テックアカデミーの口コミと評判。TechAcademy体験は受け放題?

プログラミング


テックアカデミー(TechAcademy)の無料体験は何度でも通えるって本当?

テックアカデミー(TechAcademy)は16コースの無料体験が受け放題のプログラミングスクールです。
これはオンラインブートキャンプのプログラミング・デザイン・マネジメントの
計16コースを24週間の受講期間中に受け放題という衝撃的なお得コースです。

現役のプロエンジニアがチャットでしっかりとプログラミング学習をサポートしてくれます。

そして課題についても回数無制限でレビューをしてもらえるので高いスキルを身につけてオリジナルアプリの開発、転職へ向けてのステップアップを目指すことができます。

テックアカデミーとはどんなところ?/h3>

テックアカデミー(TechAcademy)はマンツーマンレッスンで評判のプログラミングスクールです。

 

初心者からの評判も良く、無料体験ではオンラインブートキャンプのプログラミング・デザイン・マネジメントの計16コースを24週間の受講期間中に受け放題というサービスでも注目を集めています。

 

また、プロの現役エンジニアからのマンツーマンによる徹底した指導を受けることができ、slackというチャットツールを使って何度でも質問をすることができるので挫折しにくい仕組みづくりがなされています。

 

また、プログラミングスクールを卒業したあとの就職、転職、キャリアアップなどのサポートも充実していることからユーザーより高い評価を得ています。

テックアカデミーの良い点、メリットを徹底解説

ここではテックアカデミーのメリットを紹介します。テックアカデミーのメリットは①教材の質が高く非常にわかりやすい、②マンツーマンレッスンで生徒をしっかりとサポート、③オリジナルアプリの制作もサポートしてくれる!、④質問が数分で返ってくる素早い対応、⑤プロエンジニアによる指導、⑥カリキュラムの永続的な閲覧の6つがポイントです。

 

テックアカデミーは教材の質が高く非常にわかりやすい

テックアカデミー(TechAcademy)は初心者にも教材がわかりやすく、一からプログラミングを学びたい人から定評があります。

プログラミングスクールは増えてきていますが、中には初心者にはわかりにくいカリキュラムだったりすることもあります。

これではなんのために高い料金を払ってプログラミングスクールに入ったかわかりませんよね。

その点テックアカデミー(TechAcademy)は初心者の評判も良く、教材の質が高いと言われているのでかなりおすすめのプログラミングスクールと言えそうです。

テックアカデミーはマンツーマンレッスンで生徒をしっかりとサポート

テックアカデミー(TechAcademy)は本当の意味でマンツーマンレッスンを実現しています。契約している間は現役のプロエンジニアの講師が生徒一人に対して徹底サポートしてくれます。

 

また、ネットのビデオ通話を活用して1回30分、週2回レッスンを受けられるメンタリングサービスも好評で自分がわからない内容を直接問いかけることができます。

 

プログラミングは書籍で勉強することもできますが、結局疑問点にぶつかった時に速やかに解決することができず、挫折をする人が非常に多いです。

 

しかし、テックアカデミー(TechAcademy)のマンツーマンレッスンを活用して疑問をスムーズに解決していけば挫折のリスクを大幅に減らすことができます。

テックアカデミーはオリジナルアプリの制作もサポートしてくれる!

テックアカデミー(TechAcademy)は自分だけのオリジナルアプリの制作を目標にするコースもあります。

プロエンジニアの講師から丁寧なサポートを受けての開発ができるのでこちらも挫折のしにくい環境で学習を進めることができます。

 

作品が出来合った時の達成感を味わいたい方におすすめです。

掲示板での質問が数分で返ってくる素早い対応

テックアカデミー(TechAcademy)ではスラックという掲示板ツールで質問をすると講師が空き時間で返答をしてくれます。

 

