Weblioの口コミについて徹底解説

教育


目次

Weblioの口コミについて徹底解説

今回はネット辞書としても有名なWeblioが運営するWeblio英会話について紹介します。

Weblio英会話はオンラインのマンツーマン英語レッスンで、ネットでも評判です。

料金プランに関する口コミ

■A・F さん(34歳) 男性 会社員■

まずWeblio英会話はお試し価格が月あたり2,780円とかなり受講しやすい価格でした。

英会話スクールを利用する時に通学型のスクールは毎月数万円の受講料がかかるのでかなり高めに感じました。

しかも多くのスクールが月3回~4回で数万円の費用です。

それに対してWeblio英会話はオンライン英会話スクールということもあり、価格がお試しで2,780円、毎日レッスンコースは一カ月間毎日レッスンを受けても5,478円です。

この価格はかんりコスパがよく感じられたのですが、安いとサービスの品質がイマイチという懸念もありました。

それに対しては、講師もネイティブで24時間いつでも好きな時間で受講でき、とてもクオリティが高いサービス内容でした。

Weblio英会話は、価格は安く抑えたいけれども、品質の高いサービスを探している人にオススメです。

■K・K さん(20歳) 女性 大学生■

留学があるのですが、日常英会話ができるか不安だったのでWeblio英会話を利用しました。

価格が安いので学生でも受講しやすいのが嬉しかったです。

オンライン英会話スクールは安いと聞いたのですが、他の会社を調べると年間10万円以上の費用になるところが多く高く感じてしまいました。

学生なのでお金もなかったのですが、Weblio英会話であれば最安値で受講できたので学生でも少しアルバイトをすれば本格的なレッスンを受けることができます。

Weblio英会話は大手辞書メディアのWeblioが運営しているということで、大手という安心感がありました。

他にも安いサービスはあったのですが、品質の面が不安だったので、Weblioのような大手がこのようなサービスを展開してくれるのは本当にありがたかったです。

レッスンに関する口コミ

■G・Dさん(28歳) 男性 会社員■

商社で働いています。

半年後に海外で勤務することを命じられたので、英語できるようにしようと思い英会話スクールを探しました。

最初は通学型のスクールに通うつもりで準備を進めていたのですが、私の仕事はかなり激務のため、仕事が夜中に終わりレッスンにいけない可能性が高かったのです。

もちろん振替もあるらしいのですが、また、予約を取り直すのも面倒です。

Weblio英会話スクールであれば24時間レッスンを受講できるということで、職場の先輩に紹介してもらいました。

音声とレッスンルーム

実は2016年ごろの古い口コミを見ると、フィリピンのネット環境がイマイチであったため、音声など聞こえにくいという悪い口コミも多く見られました。

しかし、現在では改善されてWeblioが独自の音声チャットシステムを構築したことで、音声の品質が高くなりました。

ビデオチャットはSkypeを使ったことがある人であれば、慣れ親しんだフォーマットになっており、使いやすいと評判です。

しかし、今でもたまに音声に関するトラブルはあるようなのですが、オンライン英会話スクールという形態上は、100%ネット環境を整えるというには難しいと言えるでしょう。

もちろん、自身が契約しているネット環境がイマイチの場合は、その影響もあるので一概にWeblioのシステムのせいにもできません。

講師には自宅でレッスンをしてくれている在宅講師とコールセンターに在籍している講師の2種類がいます。

コールデンター在籍の講師であれば、設備が整っているので音質が良いようです。

教材は無料、レベル別で用意されている

Level perlevel free trial lessn News
8 Expert Expert News
7
6 Intermediate
5 Intermediate
4
3 Reginner
2 Biginner
1 Entry

