PancakeSwap(CAKE)の買い方と今後のチャートと取引所

仮想通貨



仮想空間(Web・インターネット)でやり取りされる暗号資産は、サトシナカモトという人によって2008年に作られてから急速に取引市場が拡大してきました。数ある暗号資産取引所の中でも、今話題を集めている取引所の名前がDEXと呼ばれる分散型の取引所になります。

本記事では、DEXに関する、取引量と利用者の多いPancakeSwapの基本情報や質問・利用時に意識するポイントをご紹介します。「これから暗号資産の取引を開始するのにPancakeSwapを検討されている方」や「情報収集中でどれから始めようが悩まれている方」はぜひ参考にしてみてください。

気負いすることなくスマホから簡単に取引を開始できたり、サポート体制が充実しているほか、ユーザー数も多いためネット上にQAが多数記載されているので安心して利用ができる初心者向けの窓口です。

cakeはbinanceで購入出来ます。

日本の取引所ではまだ購入出来ないのでbinanceで購入しましょう。

【無料】binance確認はこちら

分散型取引所とはどのような取引所?

冒頭でご紹介したPancakeSWapとは「DEX」と呼ばれる「分散型の取引所」を指します。DEXとはDecentralized Exchangeという英語の略称語であり、従来型のパスワードキーの管理をを取引所に移管させずに、投資家である暗号資産を売買する当人自身が入力コードやパスワードキーを管理することにより、スマホなどのデバイスから手軽に売買取引を成立させるシステムのことです。

FXで言うところのインターバンクが取引の核となり、中央集権の役割を担っているという関係性です。
この中央集権に代わる団体が存在しない非中央集権型の取引を行っているのがDEXになります。一方の中央集権型の取引所のことをCEX(Centralized Exchange)と言います。

また、暗号資産の売買の多数を管轄しているのが、ブロックチェーンを扱う上でオートマチックに契約を結ぶ、中央集権型ではない非中央集権型のシステムであるスマートコントラクトです。

PancakeSwapの特徴

本章では、下記にPancakeSwapが兼ね備える魅力やポイントをご紹介します。

  • 暗号資産の取引が行われる非中央集権の分散型アプリケーションであるプラットフォームとして活用されるている「イーサリアムではないというポイント」
  • 他と比べて暗号資産のやり取りにかかる手数料が安価。

暗号資産の業界で大きな支持を集めているほか、分散型アプリケーションの取引所として広く活用されている基盤の代わりとして替えのきかない存在がイーサリアムです。
このような背景から自動マーケットメーカーと呼ばれるAMMで関与しているDEXに多く使われているのがイーサリアムブロックチェーンです。

以下は認知度の高い自動マーケットメーカーのDEXで利用しているブロックチェーンです。・DEX名 ブロックチェーン

  • Sushiswap イーサリアム系
  • Uniswap イーサリアム系
  • BurgerSwap BSC
  • MDEX Huobi系

※多くの支持率を誇るBSCタイプのMDEXというものも存在する

イーサリアムブロックチェーンがたくさんの支持率をキープしているかつDEXの多様化が進んでいます。しかし、現在のトレンドでは、一方的にBSCと呼ばれるオンラインでなくてもバイナンスチェーンが作動し、取引し続けることができる独立型ブロックチェーン「Binance Smart Chain」を「PancakeSwap」で採用しています。使用頻度からしても優秀な結果を誇っている魅力的なポイントといえるでしょう。

PancakeSwap (CAKE)の仕組みを簡単解説

pancakeSwapの基礎情報およびCAKEトークンについてご紹介します。

PancakeSwapを一言でいうと暗号資産をやり取りする際に使われる分散型のファイナンスプロトコルであるUniswapのBSCです。

Uniswapについてもう少し詳しく説明すると、高支持率を誇るDEXの1種で、1対1形式であるOTC形式がスマートコントラクト利用の取引システムを使用する上での相手になり、プール発案により、柔軟対応が可能となります。プール利用者がトークンである利息などを享受できる構造になっていて、これら一連の動きを自動マーケットメーカーといいます。暗号資産の業界ではAMMと呼ばれています。

今までDEXのウィークポイントとされてきた柔軟性の無さを逆手に取った、逆転の発想により、柔軟性を高めた享受部分をテイクすることにより、高支持率を誇るDEXの仲間入りを果たしました。