これもとても評判がよく、質問をすると早ければ数分で回答をもらうことができます。

悩みやつまづいている点に数分でプロの講師からアドバイスをもらえるという環境は生徒目線で非常に質の高いサービスと言えそうです。

テックアカデミーの講師陣は現役のプロエンジニア

講師の技術レベルが高いのもテックアカデミー(TechAcademy)の特徴です。

講師は昼間現役のエンジニアとして最前線で働いています。

そして、空き時間で講師業を行っているので現場で必要とされる技術について熟知している人たちが講師となっています。

技術のレベルだけでなく、わかりにくいことをわかりやすく教えるスキルも高いと評判なのでこちらもテックアカデミーのメリットと言えます。

テックアカデミーのカリキュラムはずっと閲覧できるので安心

テックアカデミー(TechAcademy)では契約が終わった後でもログインをして自分が学んだカリキュラムを閲覧することができます。

自分が勉強した内容を受講終了後も閲覧できるというのは、復習にも使えるので非常に便利ですよね。

この機能を使える条件としては、アンケート画面に沿って回答をすることになります。

どうしても受講期間内に理解が進まなかった部分については、再度学習をすることでしっかりと知識の定着化をはかることができます。

テックアカデミーに不満やデメリットはある?

テックアカデミーに不満やデメリットを感じている人はいるのでしょうか。

また、もし不満点があるとすればどのような部分なのかを徹底解説します。

 

無料レッスンと講師が変わることもある

テックアカデミー(TechAcademy)では無料のレッスンを行っていますが、この時の講師とのマッチングが上手くいかないことがあるようです。

 

例えば初回の無料でのビデオ通話でデザインコースを希望しているのに、アプリ制作担当の講師が出てきたなどということがあるようです。

 

しかし、初回はテックアカデミーの概要的な説明や質問が多いのでカリキュラムの全体像や料金体系についてはしっかりと質問に答えてもらうことができるようです。

 

掲示板での質疑応答の答えがわかりにくいことも

これは講師のプログラミングスキルというよりコミュニケーション能力の問題ですが、一部の講師の質問への回答がどうしても初心者にわかりにくいこともあるようです。

 

スピーディーな返答を心掛けているがゆえにこのようなことが起きるのでしょうか。

しかし、もし最初の回答が分かりにくければ、もう少しかみ砕いて教えてもらえないか再度問い合わせることで解決をすることができるのでそこまで大きなデメリットとはいえないでしょう。

テックアカデミーの教科書の内容が難しいこともある

テックアカデミーの教科書は初心者にわかりやすいと評判です。

しかし、どうしもカリキュラムが後半に進んでくると難しい内容が出てくることもあります。

 

完全な初心者にとっては少しわかりにくい内容となるかもしれませんが、講師陣への質問掲示板やメンタリングなどの面談を活用して上手く乗り切りたいところです。

目安の勉強時間は目安でしかない、人によっては時間がかかることも

テックアカデミー(TechAcademy)では目安の学習時間が設定されています。

しかし、受講者は完全に初心者という人もいれば、中には自分で事前に勉強してきた人もいます。

 

そのため目安の学習時間もよりも時間がかかった、思ったよりも早く追われたなど個人差が生じます。

 

スキルについても呑み込みが早い人とそうでない人がいるので、この点はテックアカデミーに限らずどこのプログラミングスクールも同じと考えられます。

 

テックアカデミーはプログラミング初心者にこそ受けて欲しい

テックアカデミー(TechAcademy)は初心者にこそおすすめのプログラミングスクールです。

プログラミングを学びたい人はスキルをお金に換えたいという人が大半なので、プログラミングスキルをマネタイズするまでの最短距離として、テックアカデミー(TechAcademy)での学習をおすすめします。

 

マンツーマンレッスン、ビデオ通話による週2回の質問、掲示板での質問などつまづいた時の対処手段が多く用意されているのがテックアカデミー(TechAcademy)の強みです。

 

初心者の方で早くスキルを身に着けたい人はテックアカデミー(TechAcademy)で学んでみてはいかがでしょうか。

テックアカデミーはこんな人にぴったり

テックアカデミー(TechAcademy)で勉強をする人がおすすめの人についてご紹介します。

作りたいサービスが明確な人

漠然とプログラミングスキルを見つけても役には立ちません。

転職してエンジニアになりたい、サービスを作りたいなどの具体性が必要です。

この具体性がなければプログラミングスキルを身につけても収入につながらないことが多いので注意が必要です。

IT事業を興したい人

現在では様々なWEBアプリケーションサービスが世の中に枚挙いとまなくリリースされています。

 