Weblioの教材は初心者向けから上級者むけまで段階的に用意されています。

入門レベルの教材であれば、IamやHe isなど中学1年生程度で勉強する英語を思い出したい人にオススメの内容となっています。

また、初心者向け、初級者向けの教材であれば日本語の解説もついているので、英語に自信がない人でも安心して勉強をすることができます。

そして、中級者向けの教材になると、日本語の解説がなくなりすべて英語となります。

上級者向けの教材となれば、各テーマについて写真を見て英語で表現したり、英語で自分の意見を伝える練習をします。

少しレベルは高めですが、非常に学習効果が高いと口コミでも評判なようです。

■I・Gさん(22歳) 男性 商社勤務■

Weblio英会話レッスンは初級者、中級者、上級者の三段階です。

僕は大学時代に留学をしたり、英語力にはそれなりに自信があったので上級者コースを選びました。

定期的に英語で話す時間を作っておくことで、再び必要になった時にすぐに使えるようにできます。

会社に入っていずれは海外勤務があるとのことなので、日本勤務の間はブランクを開けたくないと思い、受講を決めました。

自分のレベルに合わせてレッスンを受けることができるので、どのようなレベルの人にもオススメです。

ニュース記事でレッスンを受ける

Weblio英会話にはニュース記事を読んで講師を会話するレッスンがあります。

ニュース記事と聞くと少し難しいと感じるかもしれません。

しかし、ご安心ください。

初級者、中級者、上級者とレベルごとに内容も異なるため、初心者向けであれば基礎からしっかり学習をすることができます。

■S・Dさん(24歳) 男性 IT企業■

職場では英語が必須。あまり得意ではないので、レッスンを受けることにしました。

より実践的に学びたいと思い、フィリピン人のネイティブ講師を話せるWeblio英会話に決めましたが、想像よりサービスの質が高かったです。

特にニュース記事についてディスカッションするレッスンはとても面白い。

環境問題や時事ネタなど色々な話があるので、その都度色々な英語を学ぶことができます。

しかし、自分から主体的に知識を吸収する気持ちがなければ、学習効果を感じられない人もいるかも。

積極的に英語を勉強したい人にとっては、とてもいい英会話レッスンです。

講師に対する口コミ

Weblioの英語講師の国籍主にフィリピン人のネイティブスピーカーや有名大学出身の講師陣です。

フィリピン人と聞くと、タガログ語をイメージする人もいるかもしれませんが、フィリピン人は英語圏であり、学校の授業などもすべて英語で行われています。

そのため、通常のアメリカ人と変わらない英語ネイティブなので、講師のクオリティについては心配いらないでしょう。

また、講師の中には先生の免許をもっている人もいたり、有名大学を卒業した人も在籍しているので、レベルの高いレッスンを受けることも十分可能でしょう。

■T・Aさん(37歳) 男性 貿易関係勤務■

講師のレベルは高い。

ただ、たまに遅れてくる人がいる。

そういう人は選ばない方が良い。

あと自宅が講師の人は気を付けた方が良い。

ネットの通信環境が悪いと音声が途切れたり、画質が粗い時がある。

おすすめは自宅講師じゃなくて、コールセンターにいる講師。

この人たちは、ネット環境がしっかり整っているので通信障害心配が少ない。

初めての人は特にネット環境が整っているコールセンターの講師がオススメ。

もちろん、自分のネット環境がしょぼいとそれも影響するから、相手のせいにばかりはできない。

全体としてはクオリティも高いし、コスパも良い。

徹底解説!Weblio英会話の基本情報は?

Weblio英会話はオンラインのマンツーマン英語レッスンで、ネットでも評判です。

お試しプランであれば毎月2,728円から利用することができ、フィリピン人のネイティブ講師から英語のレッスンを24時間いつでも受けることができます。

また、指導の内容も幅広く英語を始めたばかりの入門、初心者のコース、すでに英語の学習経験がある上級者向けレッスン、仕事で英語スキルを求められるビジネスパーソン向けのビジネス英語、日常英会話など様々なレベルの人に向けたコースが解説されています。

評価内容 講師の質   :評価83点
教材     :評価72点
ネット回線  :評価75点
予約のしやすさ:評価68点
料金     :評価78点
月額 1,480円/月4回
1,980円/月8回
3,400円/毎日1レッスン
6,300円/毎日2レッスン
8,300円/毎日3レッスン
9,800円/毎日4レッスン
1レッスンあたり 370円/月4回
247円/月8回
113円/毎日1レッスン
105円/毎日2レッスン
92円/毎日3レッスン
81円/毎日4レッスン
無料体験レッスン 1回
入会費 0円
教材費 0円
レッスン時間 24時間
レッスン形式 マンツーマン
レッスン内容 フリートーク、発音、文法、観光、TOEIC、キッズなど
直前予約 レッスン開始の5分前まで可能
キャンセル レッスン開始の1時間前まで無料
使用ソフト 独自ビデオチャットシステム
講師の数 約250人
講師の国籍 ネイティブ講師(フィリピン)
講師の勤務地 不記載
日本語可能講師 なし
キャンペーン情報 公式リンク

そもそもWeblio ってどんなサービス?

Weblio英会話は2005年に創業、インターネットの英語辞書サービスとして多くの人に認知されています。

辞書メディアを運営しながら、高いレベルの英語レッスンを提供しています。

また、価格も非常にリーズナブルでお試しプランであれば毎月2,728円から利用で、マンツーマンレッスンをお手頃な価格で実現しています。

レッスン内容としては、フリートーク、発音、文法、観光、TOEIC、キッズなどに対応しているので、TOEICを伸ばしていきたい、発音や文法を学びたい、短期留学のためにスキルアップしたいなど細やかなニーズに対応してくれます。

Weblio英会話の強みは?料金は安いと評判?

Weblio英会話の強みはコストパフォーマンスの良さです。

価格も非常にリーズナブルでお試しプランであれば毎月2,728円から利用でき、毎日レッスンプランでも5,478円で毎日レッスンを受けることができます。

プラン 1ヶ月の料金 レッスン
お試しプラン 2,728円 毎月4レッスン
お手軽プラン 3,278円 毎月8レッスン
毎日レッスンプラン 5,478円 毎日レッスン可能
基本レッスンプラン 8,778円 毎日2レッスン可能
集中勉強プラン 10,978円 毎日3レッスン可能
英語漬けプラン 13,178円 毎日4レッスン可能

24時間好きな時間にレッスンを受けられるので安心!

Weblioは24時間オンラインレッスンを受けることができます。

この24時間英語レッスンを受けられるという点はビジネスパーソンから支持を得ています。

その理由としては、近年日本社会でもグローバル化が進み、有名企業では英語必須という会社も珍しくありません。例えば、楽天㈱、日本IBM、ソニー㈱、㈱イーオン、㈱ユニクロなど大手企業に就職したい場合は、英語能力は必須になります。

また、就職した後も英語スキルを磨き続けなければなりませんが、仕事が終わる時間がいつになるかわからないビジネスパーソンの場合、決まった時間に教室で受講するような英会話レッスンを受けることは難しいのが実状です。

しかし、weblio英会話のような24時間オンラインレッスンであれば、自分の都合に合わせていつでも英会話レッスンを受けることができます。

月額2,728円〜とコスパが良い

プラン 1ヶ月の料金 レッスン
お試しプラン 2,728円 毎月4レッスン
お手軽プラン 3,278円 毎月8レッスン
毎日レッスンプラン 5,478円 毎日レッスン可能
基本レッスンプラン 8,778円 毎日2レッスン可能
集中勉強プラン 10,978円 毎日3レッスン可能
英語漬けプラン 13,178円 毎日4レッスン可能

