以下の方法で『ワールドトリガー』を読むことをおすすめします。

  • コミックレンタルサービスで借りる
  • 中古ショップで買う
  • ネットカフェで読む

1つずつみていきます。

①コミックレンタルサービスで借りる

インターネット上にコミックレンタルサービスはありますが、電子書籍だけでなく実際の単行本を自宅に郵送してもらって、それを読んで返却するという形態のサービスもあります。

そういったサービスの中で、唯一コミックレンタルのキャンペーンを実施しているのが「TSUTAYA DISCAS」です。

常に実施しているわけではありませんが、定期的にこれまでコミックレンタルを利用していなかった方を対象に、最大9冊まで無料でレンタルできるキャンペーンを実施しています。

これがあればかなりお得ですが、そうでなくても14冊以内の同時レンタルで1冊あたり165円、24冊までなら132円、30冊までなら99円という安さでレンタルできます。

『ワールドトリガー』は全23巻なので、全巻同時に借りると3,036円に送料1.320円を足して、4,356円で全巻まとめて借りられます。

しかも、20泊21日が基本となっているので、その間なら何度でも読むことが可能です。

かなりお得に借りられるのですが、現物をレンタルする以上は大切に取り扱わなければならないのと期日までに返却しなければならない点に注意しなければなりません。

また、TSUTAYA DISCASの無料体験キャンペーンを使えばレンタルできるのではないかと思う方もいるかもしれませんが、あのキャンペーンで借りられるのはDVDやCDだけで、コミックのレンタルはできません。

コミックレンタルは別物として扱われていて、月額プランも用意されていないので、都度レンタルしていく形となります。

②中古ショップで買う

実際の単行本を安く買う方法として、中古ショップを利用する方法もあります。

中古ショップであれば安いものだと1冊あたり100円以内で買えることがあり、セット販売だと1冊あたりもっと安く買えることもあります。

もっと言えば、読むだけを目的とするなら買って読んだ漫画をそのまま売れば一部お金が返ってくるので、その分さらにお得になります。

問題は中古ショップを利用するとなるとどこの店舗を利用するかですが、BOOK OFFなどのようなポイント制度があるようなところを利用するのがおすすめです。

こういった店舗だとポイントを利用して漫画を購入できるだけでなく、漫画を購入したり、売却したりする際の金額に応じてポイントももらえるので、次にそのショップを利用する時にもお得に利用できます。

ただ、中古ショップなのでたまに新品同様のものが置いていることもありますが、基本的には状態の良くない本が置いていることがほとんどです。

それを理解した上で利用するようにしてください。

また、中古ショップで本を買う時は店舗に出向く必要があるのでやや面倒に感じるかもしれません。

③ネットカフェで読む

他にも、ネットカフェを利用して漫画を読む方法もあります。

ネットカフェは漫画読み放題、ドリンクバー飲み放題、シャワーの利用、枕やシーツの貸し出し、日用品の販売、飲食物の販売などのサービスを提供していて、部屋は防音設備が整っている鍵付き個室、通常の個室、テーブルのカフェ利用から選択できます。

店舗によってどのサービスが提供されていて、有料か無料かが変わってきますが、大抵の場合は漫画の読み放題や個室利用はどの店舗でも用意されています。

カフェ利用なら3時間で500円から1,000円程度、個室利用なら3時間で1,000円から2,000円程度で利用でき、漫画1冊あたり20分から30分で読めることを考えると、1度だけ読めればいいという方にとっては、その他に受けられるサービスも考えればかなりコスパがいい方法です。

外出しなければならないのは少し面倒かもしれませんが、自宅で読むと電話がかかってきたり、自宅に誰かがやってきたりしてペースを乱されることがあるので、それを考えるとネットカフェなら快適な空間で時間を忘れて漫画に没頭しやすくなります。

メリットの多いネットカフェですが、強いて言えば、ネットカフェだと1巻あたり1冊しか置いてないことがほとんどなので、読みたい漫画を目当てに店舗に向かう場合は、事前に電話で読みたい漫画を取り扱っているか、全巻誰も借りずに残っているかを確認した方がいいです。

チェーン店だとネット上で取り扱っている漫画を確認することもできるので、電話はしにくいという方はインターネット上で調べてみてください。

4.『ワールドトリガー』を無料で読むのに最もおすすめの方法は?