中には将来的にWEBアプリケーションサービスを作って事業を始めたいという人もいるのではないでしょうか。

 

そのためにもまずはテックアカデミー(TechAcademy)で基礎からしっかりとプログラミングスキルを身につけて確かな実力を身につけることをおすすめします。

独学で行き詰った人

プログラミング学習は初心者にはかなり厳しいものがあります。

 

独学で行き詰ってしまうくらいなら、最初からプログラミングスクールを活用してスムーズにスキルを習得した方が結果的に早く収入アップ、転職、サービス開発などの目標を実現することができます。

テックアカデミーは初心者や未経験の人は大丈夫?

テックアカデミーは初心者や未経験の人でも学ぶ意欲としっかりとした目的あれば飛躍的に上達することができます。

 

講師のメンタリング、掲示板での質問、優良なテキストなどをしっかりと有効活用していけば上達することができます。

 

また、意外におすすめなのが大学生です。

今後就職するうえでは厳しい内外環境となっています。

 

年金制度、終身雇用、年功序列の崩壊などこれまでにない厳しい社会で生き残るにはやはりスキルを身につけておくことが重要です。

 

そのうえではプログラミングスキルは伸び続けている業界なので、万が一の時につぶしが効きます。

 

また、20代という若い時期に勉強をすることでスムーズにスキルを習得することができるので、個人で収入を得るスキルとしてプログラミングを学ぶというのはありかもしれません。

 

大学生は長い夏休みや春休みがありますから、アルバイトしながら勉強することも十分できます。

 

テックアカデミーでは一カ月などの短いコースもあるのでぜひ活用を検討したいところです。

 

最安値は99,000円と10万円を切るコースがあるのでこれを受講するだけでも価格以上の価値がありそうです。

 

プログラミングスクールは30万円~60万円など非常に高額なスクールも増えているので良心的な価格でさらに評判も良いテックアカデミーがおすすめです。

 

テックアカデミーに入会するための手順を徹底解説

ここではテックアカデミーへの入会手順について紹介します。

まずは公式のホームページにアクセスします。

そして、講師との通話を無料体験して、スクールの説明を受けたりYoutubeの動画を見たりします。

 

そのうえで学習のコースを決めて申し込みをします。

その後は返信メールに沿って手続きを行い、入金完了をもって入会となるようです。

その後はさっそくレッスンと面談がスタートします。

テックアカデミーに入会を考えている人が注意すべきポイントはこれだ

ここではテックアカデミー(TechAcademy)に入会する時の注意点について解説します。

まずパソコンはウィンドウズでも問題はありませんが、i phoneむけのアプリを作りたい人はマックブックが必要になります。

 

また、入会のキャンペーンで入会タイミングを迷っている場合は、焦らない方がいいでしょう。

常に勧誘のために何かしたのキャンペーンを行っているプログラミスクールが多いので自分が本当に必要なタイミングで入塾をするのがベストでしょう。

 

また、入会してカリキュラムをこなせるかどうか不安な人は、無料相談で講師に質問をして、自分が目標を達成できそうかレビューしてもらうのも一つの手です。

そして、できれば現在は無料体験を受け放題のキャンペーンがあるのでこちらで自分に向いているか確認を取るのもいいでしょう。

 

メンターと面談のあとは一週間だけ教材のレッスン1という最初の部分を閲覧することができます。

このあたりの情報をもとに判断をしていくことになるでしょう。

 

テックアカデミーの料金プランについて徹底紹介

料金 社会人(税別) 学生(税別)
4週間プラン 139,000円 109,000円
8週間プラン 189,000円 139,000円
12週間プラン 239,000円 169,000円
16週間プラン 289,000円 199,000円

 

料金は学習の期間と学生又は社会人かどうかでも異なってきます。

学生の方が安いので大学生はかなりお得にカリキュラムを受講することができます。

 

おおよその目安としては、4週間期間が長くなるごとに、働いている社会人であれば50,000円、学生であれば30,000円ずつ金額が増える計算になります。

そのため最初から長期のプランを選んだからといって価格がお得になるわけではありません。

途中でプランを追加する場合の料金はこれだ!