Weblio英会話レッスンは価格が非常に安いです。

普通は月に数万円という英会話レッスンが多い中で、毎日英会話受け放題でも月に5,478円、お試しプランであれば1カ月4レッスンでも2,728円で受講することができます。

また、お手軽プラン(毎月8レッスン)、毎日レッスンプラン、(毎日レッスン可能)、基本レッスンプラン(毎日2レッスン可能)、集中勉強プラン(毎日3レッスン可能)、英語漬けプラン(毎日4レッスン可能)と、自分のスケジュールやライフスタイルに合わせてレッスン回数を選ぶことができるシステムが好評です。

さらに半年まとめて支払いをするとレッスン代金がお得になる制度もあるので、長期で英会話レッスンを受けたいという人であれば、まとめて支払いをするのもありでしょう。

■O・Sさん(28歳) 男性 旅行会社勤務■

旅行会社に就職してから数年が経ち、今ではバスツアーを多く受け持つようになりました。

バスツアーには、必ずと言っていいほど外国人の方も参加されるので、お客様に楽しいツアーをお届けできるようにするためにも英会話を学ぶことにしました。

私の住んでいる地域に英会話教室はなかったので、オンラインの英会話教室で名の知れているWeblio英会話に申し込みました。

最初は不安も大きかったですが、マンツーマン形式のレッスンなのでわからないところがあればすぐに解決することができ、Weblio英会話を選んでよかったととても満足しています。

Weblio英会話を選んでよかったと思う理由は、そのコストパフォーマンスの良さも影響しています。

講師の方の質もよく、授業も通信環境が整っていればストレスなく行うことができ、マンツーマン形式で内容も充実しています。

これだけの魅力がつまっていながら、値段がリーズナブルなので本当に選んでよかったと思っています。私から強くお勧めします。

■H・Kさん(55歳) 女性 旅館経営者■

近年、観光のために多くの外国人旅行者の方が旅館を訪れてくださるようになりました。

しかし、英語で接客・対応できる旅館の従業員が少なく、若い者に任せてばかりではいられないと思い、Weblio英会話を始めました。

私は日常的な会話ができるようにと、中級者コースを選択しました。

授業のペースも、マンツーマン形式ならではといったもので、無理なく進められるので大変良かったです。

講師の方も、様々な国籍の方がいて、自分に合った講師の方を見つけて楽しく授業を受けられています。

さらにうれしい点としては、オンライン授業の値段設定が優しいというところです。

手を出しやすい金額で、金額以上のサービスを享受しているように感じます。

少しずつではありますが、外国人のお客様と会話をすることができるようになっており、成長を実感しております。

学ぶのは何歳からでも遅くないのだと強く思いました。

今からでは遅いかもなんてあきらめていた方がいたら、ぜひ挑戦していただきたいと思っております。

回数プランと毎日プランの自分に合ったプランを選択することができる

Weblio英会話レッスンには回数プラント毎日プランがあります。

回数プラン
お試しプラン 2,728円 毎月4レッスン
お手軽プラン 3,278円 毎月8レッスン

回数プランがオススメな人は忙しくて時間はないけれども、少しずつ確実に英語を身につけいという人です。

英語はできれば毎日学習した方がいいのですが、人によっては仕事が忙しかったり、まずは試しで受講してみたいという人もいると思います。

そのような人であれば毎月4回レッスンの「お試しプラン」、もっと勉強したい人であれば「お手軽プラン」で毎月8回のレッスンを受けるのがオススメです。

毎日プランなら複数回のレッスンができる

(1レッスンの時間は25分)
プラン 価格 レッスン回数 1レッスンあたりの価格
毎日レッスンプラン 5,478円 毎日レッスン可能 180円
基本レッスンプラン 8,778円 毎日2レッスン可能 150円
集中勉強プラン 10,978円 毎日3レッスン可能 120円
英語漬けプラン 13,178円 毎日4レッスン可能 109円

英語はできれば毎日レッスンした方が早く上達します。

毎日プランでは一日の間に複数回、毎日レッスンを受けることができます。

1回の受講時間は25分で、短いように感じますが実際はかなり濃密なようです。

英語のレベルが高い、ネイティブのフィリピン人からレッスンを受けることができれば、短期で英語の実力を養うことも可能でしょう。

1カ月を30日として、計算すると1レッスンあたりの価格は破格の109円~180円です。

これだけ安いとクオリティ面で不安を感じる人もいるかもしれませんが、多くの利用者がクオリティの高さに驚いており、ネットの口コミでは、トップクラスの安さに関わらず、DMM英会話と遜色ないクオリティで驚いたという声もあるようです。

■M・Yさん(20歳) 女性 学生■

私は留学を盛んに行っている大学に所属していて、来年大学三年生になったらフィリピンへ短期留学することになっています。

普段は、学校で英語の授業があり、そこで文法事項を確認したり、同級生と簡単な英会話をしたりしています。

しかし、フィリピンに留学するにあたって、もっと自然な発音ができるようになりたい、もっとスムーズに英会話ができるようになりたい、と思い立ち、講義の合間を縫ってWeblio英会話の授業を受けることにしました。

