iost仮想通貨の買い方とチャート。今後の予想と取引所

仮想通貨


これから仮想通貨を始めたいと考えている人は多いでしょう。

仮想通貨の価値は全体的に上がっている状態ですが、その中でも「IOST」という仮想通貨は非常に注目を浴びています。

そこで本記事では、IOSTの特徴や人気になっている理由、価値が上昇されている要因などを徹底解説しました。

これから仮想通貨を始めたいと考えている人や、IOSTに興味を持っている人は是非最後までご覧下さい。

IOSTとは?

IOSTという仮想通貨は、第三世代のブロックチェーンを目指して開発された、”Proof of Believability“を基盤とする分散型ブロックチェーンネットワークです。

ちなみに、IOSTは非営利財団で、アメリカの大学でコンピューターサイエンスを学んで、シリコンバレーで成功した起業家が集まって結成されました。

現時点で、国内でIOSTを取り扱っているのはコインチェックだけになっています。

IOSTの4つの特徴

それでは、IOSTの特徴を4つに厳選して解説していきます。

これから紹介する4つの特徴を理解して、IOSTが注目されている理由を確認しましょう。

  • コンセンサスアルゴリズムが採用されている
  • 開発言語はJavaScript
  • PoBの活用でセキュリティの向上
  • 処理速度が速い

コンセンサスアルゴリズムが採用されている

IOSTのブロックチェーンは、「Believability」という独自のコンセンサスアルゴリズムが採用されています。

ビットコインやイーサリアムなど有名な仮想通貨は「PoW」というコンセンサスアルゴリズムを採用していて、取引量が増えると負荷が増大になって処理が重くなり手数料が高くなるなどのデメリットがあります。

それに比べて、IOSTが採用している「Believability」というコンセンサスアルゴリズムは、取引量が増えても早く処理を行うことが可能です。

開発言語はJavaScript

IOSTは、多くのプログラマーが使用している需要の高いJavaScriptで開発されています。

JavaScriptというプログラミング言語が採用されていることで、参入障壁が低く多くの開発者の受け入れ拡大を目指しているのが特徴です。

開発者が増えることによって、さらに利便性が向上するというメリットがあります。

PoBの活用でセキュリティの向上

IOSTは非中央集権を実現できる「PoB」というコンセンサスアルゴリズムを採用していて、分散型経済のセキュリティを担保することができます。

仮想通貨はセキュリティが非常に重要で、脆弱性があるとサーバー攻撃やウイルス攻撃を受けるなどの危険性が高いです。

しかしながら、IOSTはセキュリティが担保されている状態なので安心だと言えるでしょう。

また、セキュリティと同時にスケーラビリティという問題が発生しますが、IOSTはEDSと呼ばれる技術を採用して解決しています。

少し専門的で難しいですが、IOSTはセキュリティとスケーラビリティの問題を、「PoB」や「EDS」というコンセンサスアルゴリズムや技術で解決していると覚えておきましょう。

処理速度が速い

何度か紹介していますが、IOSTの最大の特徴は何と言っても処理速度が早い点です。

例えば、イーサリアムは1秒間に15件の処理を行えるのに対して、IOSTは1秒間で8000件の処理を行うことができます。

処理速度が早いということは、支払い処理の際に必要な時間が圧倒的に短縮されるなどの非常にメリットが大きいです。

 

