侍エンジニア塾の口コミと評判。炎上したって話は本当なの?

プログラミング

目次

侍エンジニア塾の口コミと評判

侍エンジニア塾の口コミと評判

侍エンジニア塾は日本で初めてのマンツーマンレッスンが行えるプログラミングスクールです。

侍エンジニアの無料体験評判が悪いというのは本当?

侍エンジニアの無料体験評判が悪いというのは本当?

侍エンジニア塾の無料体験は評判が悪いという意見があります。

しかし、本当に評判は悪いのでしょうか。

どうやら、無料体験レッスンの評判はそこまで悪くないようです。

講師との相性もあるのでかなり判断が難しい部分と言えるでしょう。

炎上している?侍エンジニアの悪い評判が多いので注意

炎上している?侍エンジニアの悪い評判が多いので注意

侍エンジニアはかなり評判が悪いという書き込みがあります。一体どのような、評判が悪いという書き込みがあるのでしょうか。

まとめサイトなどを調べてみると半年がコースが60万円とかなり高額である点、そして高いわりにカリキュラムが古くて使い物にならないというものが書かれています。

プログラミングスクールは沢山ありますが、代金が高額と言うのは仕方ないと言えます。

プログラミングスクールではどうしても人件費がかさんでしまうので、費用が高くなるのは仕方ないと言えるでしょう。

しかし、高いという意見があるように、少し高額に感じる人がいるのも事実なので参考にしておくべきともいえそうです。

侍エンジニアはカリキュラムがかなり古い

侍エンジニアはカリキュラムがかなり古い

侍エンジニアのカリキュラムは古くて使い物にならないという意見もあります。

プログラミングスクールでは最新のノウハウを教えてもらい、高い給料がもらえるエンジニアに転職したい人が多いです。

それにも関わらずカリキュラムが古いとなると、全く役に立たないことが想像できます。

プログラミングは最新の知識を学んだとしても、実際の現場では実務との乖離が指摘されています。

それにも関わらず、カリキュラムが古いとなるとなんのために高額な受講料を払ってプログラミングスクールに入るのかさっぱりわかりません。

お金を無駄にしないためにも侍エンジニア塾には入らないのが無難と言えるでしょう。

侍エンジニアのカリキュラムは外部サービスを使っている?

侍エンジニア塾はプロゲートを使用しています。
これは月額980円で誰でも利用できるサービスです。

しかし、侍エンジニア塾は50万円以上の受講料を取るため、中には少し高すぎるし自社サービスを提供して欲しいという声もあるようです。

この点については今後改善される可能性もあるので、ネットの書き込みを鵜呑みにせず、自分で情報を収集した方が良いと言えるでしょう。

侍エンジニア塾の無料体験レッスン

侍エンジニア塾の無料体験レッスン

侍エンジニア塾の無料体験レッスンはどのような内容なのでしょうか。

中身としてはスクールのガイダンスに近いようです。

対面とスカイプの両方を選ぶことができますが、授業というよりはスクールの説明やカウンセリング、スクールに対しての質問に答えてくれるという感じのようです。

悪い評判もある侍エンジニア塾ですが、説明はしっかりとしており無理な勧誘もないため入塾する人も少なくないようです。

レッスンは三か月コースあり

レッスンは三か月コースあり

レッスンは1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月とコースがあり、三カ月コースおすすめです。

一カ月では短すぎるし、半年では長すぎるということで三カ月を選ぶ人が多いようです。

テーブル

インストラクターや講師陣はどんな人がいる?マンツーマンレッスンなのか

インストラクターや講師陣はどんな人がいる?マンツーマンレッスンなのか

侍エンジニア塾のインストラクターは全員がしっかりとした現役のプロエンジニアです。サラリーマンとして会社に勤めているエンジニア、個人事業主としては働くフリーエンジニアの方がいるようです。