これはPancakeSwapに関してもベースは同理論です。PancadeSwapに関しても分別すると下記のポイントに分類されます。

  1. 暗号資産のSwaping
  2. 柔軟性を高めて利益を生み出す

利益をCAKEトークンとして享受可能なPancakeSwapですが、その一方で預け入れに関しても利益が享受されます。

現在、高額な取引の手数料で困っている人がDEXのイーサリアムブロックチェーンで日々、暗号資産の売買をされている投資家の皆さんです。背景には昨今の世界的な暗号資産のトレンディングに伴い、完全固定費としてのイーサリアム利用料の値上がりがあります。値上がり原因の解決策としてスキル発達が検討されていますが、暗号資産を扱う投資家からしたら余計な支出はないに越したことはありません。

投資家にとっての悩みの種として、固定費である無駄な手数料問題が挙げられますが、多くの投資家の悩みの種を解決してくれる存在として注目されているのがPancakeSwap。イーサリアムのような手数料上昇が上手く抑えられていている上に、手数料ランキングでもUniswapと比べてロープライスでコントロールされているからです。

参考として双方の基盤としての料金表を記載します。

Uniswap 0.3%
PancakeSwap 0.2%
0.03%がPancakeSwap TreasuryにPancakeSwap手数料から流れていきます

多くの顧客に満足してもらえたPancakeSwapに大きく関わった理由として、上記の要因が重なったことなどが挙げられます。

PancakeSwapの購入までの準備

PancakeSwapを使うことによるメリットなどの基礎情報について理解は深められたでしょうか。

では、実際に日本に存在する取引所でPancakeSwapを使った売買を行うためのセットアップ法からスタート法に渡るまでをお伝えします。

下記に沿った流れを踏むことによりCAKEをPancakeSwapによって手に入れられます。

ステップ1.暗号資産を日本に存在する取引窓口で買う
ステップ2.ウォレットを用意する
ステップ3.PancakeSwapにアクセス可能なウォレットなどによりMetamaskに流す
ステップ4.MetamaskとPankaceSwapの双方をドッキングさせる

また、注意事項として、近年金融庁によりアナウンスあるような日本国内に存在する取引窓口以外の取引窓口を使用することを促すことが目的ではなく、こちらでお伝えする内容は正しい内容をお届けすることを趣旨としているため、一部外国の暗号資産を使わなければいけないケースがPancakeSwapスタート時に発生することがありますが、その点はご了承ください。

それでは上記であげたそれぞれのステップについて確認していきましょう。

ステップ1 仮想通貨の購入

BNBと呼ばれるバイナンスコインが利用料決済に用いられることから、最初はこのバイナンスコインであるBitcoinを準備しなければいけません。初心者の中には知り合いからのおすすめでバイナンスコインを保有されている方も多いと思います。

一般的には暗号資産へ現金である円通貨やドル通貨、ユーロ通貨を交換してもらう手段が、バイナンスコインの準備法としてはセオリーです。日本国内の場合であれば、日本に存在する取引窓口でご自身の取引口座の手続きを行なって、現金である日本円で暗号資産を手に入れるという方法が取られます。今後の世界情勢を考えても暗号資産用口座は保有しておくと取引も可能なので作成することをおすすめします。

また、現在多くのユーザーに利用されている暗号資産の取引窓口がcoincheckであり、CMなどでも露出している満足度も優れた窓口であり、スマホなどからも簡単にやり取りが可能で、初めての方にも暗号資産を現金でやり取りもできてわかりやすくて多くのシェアを獲得していますので興味のある方はチェックしてみてください。

ステップ2 ウォレットの準備

安全面と汎用性の関係がトレードオフ担っているウォレットを用意することがステップ2です。数あるウォレットの中でも、多くのユーザーシェアを誇っているウォレットとして有名なのがMetamaskなので、下記で詳しく触れていきます。

Metamaskとは、ネットの中において、財布の役割を担うウォレットに暗号資産を預けられる場所のこと。暗号資産を保有している多くの投資家がマストアイテムとして利用していて、ブロックチェーンに関するサポート体制も備わっている優れたツールです。

下記に要約したものがPancakeSwapをスタートさせるところからMetamaskを利用するための内容です。手順としては以下のとおりです。

  1. Metamaskのサービスを始める
  2. Metamaskを利用するためのセットアップを行う
  3. PancakeSwapとMetamaskuをドッキングさせる

ステップ3 PancakeSwap(CAKE)とウォレットを同期

次に、Metamask・PancakeSwap双方のドッキング法をご紹介します。

≪PancakeSwap・Metamask双方の繋げ方≫

はじめにMetamaskuをConnectよりチョイス。
最初の流れが済んだ後に、PancakeSwapを利用することがMetamaskと繋がったことにより開始できます。