Weblio英会話のコースは、入門・初級者・中級者・上級者コースと四段階に分かれていて、自分の英語のレベルに合わせてコースを選択することができます。

私は、フィリピンに留学しに行っても滞りなく日常生活を送ることができる程度にまで英語力を鍛えたかったので、中級者コースを選択しました。

Weblio英会話からの無料テキストは、中級者コースからは日本語訳がついていないので、自分の頭で考えながら授業に臨むようにしました。

来年の留学までに、日常会話をすんなりとできる程度にまで力をつけていきたいと思います。

■S・Kさん(48歳) 男性 会社員■

会社の同僚がWeblio英会話を始めたと聞いて、英語は全くダメな私も、強く同僚から進められて申し込むことにした。

Weblio英会話には、入門・初級者・中級者・上級者向けにコースが設定されているらしい。

私は就職してから、英語とほぼ無縁の日々であったので初級者コースに申し込んだ。

初級者コースでは、日常生活レベルの会話に用いられる家族や友人、食べ物・スポーツ・音楽・レジャーなどの英語表現を学ぶ。

無料のテキストには、日本語訳もついていて、テキストひとつで授業を受けられる身軽さが良く感じた。

内容も、値段の割に非常に充実していて苦手だった英語も楽しめるようになってきた。

私のように、英語に苦手意識を持っている人にもおススメしておく。

ビデオチャットシステムなのでSkypeよりもオススメ

Weblioのような、オンライン英会話は確かに価格が安いのですが、インターネット環境や電波が悪いと上手く声を聞き取ることができず、レッスンをちゃんと受講できるか不安になるという声もあります。

しかし、Weblioはしっかりと独自の通話システムを導入しており、一つのアプリケーションでビデオ通話、チャット、教材などすべて表示することが可能です。

Skypeも悪くはないのですが、動作が重たいという声も多くWeblioのような独自の受講システムがあるオンライン英会話スクールで勉強をした方がスムーズに学習を進めることができるでしょう。

24時間レッスンを受けることができる

Weblioのようなオンライン英会話スクールのメリットは24時間いつでも英語レッスンの受講が可能です。

時差があるので、日本が夜でもオンラインの先生にアクセスすれば、その時間にレッスンを受講可能です。

時間が不規則になりがちなビジネスパーソンでも安心して学習を進めることができます。

英会話レッスンは受講を始めたのが良いものの、仕事の事情でキャンセルを続けているとやる気が失われて、結局あまり通わず退会してしまうという人も少なくありません。

その点では、24時間のオンライン英会話スクールという形態を選ぶことで、英語学習を続けやすい環境を手にいれることができるでしょう。

300人のオンライン講師

Weblioの英語講師の国籍主にフィリピン人のネイティブスピーカーや有名大学出身の講師陣です。

フィリピン人と聞くと、タガログ語をイメージする人もいるかもしれませんが、フィリピン人は英語圏であり、学校の授業などもすべて英語で行われています。

そのため、通常のアメリカ人と変わらない英語ネイティブなので、講師のクオリティについては心配いらないでしょう。

また、講師の中には先生の免許をもっている人もいたり、有名大学を卒業した人も在籍しているので、レベルの高いレッスンを受けることも十分可能でしょう。

沢山の先生の中からお気に入りの先生を選んで予約レッスンを受けることもできますし、予約なしで毎回様々な先生のレッスンを受けることもできます。

中にはこの決まった先生でなければという人もいるので、その場合は前もって予約をする必要があるでしょう。

また、Weblioにはニュース記事のレッスンがあります。

これはニュース記事を読んでその内容について話をするというレッスンです。

ニュース記事と聞くと少し難しいような印象を受けますが、初級者、中級者、上級者とレベルごとに内容も異なるため、初心者向けであれば基礎からしっかり学習をすることができます。

■A・Kさん(24歳)女性 自動車会社勤務■

私は、現在勤めている会社で受付業務を担当しています。近年、外国人のお客様も来店されることが多くなり、きちんとした応対ができるようにとWeblio英会話に申し込みました。

高校を卒業して以来、英語にはほとんど触れていなかったので非常に不安でした。

しかし、Weblio英会話は実力に合わせてコース選択ができ、また、講師の方とマンツーマンだったので、不安をその都度解消しながら楽しく授業を進めることができました。

Weblio英会話の講師は、みんな発音がネイティブで、加えて会話も上手だったので、自宅にいながら本物の英語を学ぶことができて本当にすごいと思いました。

高校レベルの英語で止まっていた私でも、特に不安なく、実用的な英語を学ぶことができています。

生きた英語をマンツーマンで習得できるので、英語にチャレンジしたいと考えている方がいたら、迷わずWeblio英会話に申し込むべきだと思います。

■S・Hさん(43歳) 女性 専業主婦■

私は中学生の頃から英語が好きで、結婚して子供もある程度成長し、落ち着いてきた今、改めて英語を学びたいと思い、Weblio英会話で授業を受けることにしました。

久しく英語に触れていませんでしたが、私のペースに合わせて講師の方が授業を進めてくれたので、本当に楽しく英語を学ぶことができています。

他のオンライン英会話教室に申し込んだ友人は「講師の人が一方的に英語で進めていくから大変だ」と言っていました。

Weblio英会話の授業ではそんなことは一切ないので、友人にもWeblio英会話を進め、今では彼女もWeblio英会話で英語を学んでいます。

講師の発音も応対も素晴らしく、大変気に入っています。

今後もWeblio英会話を続け、いつか友人と海外旅行に出かけたいと考えております。

■K・Kさん(38歳) 男性 家電量販店勤務■

僕が三十路を迎えた頃から、だんだんと外国人のお客様が来店されるようになりました。

来店される外国人のお客様のおよそ半数は、日本語で会話ができるのですが、残りの半数は、日本語での会話が難しく、商品の説明をしっかりできないままにお帰りになってしまう方も多くいらっしゃいました。