能力もけっして悪くなく、中にはとても評判のいい講師もいるようです。

ただし、どうしても本業をもっている人が多いので、質問などタイムリーに返事をもらえないこともしばしばあるようです。

この点は仕方ないと考えられますが、やはり高い受講料を払っている以上はどうにか改善してもらいたい部分でもあります。

教材とアプリ制作支援

侍エンジニア塾は悪い評判が多いですが、とても評価の高いサービスもあります。その一つがアプリ制作支援です。

これは自分で作ったアプリケーションについて、レビューももらったりアドバイスを受けることができます。

アプリケーションを作れると転職の時に成果物として見せることもでき、有利に働きます。

転職支援

転職支援

侍エンジニア塾では転職支援サービスを活用することができます。

しかし、これは侍エンジニア塾が直接新しい転職先を紹介してくれるわけではなく、提携先を紹介されるだけにとどまるようです。

このあたりは良いサービスと感じるか、手抜きと感じるかは人によって評価が分かれる部分です。

中にはプログラミングスクールでしっかりと転職先をあっせんしてくれるところもあるので、この点は侍エンジニア塾の改善ポイントと言えるでしょう。

侍エンジニア塾の料金

侍エンジニア塾の料金
デビュー フリーランス ビジネス
入学金(税抜) 0円 0円 0円
月額(税抜) 0円 0円 0円
受講期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
総額(税抜) 168,000円 438,000円 698,000円
返金保証 (※1)
各種割引 (※2) 期間限定:5% 期間限定:10%

侍エンジニアは印象操作などをしているって本当?

侍エンジニアは印象操作をしているのではないかという噂があります。

これは侍エンジニアが炎上した際にかばう内容の記事を掲載したサイトが散見されたということで噂が出たようです。

こちらがそのサイトです。

本当のところはどうなのかわかりませんがステマだとしたら印象操作と言われても仕方ないと言えるでしょう。

侍エンジニアの評判からわかる異常に評判が悪い?

SNSなどで調べるとやはり良いという意見よりも、評判が悪いという意見の方が多くでてきました。

通常は良い口コミ、悪い口コミの半々などのケースが多いですが、このようにどちらかに偏った口コミが生じている場合は、やはりどこか問題点がある可能性もあります。

まちがった知識や情報の拡散、カリキュラム内容や価格への不満、確かに50万円以上の料金がかかるにも関わらずサービスに不満が出ていると躊躇してしまいます。

侍エンジニア塾の炎上の理由は日にちの表示が原因?

侍エンジニア塾の炎上の原因として、ホームページ上の日にちの表示が原因という噂があります。

これは実は噂ではなく事実で謝罪広告も掲載されたようです。

しかし、この謝罪広告についても真意が書かれていないと逆にネット民の怒りを買ってしまい再度炎上してしまったのだとか。

リスク管理があまりできていない会社のように思えます。

具体的には・・・

①通常10万円の入塾手数料が無料になるキャンペーンを行っていました。

②このキャンペーンはホームページに訪れた人が閲覧した日にちから7日後に日付が表示されるように作られており、実質は焦って入塾を決めさせるアコギな手法が使われていました。

③景品表示法に違反する内容であるため、非常に悪質である言えます。

謝罪広告

謝罪広告が掲載されていますが、反省の色が見られないと書き込みがされています。

侍エンジニア塾は返金しないトラブルがある?

侍エンジニア塾は返金されないトラブルがあるという噂についても検証してみようと思います。

これは侍エンジニア塾に申し込みをすると入金した金額の100%が解約手数料として返金に応じてもらえないというものです。

炎上を機会に解約の連絡を入れると「解約できない」と断られたようでこのようなずさんな対応も問題視されています。

謝罪内容が掲載されるも反省していない?

これはキャンペーンの日程が誰が閲覧をしても、閲覧日から7日と表示して、判断を焦らせるようなホームページを作っておきながら、誤表記として謝罪をしているというものです。

これはプログラムが組まれているので誤表記という類のものでないことは明らかです。

このような対応の悪さも評判の悪さにつながっているのかも知れません。

社員みんなで「ウェーイwww」、不快感を示す写真をアップ

炎上している時に社員が非常に楽しそうに盛り上がっている写真が掲載されました。

これは謝罪している態度なのかと批判を集めたようです。

わざわざ炎上しているタイミングでこのような写真をアップロードしたことでわざと煽っているのではないかとこちらも批判を集めました。

このような場合は不具合が生じたことや炎上を理由に対策を講じたなどの情報を出すべきですが、残念ながらこちらの侍エンジニア塾では危機管理対応がしつかりとできていないように思えます。