この時の暗号資産を入れる時に気を付けるべきポイントは、最初に仮入金として暗号資産を入れるときです。一箇所整合性が取れなかっただけでも、暗号資産の紛失に繋がってしまう恐れがあるので、最初は仮入金をして確認することがセオリーです。

ステップ4 PancakeSwapが購入出来る取引所

一般には日本国内ではない外国の窓口が、複数存在するPancakeswapにてCAKEを入手する際に使われ、一般に下記に記載する外国窓口でCAKEを手に入れられます。外国窓口を利用してKACEを手にする際は下記をご参考ください。

  • Bittrex
  • Binance
  • Kucoin
  • OKEx

注意事項としては暗号資産に替えてもらう際には、日本の通貨は使用することが外国の窓口では一般では不可能です。そのため、一度国内の窓口から暗号資産を手に入れて入れることが、CAKEを手にする時に踏まなければいけない手順となります。

おすすめの窓口としては、coincheckであれば国内通貨で暗号資産を手にすることができるほかに、MetamaskとPancakeSwap双方をリンクさせて利便性の高いサポート体制もcoincheckの魅力のひとつです。

PancakeSwap(CAKE)の購入ステップ

以下の流れがCAKEの購入をPancakeで行う際に発生します。

  • 好みの各国通貨に暗号資産をMetamaskによって替える
  • 柔軟な対応を好みの各国の通貨のチョイスによって発生させる
  • 柔軟な取引をスタートする時のLP優位性を表すトークンであるLPトークンが得られる
  • KACEの一層の保有

下記で個別に詳しくご説明します。

通貨ペアの選択

CAKEトークンを手に入れる際には、ペアごとに損益が違う通貨の組み合わせを選ぶ必要があります。これにより柔軟なやり取りをPancakeSwapで発生させ、与えた方が良い組み合わせが会った時には通貨チェンジをPancakeSwapの中で行います。

参考事例としては柔軟性を発生させたい組み合わせがBNB・BUSDの場合は、双方に50%・50%の割合で交換していきます。

気を付けるべきポイントとしては、締結時に少額の利用料金が発生するので、利用料の分のBNBだけは必ず残り分として保管しておくというポイントです。LPトークンを手にするためには、柔軟性を発生させる必要があります。

先ほども説明した内容として、証明書の代わりとしてLPトークンが存在しています。多種類の通貨にチェンジするためにはExchangeをメニュー内のTradeより選択します。

また、柔軟性を見出せる組み合わせが見つかった次に行う手順としてはSwapサイドのLiquidityよりトークンの組み合わせによる柔軟性の発生を促す手順を踏みます。

以上の手順を進めれば柔軟性を発生させることができます。これらの方法によりLPトークン報酬金を手にするためには、柔軟性の発生が必須条件になります。

トークンをCAKEへ交換

LPトークンを入手して、柔軟性を発生させ終えた後にFarms表記されるメニュースクリーンにログインをします。LPトークンを独自にチョイスした組み亜合わせの通貨を表示されたスクリーン投入すると、その後にCAKEが現れ、入手するには採取するという意味合いのHarvest表記されるマークを押します。CAKE Poolと呼ばれるメニューバー内に存在するPoolより入手CADEを入れることが可能です。

CAKEのチャートと今後の予想

CAKE価格において大切な意味合いを誇る部分がバイナンススマートチェーンと呼ばれるBSCの中に組み込まれているのがPancakeSwapです。対象の基盤内に存在するサポート内容に相乗効果をもたらすものが、より良く充実された基盤体制です。

これらの認知度を広めていっている基盤を与えているのがBSCなどのバイナンスが関与しています。
金額が右肩上がり中のBNBはバイナンス取引市場における基軸的存在の通貨であると言えます。

今後のさらなる成長が見込まれるので、今よりも考えられているのがCAKEの金額の上振れであり、BSCにおける成長が予想されます。

CAKEは定期的にバーンされる

75万枚が純粋に1日に増える額。そのうちの45万枚は溶けてしまっており、累計でCAKEの24時間に発行される数量は120万枚が発行されています。ハードキャップであるブロック利益のコントロール目的に対する発行にあたっての上限枚数を決めていない柔軟性の発生に重要性を見出しているのがCAKEです。

これにより、提供する絶対数をコントロールして現在の値段を保っています。一方、コントロールをストップさせてしまうと現在の値段が低迷してインフレーションが発生してしまいます。

一般的な取引所との違いはあるの?