『ワールドトリガー』を無料で読むのに最もおすすめの方法は、少年ジャンプ+を利用する方法です。

この方法だと他のサービスと比べてかなりの話数が無料で読めるのでおすすめです。

ただ、『ワールドトリガー』だけ読めればいいという方ならこの方法でも問題ありませんが、他の作品も読みたいという方はジャンプ系の作品しか読めないのでそこを踏まえて考えていく必要があります。

もし他の漫画作品にも触れたいという方は、値段の安さを考えるとまんが王国やU-NEXTがおすすめです。

特に、『ワールドトリガー』の漫画に触れてみてアニメも見たくなったという方は、U-NEXTを利用すればそのまま見放題でアニメまで視聴することも可能なので、そこまで視野に入れるならU-NEXTを検討してみてください。

U-NEXTを利用する場合は、1人でそのまま使うとなると月額料金が高いので、一緒に契約する相手を見つけてから契約した方がいいです。

5.『ワールドトリガー』の作品内容について

『ワールドトリガー』という作品の名前はアニメ化もしたこともあって知っている方が多いと思われます。

しかし、『ワールドトリガー』がどういった内容の作品か知らないという方もいるでしょう。

そこで、『ワールドトリガー』の作品概要やあらすじ、みどころについて紹介していきます。

『ワールドトリガー』の作品概要

『ワールドトリガー』は葦原大介作の少年漫画で、週刊少年ジャンプで2013年11号から2018年52号まで連載され、その後ジャンプSQ.で2019年1月号に移籍して、現在も連載されています。

異世界からの侵略者であるネイバーと防衛組織のボーダーの戦いを描いたSFアクションで、葦原大介にとって2作目の連載作品として打ち出されました。

読み切り作品の『実力派エリート迅』がベースとなって作られた作品で、約3年間週刊少年ジャンプでされて、その間にテレビアニメ化が決まるほどの人気を獲得しました。

しかし、2016年から2018年まで体調不良により休載が続いてしまい、連載を再開してすぐにジャンプSQ.に移行して連載されています。

そのため、これまでのストーリーを楽しみたい方は少年ジャンプ+で問題ありませんが、今後連載されるストーリーを楽しむのであればゼブラックを利用すると定期購読できるので、その方法を選択してもよいでしょう。

また、これまでアニメが2ndシーズンまで放送されていて、2021年10月10日からは3rdシーズンが放送開始されています。

『ワールドトリガー』のあらすじ

ある日、28万人が住むとされている「三門市」に異世界とこの世界を繋ぐ「門(ゲート)」が開いた。

そこからは「近界民(ネイバー)」と呼ばれる怪物が出現し、その怪物たちの襲撃に多くの市民が恐怖していたが、界境防衛機関「ボーダー」を名乗る謎の集団が近界民を撃退した。

それからも門が閉じる様子は見られなかったため、近界民が出現することは変わらなかったが、防衛体制が整えられたことである程度普通の生活が送れるようになった。

それから4年半後、周りに隠しながらボーダーC級隊員をしていた三雲修のクラスに、空閑遊真がやってくる。

彼は亡くなった父親の友人を探すために門の向こうからやってきた近界民であることが明らかになり、修は遊真がこの世界に逸脱するような行動をしないように行動を共にすることとする。

そんな中で、ボーダーS級隊員の迅悠一や近界民に狙われやすい体質の修の幼馴染の雨取千佳と交流する中で、これまでとは違った日々が進み始めるようになっていく。

『ワールドトリガー』のみどころ

『ワールドトリガー』のみどころとしては以下の3つが挙げられます。

  • 集団戦闘による戦略のぶつかり合い
  • 主人公が最弱
  • いい意味で裏切るキャラクターたち

『ワールドトリガー』は個人対個人というより集団対集団の戦いがほとんどです。

そのため、個の能力などではなくどのような戦略を今いるメンバーで構築して成功させるかというのが鍵になってきます。

同時に個の能力だけ特出していてもチームとしてもバランスが崩れてしまうので、その点についても注目していきたいところです。

また、この作品は主人公は最弱キャラとなっています。

かつてのジャンプ作品でも珍しいくらい最弱です。

しかし、チーム戦だからこそ弱くても考え次第で勝てるというのがこの作品の見所の1つとなっているので、どう成長していくのか楽しみですね。

他にも、『ワールドトリガー』では色んなキャラクターが登場して、段々と誰が誰かわからなくなるようなこともありますが、モブキャラや影の薄いキャラクターが実は物凄い人物だったということがよくあります。