これではエンジニアを目指す真面目な客層からの信頼を得ることは難しいと言えるでしょう。

侍エンジニア塾で働いていた中の人は残念に感じている記事を掲載

該当記事

侍エンジニア塾でかつて中の人をやっていた人が炎上騒動について感想を書いてしました。

これは井上慎也氏のブログですが、なんとかいい方向に転換して欲しいという内容のことが書かれています。

過去に侍エンジニア塾に携わってきた人まで心配をしているので、なんとかいい方向に転換してもらいたいところです。

中身の薄い記事をたくさん掲載している

プログラミングについて検索をしていると侍エンジニア塾の記事がSEOに強く多くっ検索にひっかかるようなのですが、これらの記事があまり役に立たないという口コミがあります。

確かに調べものをしている時に役に立たない記事が出てきても困ってしまいます。

コンテンツの質が低いというのもありますが、かなり前からプログラミングスクールを運営しているのでコンテンツがチープ化しているということも考えられます。

このような古くて質が悪い記事については、リライトをするなど改めてユーザー目線のコンテンツの質の向上が必要かと思われます。

フリーランスになれる人もいる、だが実際の活躍は難しい

侍エンジニア塾などに限らずプログラミングスクールは数多く存在しますが、実際にプログラミングスクールに通ったからといって必ずフリーランスエンジニアになれるわけではありません。

そもそも広告で最短1カ月でフリーランスエンジニアになれると書かれていますが、これはほぼ不可能です。

現在日本でもエンジニア不足が叫ばれていますが、1カ月でなれるならもっとプログラミングができるエンジニアが沢山いてもいいはずです。

また、高額報酬が約束されているかというとかなり微妙で時給2,000円程度のエンジニアも多くいるようです。

フリーランスエンジニアとして活躍するということはかなり高いハードルであり、企業の案件をこなして独立をするのはそれなりの年数がかかる考えた方が無難でしょう。

世の中そんなにうまい話なんてあるわけありませんよね。

ですが、侍エンジニア塾やプログラミングスクールではきちんとしたサポートを体制を敷いているところもあるので、時間はかかるかもしれませんが、フリーランスエンジニアに全くなれないということはないと言えるでしょう。

「侍エンジニア塾」の基本情報

ここでは侍エンジニア塾の基本情報について紹介します。

どんな会社が運営しているの?

侍エンジニア塾では株式会社侍という会社が運営をしています。

東京都目黒区にオフィスを構えており、「イノベーション教育に変革をもたらし、イノベーションを加速する社会を実現」をコンセプトに事業を行っているようです。

2020年からはYou tubeでプログラミング初心者向けの動画を配信するなど役に立つ情報発信を行っています。

ネットでの炎上などはありますが、しっかりとした事業改善に努めて良いサービスを提供しているようにも思えます。

ネットの情報だけを鵜呑みにしたり、SNS上のデマだけを信じるよりも公式ページやyoutubeなどをしっかりと確認して、自分の目で確かめてサービスを申し込むのがいいかもしれません。

Samurai Engineerという事業ではプログラミング学習サービスの提供、Samurai Blogではプログラミングスキルの情報発信を行い月間100万人のPVがあると書かれています。

企業名 株式会社侍
<本社オフィス>  〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目3番5号 Ohashi235 5F
事業概要
Samurai Engineer 専属講師によるマンツーマンのプログラミングスクール
Samurai Blog  スキル、働き方、価値観、業界のことを知れる情報サイト運営
Samurai Hack 侍の働き方や考え方、社内の様子などの発信サイト運営

スクールの受講場所はどこで

ペアーズは対面レッスンとオンラインレッスンがあります。やっぱり直接対面で指導を受けたいという人であればカフェや会議室などの指定場所で受講をすることができます。これに対してオンラインはWEB受講ですが、スクリーンショットをとったりできるので板書やメモの手間が軽減されます。

どちらが自分に合っているかは人ぞれぞれですが、やはり一回の授業で緊張感があるのでが対面レッスンな気がします。

自分に合った受講方法を選択するようにしましょう。

受講場所
対面 カフェなど指定の場所で受講
オンライン WEB上で受講

営業時間はいつから?