CEXと呼ばれる基本的な中央集権取引所とDEXについて、以上を踏まえて相互性を確認してみます。

  • 確認事項 基本の取引場所 DEX
  • セルフチェックの有無
  • ハッキングリスクの危険であるか否か
  • ウォレット管理管轄 取引窓口 投資家

身元をチェックする手順が省かれたDEXは登録時にとてもスムーズなのに比べて、身元のチェック手順を踏まなければいけないKYCなどはcoincheck等の窓口で行います。その他にも、窓口がウィルス攻撃などを受けた際には痛手を被るのが、財布的役割部も窓口が担っているビットフライヤーなどの中央集権取引窓口の特徴です。

過去にも対策を実施していますが、遠隔攻撃で大きな痛手を中央集権取引窓口は被ってきて、大きな事件として取り上げられたもので言えば、マウントゴックス社と呼ばれるBitcoinやり取り最大手の企業が標的にされて多くのコインが奪われてしまったという事件が2014年に発生しました。

しかし、過去にはDEXにおいても攻撃されたという事件が発生しているものの、先ほど紹介したような事件は、管轄が各当人によってなされている分、DEXにおいては減少傾向にあります。中央集権が危険なイメージを持たれてしまいますが、しっかりと魅力部分も存在し、双方ともに一長一短ですので、それぞれの良い点と悪い点を理解した上で、どちらが自分に合っているのかを見極めることがポイントです。

また、日本の中での窓口で口座を保有していないとDEXが使えなかったりするので、日本に住んでいながらの取引は最初に中央集権窓口を介さないと暗号資産を円通貨によって替えることができません。そのため、初めての人にも操作可能なcoincheckであれば、取引口座見解説の人にも親しみやすくて安心です。

現在のCakeトークンの価格

本章では価格の動きを調べるにあたって、PncakeSwapであるオリジナルのベーストークンCAKEにフォーカスしてます。これまでにユーザー数が拡大していき右肩上がりにシェア数が成長していき、その背景にはイーサリアム利用時にかかる利用料の上昇したPancakeSwapの影響が挙げられます。

PancakeSwapが5月3日付において2020年の時点で30円前後の価格状況である結果に対して源氏では4,500円前後にまで上昇していて、その注目度が伺える他、現時価総額については約7,000億円にも及びます。

これらの結果になった原因として、ライバル関係にある高額な利用料金設定になってしまっているイーサリアムが関わっていて、それ以外にもbitcoinを始めとした暗号資産業界全体の値段が上昇していることも関与している。

まとめて比べた値動きの表を最近の30日間で表しています。

暗号資産 値動きグラフ
前期約30日間の成長具合を見るとPancakeSwapにおいてはハッキリと成長具合がみて取れますが、いずれも暗号資産価格が上昇するトレンドに影響を受けています。

cake Q&A

Pancake Swapの質問

  • CAKEが金額の低迷を起こさない理由は?
  • スマートフォンなどのデバイスからPancakeSwapをスタートできる?
  • PancakeSwapではセキュリティ面については大丈夫なのか?
CAKEが金額の低迷を起こさない理由は?
暗号資産業界でも、一般経済のように需要と供給のアンバランスによるインフレーションが懸念されます。しかし、一般経済市場では金利上昇などでコントロールするように、暗号資産業界では状況を見ながら供給量を溶かしています。

市場に出回っている母数を管理して、インフレーションを防いでいたり、ロングスパンでキープを目的とされている投資家の存在も合間って、市場の絶対量をうまく管理できているのが現状です。

PancakeSwapではセキュリティ面については大丈夫なのか?
冒頭の説明の通り、DEXと呼ばれる分散型の取引窓口がPancakeSwapになり、特徴としては氏名を一般公開せずに始められるというポイントです。一方で、過去の暗号資産関連の犯罪から学ぶのであれば絶対安全というものはこの世には存在しません。

つまり、シェアNO.1最大手取引窓口であっても、マネジメント側の不正行為によるポンジスキーム(お金を集めて逃げてしまうような案件)と呼ばれる場合があったり、マネジメント側の各種情報が明記されていなかったり、把握できない部分も多いのでそれらのことは認識しておく必要があります。

PancakeSwap利用時における適したお財布的存在のウォレットはあるのか?
下記に記載したお財布的存在のウォレットをPancakeSwap利用時には使用することが可能です。
また、本記事ではオススメとしてMetaMaskについてお伝えしました。それぞれを比較してご参考ください。暗号資産を保有されている関係で、別のウォレットを所持されている場合であり、特にウォレットチェンジをされる予定や必要性がなければ、現在所持中のウォレットとPancakeSwapを繋ぎ合わせる選択肢がスムーズです。

一方のこれから暗号資産に取り組まれる予定でウォレットをまだ保有されていない方には、当記事でおすすめさせて頂いたMetaMaskをご検討ください。