途中でプランを追加する場合の料金を紹介します。

料金 社会人(税別) 学生(税別)
4週間プラン 69,000円 不明
8週間プラン 119,000円 不明
12週間プラン 179,000円 不明

受講開始日はいつから

テックアカデミーでの受講開始日は公式サイトを見ると表示されています。

受講開始日は週一回必ず設定されているので、初回を逃しても次週から始めれば大丈夫です。

 

また、入会後は入金の確認、メンターとの面談日程の調整などもあり焦らず一つ一つ手順を積んで進めていくのがいいでしょう。

 

テックアカデミーに入会したあとの流れを解説

ここではテックアカデミーに入会したあとの流れについて解説します。

基本的には①環境やツールの準備、登録→②基本レッスン→③応用レッスン→④オリジナルサービス開発という流れになります。(アプリ開発参照)

 

この間は週2回の面談、適時チャットで質問をすることができます。

テックアカデミーで勉強する環境を整えよう

テックアカデミーでプログラミングを学ぶうえでは勉強をするための環境を整える必要があります。

 

まずは、質問回答のためにSlackというチャットツールを入れます。その他にもスカイプやLINEなど講師とコミュニケーションを行うためのツールもインストールしておきましょう。

講師とのビデオ通話のための「Appear」ツールも必要になるので準備をします。

講師との週2回の面談でモチベーションアップ

講師とは週に2回ほどメンタリングと呼ばれる面談を行います。

ノートパソコンのWEBカメラでビデオ通話を行いますが、これが好評でモチベーションアップにつながるという声が大きいです。

 

また、この時に悩んでることや困っていることをしっかりと質問することで疑問を解決して次のステップに進むことができます。

また、実際のプログラミングコードを確認してもらい修正をしてもらうこともできます。

 

テックアカデミーの教材でカリキュラムを勧めよう!

このあとはHTMLやCSSによってホームページを作る基本的な仕組みを学習します。

そしていよいよ教材を使ってカリキュラムをすすめましょう。

 

ここでは実際のプログラミング言語を使ってサンプルアプリをつくります。

これでアプリが完成するとかなりの達成感を得ることができます。

 

やはりモチベーションが高くなると学習の意欲も変わってくるので、より効率よくプログラミングを学習できる状態になるようです。

オリジナルサービスを作ってみよう

最後は自分で作りたいアプリがある人は実際にアプリ制作を行います。この時も講師のメンタリングを活用することができるので多くの生徒が挫折しないでやり遂げることができます。

 

しかし、中にはここまでいかずに挫折してしまう人もいるのでこの点は個人差があるようです。

テックアカデミーのコンテストとは?

テックアカデミーではコンテストを開催していて、受講生であればどんな人でも参加することができます。

部門はプログラミング部門、デザイン部門に分かれています。

審査員は現役のプロが行い、何度でもエントリー可能で場所や時間を気にせず応募することができます。

最優秀賞の場合は、「ブートキャンプ4週間プラン受講権」「TechAcademyグッズ」、優秀賞は「ブートキャンプ受講料3万円引き」「TechAcademyグッズ」が得点となっています。

テックアカデミーの講師陣は現役のエンジニア

前述したとおり、テックアカデミーの講師(メンター)は現役バリバリのエンジニアです。

そのため、平日などはどこかのIT企業に所属して第一線のエンジニア業務に従事しているか、フリーランスとして活躍している人が多いようです。

 

このような講師陣が生徒を教えているので、実際の現場で必要な知識を効率的に教えてもらうことができるようです。

せっかく受講料を払っても実際の現場で役立たない知識では全く意味がありませんし、高い受講料を溝に捨てていると言っても言い過ぎではないでしょう。

 

テックアカデミーから業務委託されるエンジニアはそれなりの実力を持ったエンジニアですから、安心してプログラミングスキルを学ぶことができるでしょう。

しかし、専任ではないので多少講師によってはスケジュール調整が必要なこともあるかもしれません。

 

