運転中の携帯電話の使用の違反と反則金

暮らし




携帯電話

ドライブ中に着信アリ、急用だったら困るからとそれに出ることは非常に危険なことで、事故にならなくても警察に発見された場合、れっきとした交通違反となってしまいます。
今回はその違反点数や反則金の額、さらにもし運転中に携帯電話を使用している状態で、事故を起こした場合、自動車保険はどうなるのかについて、説明していきたいと思います。

運転中の携帯電話の違反点と反則金

運転中の携帯電話使用による違反は2種類、携帯電話の「使用」もしくは「保持」によるものとそれによって事故を起こしたケースがそれで、

内容 違反点数 反則金
使用と保持 1点 6,000円
交通の危険を伴うもの 2点 9,000円

と、このような違反点数と反則金が課せられます。
ちなみに保持というのは、通話をしていなくても運転時には両手で確実に握っておかなければいけないハンドルではなく、携帯電話を握りその画面を見ていただけでも処罰の対象となるという意味。
都市伝説的に、「2秒なら画面を見ててもセーフ!」、なんてうわさもありますがそんなことはなく、警察官がその保持を指摘すれば、秒数に関係なくその場で違反となります。
また、この罰則が適用されるのはスマホや携帯電話だけでなく、無線機やトランシーバーなど、とにかく手を使って「保持」しないと使えない車載通信機器のすべてに適用されます。

ハンズフリー携帯でも違反?

忙しいビジネスマンや、携帯電話に注文の電話がかかってくることも多い軽運送業の方などは、手で保持しなくても電話に出ることのできる「ハンズフリー機能」を利用していることも多いでしょう。
このハンズフリーは、一般的にイヤホンマイクでの通話をするもので、この利用での通話は「保持」とならないため、国の定める道路交通法には違反しません。
ただし、都道府県によっては条例によってその使用を禁止、「安全運転義務違反」として、

違反点数・・・2点
反則金・・・9,000円

が課せられる場合があります。
外部の音と遮断されるためクラクションなどを聞き逃したり、集中力がそがれることにより歩行者や自転車などの発見も遅れ、危険回避行動がとれなくなるというのがその主な理由。
条例は年々改正されているので、ハンドフリーイヤホンマイクを使用しようと思っているときは、自分の住んでいる地域はどうなっているのか、都道府県警のサイトなどで事前に各自確認をしておくとよいでしょう。

運転中の携帯電話で事故を起こした!自動車保険はおりる?

結論から言えば、携帯電話に関しての違反によって事故が引き起こされた場合でも、自動車保険はおります。
ただし、過失責任は確実に問われ平均すると15%程度、違反者の過失割合が上がることが予想されます。
例を出せば、本来五分五分の過失割合が予想される出会いがしらの物損事故において、お互いの損害額が100万円で同等。
Aは携帯電話等使用・保持違反をしていて、Bはまっとうな運転をしていたと仮定すると下表のような保険の支払いとなります。

運転者 過失責任の変化 相手側からの補償額
A 50%→65%にUP 35万円
B 50%→35%にDOWN 65万円

加害者の立場に立った場合相手への補償は厚く、自分側の補償は不足することになりますが、金銭的な話だけでいえば、車両保険に加入することで不足分もカバーができます。