IOSTが急激に人気になっている理由

先ほどはIOSTの特徴について解説しましたが、これからは急激に人気になっている理由について解説していきます。

  • 採用されている技術が他の分野で活用できる
  • IOST財団が多くのプロジェクトに関わっている
  • 上場で知名度が上がっている

採用されている技術が他の分野で活用できる

IOSTで採用されている技術は、他の分野でも十分に活用することができると言われています。

例えば、クレジットカードの決済の処理速度の上昇や金融商品・資産を始めとするプロジェクトでも活用することが可能です。

またIOSTで活用されているブロックチェーンの仕組みは一般公開されているので、有用性はかなり広まっています。

採用されている技術が他の分野で活用できるということで、IOSTは急激に人気になっているようです。

IOST財団が多くのプロジェクトに関わっている

IOSTの仮想通貨を取り扱っているIOST財団は、現時点で非常に多くのプロジェクトに関わっています。

例えば、大学と連携を取ってプロダクト開発を行ったり、医療機関や自動車業界の実験にも活用されているようです。

多くのプロジェクトと関わることによって知名度が上がり、多くの人にIOST財団が知れ渡るようになりました。

IOSTの技術は汎用性が高く多くの場面で利用できるので、これからも多くのプロジェクトに関わることになるでしょう。

上場で知名度が上がっている

IOSTは以前から海外で注目を浴びていましたが、国内での認知度はそこまで高くありませんでした。

しかしながら、2020年にコインチェックがIOSTを取り扱い上場したことによって、国内の認知度が広がり人気が上昇します。

それだけでなく、インドネシアなどアジア圏での取引が活発化されたことで、世界中に認知されることになって人気が爆発しました。

これからも多くの国で取り扱いが始まると予測されているので、非常に注目するべき人気の仮想通貨と言えるでしょう。

IOSTの価格が上昇すると予測される要因

先ほどはIOSTが急激に人気になっている理由を紹介しましたが、それに伴って価格も上昇すると予測されています。

そこで、IOSTの価格が上昇すると予測されている要因を4つに厳選して解説しました。

これから仮想通貨を始める人やIOSTの購入を検討している人は、是非チェックしておきましょう。

  • DeFiと相性が良い
  • 活用されるプロジェクトが多い
  • エアドロップによる価格上昇
  • IOSTの認知度が上がっている

DeFiと相性が良い

IOSTは2019年にDeFiに参画していて、お互いのブロックチェーン技術やコンセンサスアルゴリズムが非常に相性が良いと注目を浴びるようになりました。

※DeFiとは分散型金融を指しています。

金融関係はセキュリティが非常に重要で、サイバー攻撃やウイルス攻撃には最新の技術で対抗しなければいけません。

IOSTのブロックチェーン技術やコンセンサスアルゴリズムは、最新の技術によってサイバー攻撃やウイルス攻撃を受けても問題ないと言われています。

DeFiはセキュリティが非常に強いIOSTが参画したことによって、市場のプレイヤーが大幅に増えました。それに伴って、IOSTの価値も上がったようです。

これからもIOSTは積極的にDeFiに参画していくようなので、お互いに価値を高めあっていく形になるでしょう。

活用されるプロジェクトが多い

IOSTは汎用性のあるJavaScriptで開発が行われているので、他のプロジェクトでも活用することができます。

実際にIOST財団では、定期的にIOSTが活用されたプロジェクトを発表しているので、非常に多くの人から認知されるようになりました。

技術の汎用性があるということで、これからも多くのプロジェクトに活用されて、価値が上昇する可能性は十分に考えられるでしょう。

もしIOSTについて詳しく知りたいと思うのであれば、定期的に開催されている講義に参加してみるのも良いですね。

エアドロップによる価格上昇

エアドロップによってトークンを無料で貰えることを目的としてIOSTを購入する人も増えるので、価格が上昇する可能性はあると言えるでしょう。

注意点としては、エアドロップによって絶対にトークンが配布される保証はありません。エアドロップでトークンを無料で受け取ることができるのかは、事前に確認しておくことが大切です。

しかしながら、IOSTは定期的にエアドロップを行っていて、その際にクーポンを貰えるので価格が一気に上昇します。

エアドロップに対して悪い印象を持っている人も一定数は存在するようですが、基本的には認知拡大やユーザーへの感謝としてのキャンペーンとして採用される行為なので、デメリットは特にありません。

価格が上がっているタイミングで購入したいと考えているのであれば、エアドロップの時を狙いましょう。

IOSTの認知度が上がっている

先ほども紹介したようにIOSTの認知度が世界的に広がっていることによって、購入をしたいと考える人も増えて価格が上昇傾向にあります。

仮想通貨は非常に多くの種類がありますが、全てに価値がある訳ではありません。むしろ、認知されていない仮想通貨は全く価値が無いので、全く購入されないのが現状です。

しかしながら、IOSTは汎用性のある技術で作られているので、これからも様々なプロジェクトで活用されると予測できます。多くのプロジェクトでIOSTが採用されることによって、さらに認知度が広がり価格は上昇することになるでしょう。

それだけでなく、IOST財団も活発的にプロジェクトなどを行なっているので、これらの活動からもIOSTの認知度が広まると予測されています。

これからも認知度が広がって価値が上がっていくと判断したのであれば、IOSTは非常におすすめです。

IOSTの今後の見通し

それでは、IOSTの今後の見通しを解説していきます。

  • 取引所が増えていく
  • 仮想通貨以外の分野でも活用される

取引所が増えていく

IOSTは2020年からアジア圏で取引所が増えていきましたが、現在の人気や知名度を考慮すれば、恐らく世界中に取引所が増えていくと予測されます。

現時点では日本だとコインチェックしか取り扱っていませんが、これから違う取引所でも取り扱われる可能性は十分に考えられます。

また、現時点でIOSTを取り扱っていない国の取引所が、取り扱いを始める可能性も十分に考えられるでしょう。

現状の人気や知名度を維持していくのであれば、IOSTを取り扱う取引所が増えていくと予測できます。

仮想通貨以外の分野でも活用される

IOSTの技術は汎用性のあるJavaScriptで開発されているので、他の分野でも活用されていく可能性が非常に高いです。

実際に、現時点でセキュリティが強いので金融分野で技術が採用されています。まだまだ活用されている分野は少ないですが、JavaScriptの汎用性を考慮すると、これからは非常に多くの分野で活用されるはずです。

様々な分野で活用されると認知が広がっていくと予測できるので、価値が上がる可能性は高くなります。

これからIOSTの購入を検討している人は、どのような分野で活用されていくのか注目して確認しておきましょう。

IOSTの購入方法

今までの記事を読んで、IOSTを購入したいと考えている人は多いでしょう。

国内でIOSTを取り扱っているのがコインチェックをだけなので、購入するにはコインチェックのアカウント登録と口座開設を行わなければいけません。

コインチェックのアカウント登録と口座開設を行う方法は、「アプリ」と「WEB」のどちらからかで申し込みをする必要があります。

基本的には、申し込みに難しい操作は必要なく、住所や電話番号などの基本的な個人情報を画面に沿って打ち込んでいくだけです。

申し込みが終わると数日後にコインチェックからはがきが届くので、それを受け取って最終確認をするとIOSTを購入できるようになります。

まとめ

本記事では、IOSTという仮想通貨の特徴や人気になっている理由、価値が上がっている要因などについて徹底解説しました。

仮想通貨の大半は価値を上げて認知を広げることができず苦労しますが、IOSTは近年で非常に注目を浴びる仮想通貨の1つになっています。

認知度や価値が上がっている要因は複数ありますが、最も大きな要因は汎用性の高い技術を採用している点でしょう。幅広い分野に活かせる技術なので、様々なプロジェクトに技術が活用されています。

しかしながら、ビットコインなどに比べると認知度はまだまだ低いと言えるでしょう。実際に、日本でIOSTを取り扱える取引所はコインチェックのみになっています。

これからIOSTがどのような形で世界中から認知を広げて価値を上げていくのか注目です。