入会後の毎週2回の面談も希望日を出して日程調整を行うのは、講師にも別の予定があるからでしょう。

しかし、だからといって生徒側に無理な時間を都合させるようなことはなさそうなので、専任かどうかはそこまでスクールの品質に重要な影響は与えていないと言えるでしょう。

 

勿論生徒との日程が合わなければ、延期・日程の再調整もできますし、休日も深夜まで対応してくれる徹底ぶりです。

サラリーマンであれば仕事終わりで少し休んだあとに学習をすることができますし、学生でも授業が終わってアルバイトをした後でもカリキュラムを受講できる時間設定になっています。

 

これは生徒の都合を優先しているテックアカデミーの品質の高いカリキュラムだから実現できる内容でしょう。

 

テックアカデミーのコースを徹底解説!

WEBアプリケーションコース (Ruby言語とRailsでWEBアプリを作る) ここではRubyというプログラミング言語とRailsというフレームワークを使ってWEBサイトを構築するコースです。一般的なHTMLサイトの学習も行いつつ、データベースSQL、Gihub、デザインを美しくするBootstrap、公開先のHerokuも勉強できます。
PHP/Laravelコース (PHPでWEBアプリを作るコース) このコースはPHPというプログラミング言語とLaravelというツールを使ってWEBサイトを構築します。Rubyのコースと同じでHTML/CSS/SQL/GitHub/Bootstrap/Herokuもカリキュラムになっています。

RubyもPHPもどちらも同じことが出来ると言われており、それぞれ同様のWEBサイトを作ることができます。

Rubyの方が開発者が日本人ということもあり、日本人には学びやすいと言われています。。

JAVAコース JAVAプログラミング全般を勉強することができます。JAVA ServletとJSP、JCDBを使ったデータベース連携も行うWEBサービスを作っていきます。いま求人市場から需要が多いJAVAエンジニアになりたい人におすすめのコースです。HTML5/CSS/GitHubもカリキュラムに含まれています。
フロントエンドコース (HTMLやJavascriptやCSS) フロントエンドとはHTMLやCSSやJavascript/jQueryといったものです。サーバーよりもブラウザ側でのプログラミング学習するという解釈です。他にBootstrap/Firebase/APIも学習します。
WordPressコース 現在では個人向けサイト、企業向けサイトもWordPressというCMSを使って構築することが非常に増えました。ソフトなどを購入しなくてもワードプレスで簡単に。ホームページを制作できてしまいます。WordPressを知っていればアフィリブログや個人ブログ、企業サイトなどなんでも作れてしまいます。

WordPressはPHP言語で作られているのでPHPができればWordPressも使用できます。

iPhoneアプリコース こちらはiPhone上で動くアプリを作ります。

iPhoneコースではiOS用の言語Swift、デベロッパーツールXcode、Firebaseについてカリキュラムが組まれています。

Androidアプリコース こちらはAndroid上で動くアプリを作ります。

AndroidコースではJava言語。デベロッパーツールのAndroid Studio、Firebaseについてカリキュラムが組まれています。

Unityコース (ゲームを作る) iOS、Androidで動くゲームを作りたい人におすすめのコースでカリキュラムにはUnity、C#言語が含まれています。
JAVAエンジニアコース(就職予備校) このコースでは8週間でJAVAエンジニアになり就職を目指すコースです。スクールの就職支援も行っていてその支援を受けて企業への就職を目指すところまでサポートしています。
はじめてのプログラミングコース (未経験者向け) テックアカデミーではメインのコースは上記の8つでそれぞれ人気があります。この他にもデザインだけを学びたい人向けのコースや、HTML/CSSだけやりたい‥といった個別のカリキュラムも組まれています。

 

特別コースはどんな内容?