営業時間は朝8:00から22:00までです。

これについて担当の講師と相談して時間外で対応をしてもらうことも可能です。

人によって働く時間が異なっていたり、休日が仕事という人もいるのであらゆる人が講義を受講できるような体制になっているので安心です。

営業時間 全日:8:00 – 22:00
※ 担当講師との合意の上で時間外の対応も可

インストラクターはどんな人たちが行っているの?

インストラクターはプロの現役エンジニアが担当しており、実践的な指導を期待することができます。

しかし、中には本業を持っている人もいるので、質問などについてはタイムリーな対応をしてもらえるかは質問の内容、講師の実力によるでしょう。

しかし、どのプログラミングスクールでも質問についてすぐに答えられるもの、そうでないもので対応が違うので過度に批判的な内容を書いている記事についても鵜呑みにはしない方がよさそうです。

本当に悪評や炎上の噂だけの企業だとすればスクールに通う人も少ないはずなのでその点は自分の目で見るのが確実でしょう。

初心者には向かない学習スタイル

侍エンジニア塾のカリキュラムは初心者には厳しいのではという意見があります。

これは本当なのでしょうか。

まず、プログラミングスクール全般に言えることですが、すでに作りたいサービスが決まっている、転職において必要なスキルが定まっている場合であれば学習を目的をもって行うことができるのでスムーズにスキル習得が可能です。

しかし、本当の初心者でとりあえず興味本位で入塾したとなれば少し厳しいかもしれません。

やはりプログラミングはエラーとの闘いであり、根気が必要な仕事です。

自分でも課題を調べて解決する姿勢がなければ、先生に頼って質問を待っている受け身のような状態ではどこのプログラミングスクールでも厳しいかもしれません。

結局のところスキルの習熟具合は勉強する生徒の素養によるところも大きいので出来が悪くても100%プログラミングスクールが悪いと言い切ることはできません。

もし、漠然とした気持ちでとりあえずプログラミングスクールに入りたいという人であれば、提携企業に就職を斡旋してくれるようなスクールに入るのが無難かもしれません。

就職までスムーズなサポートを受けられることが期待できます。

価格は高め?評判はイマイチ

デビュー フリーランス ビジネス
入学金(税抜) 0円 0円 0円
月額(税抜) 0円 0円 0円
受講期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
総額(税抜) 168,000円 438,000円 698,000円
返金保証 (※1)
各種割引 (※2) 期間限定:5% 期間限定:10%

侍エンジニア塾は少し値段が高めという意見もあります。

確かに一般的なスクールでは3カ月で30万円というところも見受けられます。

マンツーマンレッスンで徹底サポートを受けられると考えると妥当な値段と考えることもできます。

しかし、もし受講してみてマンツーマンレッスン、フルオーダーカリキュラムの魅力が感じられないのであれば無料期間中で解約を検討した方がよさそうです。

クリーングオフや解約にも対応してる?

侍エンジニア塾はクーリングオフや解約にも対応してる?

侍エンジニア塾のようなプログラミングスクールもクーリングオフの対象になります。

これは商品やサービスを契約して一定期間であれば契約を解除できるという消費者保護の制度です。

侍エンジニア塾のようなプログラミングスクールの場合は「特定薬務の提供」という項目に該当して契約書を交わした後に8日以内であれば適用されます。

クーリングオフの手続き方法は書面で契約解除の意志を伝えることになります。

まずは書面を郵送して解約の意志を伝えます。

書面に記載する内容例(販売会社宛)
契約年月日
契約した商品・サービス名
金額
会社名(商品を購入した)
担当者名
契約を解除したい旨を記載
契約者住所
氏名
書面に記載する内容例(クレジット会社宛)
契約年月日
契約した商品・サービス名
金額
会社名(商品を購入した)
担当者名
上記クレジット契約を解除したい旨を記載
契約者住所
氏名

この時送付した書類は控えを残しておきましょう。

そして書面を郵送する時は簡易書留か特定記録郵便で郵送します。

相手が受け取っていないと主張されないようにしっかりと手続きを行う必要があるでしょう。