そんなことが増え始めてきたことから、外国人のお客様にもしっかりと対応できるように英会話教室に申し込もうと思いました。

選んだ英会話教室は、同僚からのおススメでWeblio英会話にしました。

大学を卒業してから触れることのなかった英語の授業ということで、不安も大きくありましたが、一度授業を受けたらとても安心しました。

というのも、僕に合わせてマイペースに授業を進めてくれるマンツーマンのレッスンであり、講師の方も海外に長く滞在し、本場のネイティブな発音を届けてくれるからです。

現在はまだぎこちなさは残りますが、ある程度の会話を英語でできるようになりました。

僕はこれからもWeblio英会話を続けていくつもりです。

ネイティブスピーカーによるマンツーマン形式のレッスンを受けられるので、本当に英語が上達していると実感できます。

生徒からは便利と評判が良い!テキストチャットでスペルを確認

Weblioの電話システムはskypeのようにビデオチャットシステムがあります。

わからない単語のスペルは、weblioの辞書で調べたり、テキストチャットで講師から教えてもらうことができます。

Weblioの料金プランが豊富で選びやすい

Weblioの料金プランは様々な人に合うようにプラン設計されています。

Weblio英会話レッスンには回数プラント毎日プランがあります。

回数プラン
お試しプラン 2,728円 毎月4レッスン
お手軽プラン 3,278円 毎月8レッスン

回数プランがオススメな人は忙しくて時間はないけれども、少しずつ確実に英語を身につけいという人です。

英語はできれば毎日学習した方がいいのですが、人によっては仕事が忙しかったり、まずは試しで受講してみたいという人もいると思います。

そのような人であれば毎月4回レッスンの「お試しプラン」、もっと勉強したい人であれば「お手軽プラン」で毎月8回のレッスンを受けるのがオススメです。

さらに、もっと英語をたくさん学習したい人には、毎日プランがオススメです。

これは低価格で毎日1レッスン(25分)を受けられるプランです。

最大で一日4回レッスンを毎日受けられるプランもあります。

毎日プラン(1レッスンの時間は25分)
プラン 価格 レッスン回数 1レッスンあたりの価格
毎日レッスンプラン 5,478円 毎日レッスン可能 180円
基本レッスンプラン 8,778円 毎日2レッスン可能 150円
集中勉強プラン 10,978円 毎日3レッスン可能 120円
英語漬けプラン 13,178円 毎日4レッスン可能 109円

英語はできれば毎日レッスンした方が早く上達します。

毎日プランでは一日の間に複数回、毎日レッスンを受けることができます。

1回の受講時間は25分で、短いように感じますが実際はかなり濃密なようです。

英語のレベルが高い、ネイティブのフィリピン人からレッスンを受けることができれば、短期で英語の実力を養うことも可能でしょう。

1カ月を30日として、計算すると1レッスンあたりの価格は破格の109円~180円です。

これだけ安いとクオリティ面で不安を感じる人もいるかもしれませんが、多くの利用者がクオリティの高さに驚いており、ネットの口コミでは、トップクラスの安さに関わらず、DMM英会話と遜色ないクオリティで驚いたという声もあるようです。

スタンダードプラン

ここで同様のオンライン英会話スクールであるDMM会話のスタンダードプランと、Weblioのプランを比較してみましょう。

スタンダードプラン
通常料金 6,480円/月
キャンペーン料金 3,240円/月
1日のレッスン時間 25分
1レッスンの料金 105円~209円

DMMのスタンダードプランは通常料金6,480円ですが、キャンペーン価格で3,240円となっています。

1レッスンはWeblioと同じ25分です。

続いてWeblioのプランです。

毎日プラン(1レッスンの時間は25分)
プラン 価格 レッスン回数 1レッスンあたりの価格
毎日レッスンプラン 5,478円 毎日レッスン可能 180円
基本レッスンプラン 8,778円 毎日2レッスン可能 150円
集中勉強プラン 10,978円 毎日3レッスン可能 120円
英語漬けプラン 13,178円 毎日4レッスン可能 109円

DMMがキャンペーン内容で注意しなければいけないのは、半額なのは初月だけです。

ですから、1日1レッスンで比較すると、Weblioは5,478円、DMMが通常は6,480円でWeblioの方が価格は抑えられています。

DMM英会話の場合は、世界各国6,500人以上の講師やアメリカ人、イギリス人などの英語国の講師も多数在籍している点です。

Weblioの講師は多くが英語ネイティブのフィリピン人なので、この点が気にならない人であれば、価格が安いWeblioがオススメです。

(フィリピン人と聞くと、タガログ語をイメージしますが、フィリピンは英語圏であり、学校の授業などもすべて英語です。アメリカ人、イギリス人と変わらない英語ネイティブなので、講師のクオリティは高いと評判です)。

ネィティブプラスプラン

毎日1レッスン 毎日2レッスン 毎日3レッスン
料金 6,480円/月 10,780円/月 15,180円/月
1日のレッスン時間 25分 50分 75分
1レッスンの料金 510円 503円 485円