特別コースではブロックチェーンコースやAI(人工知能)コース、Python、Scalaといった最新の言語野技術について勉強をすることができます。

 

これらの技術を書籍で独学のみで勉強する場合は挫折する可能性が非常に高くなります。

しかし、テックアカデミーを利用することで、メンターによる徹底したサポート、週二回の面談、チャットサービスやわかりやすい教材を利用して最短距離で技術を身につけることができます。

ブロックチェーンコース 仮想通貨に代表されるようなブロックチェーン技術を勉強します。マイニングやブロックチェーンを使ったシステム開発までカリキュラムが組まれています。。
AI(人工知能)コース 人工知能に関するカリキュラムが組まれています。。機械学習で使われる言語Python、データ集計や分析に使うツールの習得を目標にします。
Pythonコース 前述のAIのシステム開発で多用される言語です。仮想通貨の価格変動を予想するツールが作れる様です。
Scalaコース オブジェクト指向と関数型を取り入れた言語で、テックアカデミーのこのコースではScalaの他、HTML/CSS/Bootstrap/SQLも勿論学習します
Node.jsコース Javascriptなのにブラウザ側じゃなくてサーバーサイドで動くJSについてのカリキュラムです。

どのコースがおすすめ?セットで申し込むと割引があるって本当?

テックアカデミーでは特定のコースを組み合わせて受講すると割引されるものがあります。

 

WEアプリを作りたい人に向けたRubyやPHPも同時に受講がおすすめですし、ホームページ制作をやりたいならワードプレスは必須のスキルです。

テックアカデミーなら転職のサポートも受けられる!

テックアカデミーを卒業した生徒であれば転職などのキャリアアップの支援を受けることができます。

 

生徒がカリキュラムを学んだあとでもしっかりと手厚いサポートを受けられるのがテックアカデミーの魅力です。

 

一つはTechAcademyキャリアという転職媒体です。

ここに求人を出している企業はテックアカデミーの受講を終えた生徒にとっては入りやすい可能性がありますね。

 

また、企業側から逆オファーなどを貰えることもあるようなので、やはりテックアカデミーで受講をするメリットは大きいと言えるでしょう。

 

その他にも転職やキャリアアップにあたっての無料のカウンセリングを受けることができたり、キャリアやスキルの相談を受けることができます。

 

このような充実のサポートがテックアカデミーの魅力と言えそうですね。

 

プログラミング言語のスキル習得から受講後の転職、キャリアアップのサポートまで徹底しているのでがテックアカデミーが多くの受講生に選ばれ続ける理由です。

テックアカデミーは日本e-Learning大賞も受賞している?

テックアカデミーは実は2016年に第13回 日本e-Learning大賞を受賞していました。

これは経済産業省、文部科学省、総務省、厚生労働省、独立行政法人情報処理推進機構

、全国都道府県教育委員会連合会、日本商工会議所、社団法人日本経済団体連合会、公益社団法人経済同友会、産経新聞社などの公的な機関も後援している表彰制度となっています。

 

このような公的な賞を受賞するだけとなれば、それだけ安心感のある確かなサービスを受講しているということなのでしょう。

 

テックアカデミーの年度末決算キャンペーンはお得?

テックアカデミーでは年度末のキャンペーンで申し込むと非常にお得です。

2020年は3月末までに申し込みを行うと「UI/UXデザインコース」または「Webディレクションコース」のカリキュラムを受けることができました。

 

これはかなりお得なキャンペーンと言えるでしょう。

しかし、だからといって次の年度末まで待つわけにもいきませんから、自分が学びたいと思った段階で受講をするのがベストでしょう。

早割りキャンペーンでお得にテックアカデミーを始める

テックアカデミーでは早割キャンペーンがあり、2020年3月29日までに申し込みを行うと8%引きになります。

 

しかし、キャンペーンに目がくらんで申し込むのは本質論ではありません。

自分が学びたいタイミングを見極めて申し込みを行うようにしましょう。

 

テックアカデミーではプログラミング言語を学びたい、アプリケーションやサービスを自分で作りたい、IT事業を興したいなど様々な目標を達成するためのカリキュラムがしっかりと用意されています。

 

それを活かして自分の目標を達成することができる人にとっては最高の環境ということができます。

 

しかし、受け身であったり、能動的に動けない人であればテックアカデミーという最高の学習環境を活かせないまま挫折してしまうことになるでしょう。

 

もちろん、プログラミングスクールのカリキュラムも大切ですが、最後は自分のモチベーションが非常に重要である点は意識をしておくべきでしょう。

 

ぜひテックアカデミーを上手に利用して皆さんのキャリアアップにお役だてください。