その物語の鍵となる人物が唐突に明らかになることもあるので、いい意味で期待を裏切られてこの作品がより面白く感じること間違いなしです。

この作品は「再読性」を意識して作られている作品なので、一度読み始めてキャラクターたちの行動や発言の意図が明らかになった時、読み返してその答えに基づいた行動を確認すると、癖になってしまうような納得感が感じられる考察好きにはたまらない作品となっています。

『ワールドトリガー』はそういった方にかなりおすすめです。

6.『ワールドトリガー』の評判・口コミ

『ワールドトリガー』を読み始める前に、まずは『ワールドトリガー』を実際に読んだ方が抱いている感想や意見を知ることが大事です。

そこで、『ワールドトリガー』の良い評判や悪い評判、私の主観的な感想について述べていきます。

『ワールドトリガー』の良い評判

『ワールドトリガー』の良い評判としては以下のものが見られました。

  • 設定が緻密に作られていて、それが物語に活かされている
    フィクションとして、王道とリアリティのバランスの良さが完璧と言えるくらいに素晴らしい
  • 物語がよく練られていて、細かい描写に伏線やキャラクターの関係性が見られるので、再読性があって考察するのが楽しい
    どのキャラも個性が強くて、女性キャラがかなり可愛い
    トリガーや技名のセンスが少年心をくすぐられるかのようにカッコいい
  • サブキャラにもしっかりしたバックボーンがあり、どのキャラクターも魅力的。
    バトルシーンでは各チームの戦法・戦術がぶつかり合っていて、そのたびに試行錯誤していく様子が見ていて面白い
    ネイバーやトリガーなど独自の設定、世界観が他にはない面白さを醸し出している

『ワールドトリガー』の世界観やキャラクターの設定、ストーリー全体が高く評価されています。

高い評価をしている方の多くは非の打ち所がないと答える方もある程度いました。

それくらいに、SFアクション作品でありながらも「再読性」、「リアリティ」を意識して独自の設定で作られていて、それと同時にバトルシーンも戦略性の高さに面白みを感じている方が多かったです。

『ワールドトリガー』の悪い評判

一方で、『ワールドトリガー』の悪い評判としては以下のものが見られました。

  • 序盤が退屈に感じてしまう
    キャラクターが状況をすんなり受け入れていて、物分かりが良く理性的すぎて、物語であることを強く感じてあまり入り込めなかった
  • 色んなことを丁寧にやろうとしているために展開が遅い
    特にランク戦編は新キャラの紹介をして、ランク戦を行い、次にどうつなげていくかという流れの繰り返しで単調さは否定できない
  • キャラの顔が似ていることがあり、違いがわからなくなってしまうことがしばしばある

『ワールドトリガー』の序盤は物語の設定周りをスムーズに理解して本題に入りたいというのが感じられてテンポ感が早く、逆に本編に入るとパート次第ではテンポ感の遅いパートが見られたりするといった意見が見られました。

全体的な設定やストーリー自体は高く評価されていても、そのスピード感のバラツキがやや気になるようです。

また、キャラクターがあまりに多いのは途中で作品を読み進めるのを辞めてしまう要因の1つとなり得るのですが、そのキャラの中でも似たような顔をしているキャラクターがいると違いがわからなくなってしまうという方も少なからずいました。

それでもついていけるかどうかで読みやすさは変わってくると思われます。

筆者の感想

私自身も読んでいて、確かに最初は世界観や設定などの解説が物語に溶け込ませるというより直接的に解説している節がある感じはありましたが、それ以外は特別悪いと感じるような部分はありませんでした。

ある程度のリアリティを織り交ぜながら描かれるストーリー展開は飽きずに読めるものになっていて、とにかくこの先どうなっていくのか展開が気になるドキドキ感がありました。

時間さえ許すのなら最初から最後まで続けて読んでいきたいくらいです。

私自身が考察が好きというのと、主人公が弱いというのが好きなので型にはまった感じがありましたが、中にはそうでない方もいると思われます。

できればどちらも満たしている方におすすめしたいのですが、どちらか片方が好きであれば十分に面白く見られる作品だと感じたので、気になった方は一度触れてみて欲しいです。

7.『ワールドトリガー』を海外サイトで読んでもいい?