ネイティブプラスワンはDMMの英語ネイティブ講師からレッスンを受けられるコースです。

Weblioであれば、毎月5,ooo円台で最初からフィリピン人の英語ネイティブ講師から、レッスンを受けられます。

正直割高で微妙なサービスと言えそうです。

Weblioは1レッスンの価格も高くて180円とかなり安く、1レッスン500円のDMM英会話は値段が高いでしょう。

ただし、DMMも大手ということで、レッスンの品質は高いようです。

大手で高いお金を払っても安心したいという人であればDMM、コスパ重視の人ならWeblio英会話を選ぶといいでしょう。

■I・Gさん(22歳) 男性 商社勤務■

オンライン英会話スクールは色々なところがあります。
もちろんDMM英会話も検討して体験なども受けました。

結果としては1レッスンあたりの金額が500円以上と高いため、Weblioにしました。

日本の人はあまり知らないかもしれませんが、フィリピン人は英語で授業を受けて育ちます。
英語力は日本人よりもはるかに高いですよ。

そんなフィリピン人の英語ネイティブ講師からレッスンを受けられて1レッスン100円台となれば、
コスパ重視の人はほぼWeblio一択かなと思います。

オンラインカウンセリングも無料でできるのでオススメ

Weblio英会話は他のサービスのように、日本人によるカウンセリングなどはありません。

しかし、音声通話で講師の人に相談などはできるので、英語の練習を兼ねて常に疑問点を聞いて上達に努めるようにしましょう。

なお、AEONやネイティブキャンプであれば日本人によるカウンセリングを受けることができます。

日本人によるサポートはWeblioにはないので、日本人によるサポートが欲しい人はこちらもオススメです。

参考:〇ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプの情報詳細

料金

プラン

無料体験レッスン
7日間の無料
プラン別料金
【プレミアムプラン】
5,950円 / 月(レッスン回数無制限)【ファミリープラン】
1,980円 / 月(レッスン回数無制限)
レッスンについて
対応時間帯
24時間
利用ツール
独自システム
予約可能時間
予約不要
予約キャンセル時間
レッスン開始60分前まで
講師について
国籍
フィリピン人講師を中心に、イギリス、ボスニア、
セルビア、フィリピンなど、世界100国以上
日本人の講師も在籍
人数
4,300人
特徴
・フィリピン人が全体の半分以上
・ネイティブ講師は受講無制限対象外
教材
内容
オリジナル教材、カランメゾット対応教材、日常英会話用教材、
ビジネス英会話用教材、TOEIC用教材、フリートーク用教材
費用
基本的に無料 一部のレッスンでは教材の購入が必要
日本語サポート
・スカイプ、メール
・毎日9:00~21:00無料で日本人カウンセラーによる学習カウンセリングを受けるが可能
・生徒同士の交流の場あり
特徴
・月額定額で、レッスン回数無制限
・予約なしでレッスンの受講が可能

面倒くさいソフトのインストールがない

Weblioは面倒くさいソフトなどのインストールがありません。

WEB系のオンライン英会話スクールの場合、面倒な専用ソフトやタブレットを使わないといけない
スクールもありました。

非常に面倒だし、使いにくいということで、オンライン英会話スクールにはあまりいい印象がないという人もいます。

しかし、Weblioのアプリケーションは非常によくできており、通話品質も高く軽い使い心地です。

■H・Lさん(45歳) 女性 フリーランス■  
 昔のオンライン英会話スクールは、とても面倒くさかったです。
専用の分厚いタブレットは、重くてまったく使い物になりませんでした。

今では専用のアプリケーションは、通話品質が非常に良く、ネット環境さえしっかりしていれば、
高品質なレッスンを受けることができました。

Weblio英会話のレッスン内容について徹底解説

weblioの英会話レッスンについて徹底解説します。

評価内容 講師の質   :評価83点
教材     :評価72点
ネット回線  :評価75点
予約のしやすさ:評価68点
料金     :評価78点
月額 1,480円/月4回
1,980円/月8回
3,400円/毎日1レッスン
6,300円/毎日2レッスン
8,300円/毎日3レッスン
9,800円/毎日4レッスン
1レッスンあたり 370円/月4回
247円/月8回
113円/毎日1レッスン
105円/毎日2レッスン
92円/毎日3レッスン
81円/毎日4レッスン
無料体験レッスン 1回
入会費 0円
教材費 0円
レッスン時間 24時間
レッスン形式 マンツーマン
レッスン内容 フリートーク、発音、文法、観光、TOEIC、キッズなど
直前予約 レッスン開始の5分前まで可能
キャンセル レッスン開始の1時間前まで無料
使用ソフト 独自ビデオチャットシステム
講師の数 約250人
講師の国籍 ネイティブ講師(フィリピン)
講師の勤務地 不記載
日本語可能講師 なし
キャンペーン情報 公式リンク