漫画を完全無料で読む方法がないわけではありません。

『ワールドトリガー』だけに限らず、あらゆる漫画は海外サイトを利用すれば無料で全話読めます。

しかし、この方法はおすすめできません。

なぜなら、これらのサイトは無断で漫画を掲載しているものなので、当然著作権違反に抵触していて、サイトの運営者が罰せられるのはもちろん、サービス利用者の証拠が見つかれば処罰される可能性が十分にあるからです。

起こりやすいケースが利用しているデバイスでウイルスが検知されたり、不正なカード利用情報が発覚して、その原因を調査した際に判明してしまうというケースです。

こういった海外のサイトではアクセスするとウイルスに感染してしまい、個人情報が拡散されてしまうことがあります。

個人情報だけにとどまらず、そのデバイスやアカウントでクレジットカードの情報を紐づけしているとその情報も漏れてしまうので、不正利用されてしまうリスクがかなり高いです。

こうなると早急に問題を解決しないといけないので、その原因が露見してしまいやすいです。

単に被害を被るだけでなく、加害者として扱われてしまう可能性もあるので、この方法は利用しないでください。

無料で漫画を非合法的に読むということは、それだけその業界のサービスを提供する会社や出版社が得られるはずだった利益が得られないこととなります。

それは決して許されることではないのですが、2017年頃にかけて無料で漫画が読めるサイトが一部で流行し始めたため、2018年に政府は海外サイトのアクセスに対する処置を行って、インターネット接続業者に要請していくつかの悪質性の高いサイトにアクセスできないようにブロッキングを行いました。

その中の1つで有名になったのが「漫画村」というサイトです。

SNSを通じて若者を中心に人気になったこのサイトの運営側は、サイト閉鎖後の2018年に掲載していた漫画の原作者複数名に訴訟されてしまい、そこの運営者の男性やアルバイト、派遣社員に至るまで次々と逮捕される形となっています。

年々と著作権に対する考え方は厳しくなってきているので、今は大丈夫でも必ずいつかは海外サイトはブロッキングが行われるはずです。

後になって後悔しないように、少しだけいつもより頑張れば稼げる金額だと割り切って、ある程度はお金を出して漫画を読むことが当たり前なのだと考えて漫画を読むようにしてください。

まとめ

『ワールドトリガー』は、少年ジャンプ系列のSFアクション漫画ですが、これまでのジャンプでは珍しい最弱系主人公や丁寧な世界観・設定の解説が印象的な作品で、特にジャンプ作品の中でも1、2を争うくらいに、リアリティも感じられるしっかりとしたストーリー展開が人気を集めています。

さらに、再読性を意識して物語が作られているので考察大好きな方にとっては欠かすことのできない作品だと言えます。

今シーズンからはアニメの3rdシーズンも放送が開始されるということもあり、今から『ワールドトリガー』を見てみたいという方も少なからずいるはずです。

『ワールドトリガー』は全て無料で合法的に読む方法はありませんが、U-NEXTやまんが王国といったサイト、少年ジャンプ+やゼブラックといった漫画アプリなどで、一部無料で読むことが可能です。

お得さで言えば少年ジャンプ+ですが、他のサービスにそれぞれの特徴があり、その人の考え方や趣味嗜好によって合うものと合わないものがあるはずです。

他にも読みたい漫画があったり、アニメの『ワールドトリガー』も見たいという方もいたりするので、その辺りをよく考えた上で自分に合うサービスを利用してみてください。

実質無料で漫画を読むとなると、月額利用でもらえるポイントや課金でもらえるポイント、漫画購入によってもらえるポイントをどのように使っていくかが重要になってきます。

そういったものも活用しつつ、『ワールドトリガー』の世界観を楽しんでみてください。

一番安いポケットwifi

ポケットwifiの最新端末が無料でもらえる。即日GET!
速度制限一切なし月額1380円!無料送料無料
電波が入らないければ8日以内であれば無料キャンセルok
テレワークの影響で在庫僅少です!お早めにどうぞ。カシモwimaxはこちら
カシモ


一番安い口座振り込み可能。クレカなしでも大丈夫wimax

他社からの乗り換え19000円を負担してくれる乗り換え割あり
速度制限なし口座振り込みありで一番安い無料送料無料
8日以内であれば無料でキャンセル出来ます
テレワークの影響で在庫残りわずか!Broadwimaxはこちら