Weblio英会話の無料体験レッスンの申し込み方

Weblio英会話の無料体験レッスンは公式から

weblioの無料体験レッスンは公式から登録手続きを行い進めます。

メールアドレスを登録して、無料会員登録を進めます。

無料体験レッスンを予約

無料登録を済ませたあとは、無料体験レッスンの予約を行います。

講師は「お気に入りから予約」「講師から予約」「時間帯から予約」と条件をつけて検索できます。

さっそく無料体験レッスン、5分前にWeblio英会話へログイン

さっそく無料体験レッスンです。

5分前にはログインして準備をしておきましょう。

無料体験レッスンの質は高いと評判

■F・Iさん(40歳) 男性 飲食店経営者■

僕は観光地の近くで飲食店を経営しているのですが、雑誌に取り上げられたことをきっかけに多くの外国人の観光客の方が足を運んでくださるようになりました。

中には、注文の際に英語で何か話しかけてこられる方がいます。

そういった方には、携帯の翻訳機能などを用いて何とか対応しているのですが、注文を聞く側も申す側も疲れるのが事実です。

そこで、日常において良く使用されるレベルの英語を身に着けたいと思い、見つけたのがWeblio英会話です。

授業がどのような風に進むのかや、講師の方がどのような方なのかがわからないままに申し込むのは、不安が大きすぎたので、まずは無料の体験レッスンに申し込みました。

マンツーマン形式で、疑問点があればそれを解決してから進んでいくのが良く感じました。

講師の方も丁寧で、続けるにあたっても不安はないように思いました。

無料の体験レッスンだけでも、ためになることは学べたので、迷っている方はとりあえず無料の体験レッスンを受けてみるというのも一つの手だと思いました。

Weblio辞書機能がかなりオススメ

Weblioは英語辞書の大手メディアです。

レッスンを受けながらオンライン辞書を使うことができるので、とても使いやすいと評判です。

weblioはウェブリオ㈱が運営しており、辞書、辞典データの集約サイトです。

知りたい単語や日本語を入力すると、該当する結果や関連する結果がいっきに表示されます。

紐づけされるデータは膨大な情報量で、英和辞典をはじめ国語辞典、百科事典、データベースなどから

最適な情報を得ることができます。

英語辞書としての機能については、研究社「新英和中辞典」「新和英中辞典」を中心に複数の英和辞典や和英辞書から検索できる「Weblio英和・和英辞典」を利用するのがおすすめです。

スマホで英語辞書機能を活用したい方にはアプリ「Weblio英語辞書」があります。

レッスン用のテキストがかなりわかりやすい

Weblioのテキストはとても分かりやすいと評判です。

教材も入門レベル、中級者レベル、上級者レベルでわかれており、入門レベルの場合は、日本語のサポートもしっかり書いています。

Weblio英会話を有効活用するための3つのポイントを紹介

ここではWeblio英会話を有効活用するための3つのポイント紹介します。

①レッスン内容は事前に決めた方が良い

②Weblio辞書で復習するのがオススメ

③英語漬けプランで英会話の量を増やそう

レッスン内容は事前に決めた方が良い

Weblio英会話レッスンは英語を受ける場合は目的をしっかりと決めて受講しましょう。

各コースでレッスン回数も異なるので、初心者がいきなり中級者向けのコースを選んだり、毎日レッスンを受講するコースを選んでしまうといっぱい、いっぱいになってしまい挫折する可能性もあります。

反対に既にある程度の実力を持っている人であれば、初心者コースを選んでも時間の無駄です。

最初から上級者向けのコースを選んでおいた方が無難でしょう。

レッスン内容は事前に自分の目的に合わせてしっかりと決めておきましょう。

Weblio辞書で復習するのがオススメ

weblioはもともと大手の辞書メディアです。

復習の時やレッスンの途中でも使い勝手が良いと評判です。

ネット辞書の場合は、書籍と違って検索エンジンからすぐに必要な情報に辿りつくことができます。

スピード感をもって学習をすることができるので、早く英語を身につけることができるでしょう。

英語漬けプランで英会話の量を増やそう

毎日プラン(1レッスンの時間は25分)
プラン 価格 レッスン回数 1レッスンあたりの価格
毎日レッスンプラン 5,478円 毎日レッスン可能 180円
基本レッスンプラン 8,778円 毎日2レッスン可能 150円
集中勉強プラン 10,978円 毎日3レッスン可能 120円
英語漬けプラン 13,178円 毎日4レッスン可能 109円

Weblioの英語漬けプランは毎日4レッスンを受講することができます。

一回25分なので一日100分のレッスンを毎日ですから、相当濃密な時間を過ごすことになります。

しかも価格も13,178円とかなり安めになっており、コストパフォーマンスは抜群です。

英語は日常で使っていると自然と覚えていくことができます。

短期集中で英語スキルを身につけたい人にオススメのプランと言えるでしょう。

Weblioメリット。教材の種類が多いので自分に合わせて選べる

Weblioは教材やコースの種類が豊富です。(公式リンク)

オンラインでのレッスンではニュースなどを題材にして講師とディスカッションをするレッスンもあります。

〇レベル別教材 (Per-level Materials)

レベル別教材 (Per-level Materials)
入門 (Entry) レベル:中学1年生レベルの英語表現です
内容:「I am」「We’re」などの会話に欠かせない基礎的な表現が学べます
初級 (Beginner) 中学2~3年生レベルの英語表現です
内容:家族やショッピングなど身近なテーマを通じて、会話で頻出する単語・フレーズを学びます。また、対話方式の練習で、話すことに慣れましょう。
中級 (Intermediate) 高校生レベルの英語表現です。
内容:100語程度の短い文章を読んで、文章の読解力・理解力をつけましょう。また、対話形式で自分の意見を言うことに慣れましょう。
上級 (Expert) 高校生・大学生レベルの英語表現です
内容:120~200語程度の文章を読んで、文章の要約をしてみましょう。また、ある考えに対する意見や解決策を英語で提示してみましょう。

〇文法教材 (Grammar Materials)

文法教材 (Grammar Materials)
初級 (Beginner) 中学生〜高校生レベルの文法です
内容:「主語と述語」などの基礎から「比較級」や「疑問詞」など比較的難しい文法まで通して学びましょう。
中級 (Intermediate) 高校生レベルの英語表現です
内容:「助動詞」「分詞」「比較級」などの比較的難易度の高めの内容を学習できます。

〇ビジネス教材 (Business Materials)

文法教材 (Grammar Materials)
基礎 (Basics) 高校生~レベルです
内容:ビジネスの場面で一般的に使用される表現を確認しましょう。

●内容例自己紹介 (Self-introduction)
昼休憩 (Lunch Break)
職場での依頼 (Asking for something)
情報共有 (Update)
会社の規則を説明する (Explanation of rules)
貸し借り (Borrowing something)
名刺交換 (Exchanging business cards)
上司との会話 (Conversing with boss)
ついてない日 (Bad day)
退勤後の飲み会 (Drink after work)

手紙・メール (Letter・Email) 高校生~レベルです
内容:手紙やメールでよく使う表現を確認しましょう。
会議 (Meeting) 高校生~レベルです
内容:会議の場面で役立つ表現を確認しましょう。
交渉 (Negotiation) 高校生~レベルです
内容:交渉の際によく使用される表現を確認しましょう。

●実際のテキストよりRead the artcle below and see if you can improve it.
下の文章を読んで、改善できる点はないか探してみましょう。
Brad: Hello.
Sheila: Hi.
Brad: Shall we start the negotiations now?
Sheila: Yes, I’m ready to start.
Brad: Okay, I guess you can talk first.
Sheila: Thank you. We are interested in purchasing materials from you.
Brad: We can supply you with materials.
Sheila: Good.
Brad: Let’s discuss it further.

プレゼンテーション (Presentation) 高校生~レベルです
内容:プレゼンの発表や質疑応答の際に役立つ表現を確認しましょう。

Read the artcle below and see if you can improve it.
下の文章を読んで、改善できる点はないか探してみましょう。

★Common Mistake
Steve: First of all, I give you today’s outline.I am going to begin with an introductorypresentation about our company history and philosophy. After that I will speak abouta typical day in the company.

And then, I will speak about the process for being hiredat Brauhaus.The whole presentation will take around 45 minutes with a further 10minutes at the end for questions and answers, making the whole presentation run almost one hour long.OK, lets begin shall we. In 1987, our company….

面接 (Interview) 高校生~レベルです
内容:面接の際に使用される表現をロールプレイ等を通して学習します。
海外出張 (Business Trip) 高校生~レベルです
内容:海外出張の際に使用する表現を場面ごとに確認します。
コミュニケーション (Communication) 高校生~レベルです
内容:ビジネスで使用される語彙や表現を、ビジネスの場面ごとに確認しましょう。
電話 (Phone Call) 高校生~レベルです
内容:電話の場面で使用される表現を講師とロールプレイ等を通して学習します。

〇スピーキング、教科書ベース教材

スピーキング、教科書ベース教材
スピーキング教材 (Speaking Materials) 初級(Beginner)、中級(Intermediate)がある。高校生~レベルです
内容:ビジネスで使用される語彙や表現を、ビジネスの場面ごとに確認しましょう。

●初級コースの内容例モールに行ってみよう (Going to the Mall)
美術館に行ってみよう (Going to the Museum)
ストレス管理 (Managing Stress)
スポーツをしよう (Playing Sports)
読書 (Reading)
健康管理 (Staying Healthy)
英語の勉強 (Studying English)
ペットの世話 (Taking Care of Your Pet)
コンピューター (Using the Computer)
賢く投票 (Voting Wisely)

中学校教科書ベース (Jr.high school textbook base) 中学2年生(Jr.high school Grade2)、中学3年生(Jr.high school Grade3)。
高校教科書ベース(High school textbook base) 高校生、大学生レベルのテキストを使用して、英語を学ぶ。
大学生向け教材 (University textbook)

〇その他の教材

その他の教材
General English
Living Abroad
TEAP
英検2級 (Eiken Grade 2)
英検準2級 (Eiken Grade pre 2)
英検3級 (Eiken Grade 3)
TOEFL
FreeTalk
ニュース(News)
キッズ向け教材(kids)
季節の話題教材(Seasonal)
介護向け(Elderly Care)

早朝や深夜もOK、24時間いつでも受講ができる

Weblio英会話レッスンであれば24時間英語を学習することができます。

仕事で忙しい人でも自分の生活に合わせてレッスンを取り入れることができます。

レッスンの通話画面でWeblio辞書を開きながらレッスンを受けられる

Weblioのアプリケーションは非常に使い勝手が良く、Weblioの辞書を開きながら、レッスンを受けることもできます。

英語を学ぶうえでは効率の良さも重要です。

WEBと講師のレッスンを上手く組み合わせて早期に英語スキルを上達させましょう。

無料で体験レッスンは4つのステップ

Weblioでは、無料体験レッスン4つのステップで受講できます。

25分のレッスンを完全無料で受けることができるので、どんな雰囲気か確かめたうえで申し込みをすることができます。

無料体験レッスン4つのステップ
無料会員登録 無料会員登録を行い、メールアドレスとパスワードを入力し、登録手続きを進めます。
講師選び 講師は「お気に入りから予約」「講師から予約」「時間帯から予約」と条件をつけて検索可能。
レッスン開始10分前 レッスンルームに入室する
レッスン開始 講師からのレッスンを受けます。

Weblio(ウェブリオ)英会話の利用前によくあるQ&A

Weblio英会話の講師はどんな人たちですか?
Weblio英会話の講師はフィリピン人の方がほとんどです。
しかし、英語ネイティブのフィリピン人のため、フィリピン訛りもない英語を話すため、評判は良いようです。
無料体験レッスンはありますか?
公式より無料体験レッスンを受けることができます。
メールアドレスや個人情報を登録すれば誰でも受講することができます。
料金はいくらですか?
お試しプランは2,728円で毎月4回のレッスンを受けることができます。
毎日レッスンを受けるコースは毎日1レッスンを約5,478円で受講可能です。