保育士転職おすすめランキング。保育士を辞めたい人は絶対読め

転職


保育士からうまく転職するには?

保育士専門の求人サイトは色々あるので、求人が出されやすい時期を見極めて、応募することが必要です。また、今現在働いている保育園や幼稚園での辞職をする時期についてもあらかじめ決めておくことも必要です。

転職するにあたって考えておくことは、失敗しないように前準備を入念にしておくことです。転職先の職場の環境が悪かったり、給料が前の仕事よりも安かったりすると、転職した意味がなくなってしまいます。

他には、働いている仕事の同僚や上司とトラブルにならないようにすることです。円満な形で退職できるようにしましょう。トラブルの元になるケースは、今から1週間後に辞めたいという急な要求を一方的に上司に伝えて、そのまま辞めてしまうなどがあります。

基本的には退職の1か月前に直属の上司に伝えることで、向こうも求人を出す余裕ができるので、なるべく急な退職願は避けるようにしましょう。

保育士から転職しやすい職業は?

まず介護の仕事は求人が多くて、面接も通りやすい職業の1つです。介護福祉士の資格があれば、給料面でも信頼面でも向上するので、余裕があればとれるようにしましょう。

保育の知識や技術を活かしたいなら、学童保育や託児所などの子供の面倒をみる職業もあります。最近までは、学童保育は資格がなくても不利にならずに働くことができました。しかし放課後児童支援員の資格が出来てからは、資格がない人と比べて、給料などに差が出ることになりました。

ある会社の職場内の保育スペースでは、保育士を雇って会社員の子供を預かるという取り組みも始まっています。病院でも看護師の子供を預かる場所が設けられているので、会社で働く親御さんにとっても職場に子供がいるので、その様子を安心して見ていられます。

保育士を辞めたいなら必見の保育士転職ランキング

 

第1位:保育ひろば
求人数 約10,000件
対応
エリア
全国
取扱う
雇用形態
正職員・パート・派遣社員
利用料金 無料
運営会社 株式会社ネオキャリア
主な特長 チャット形式にて担当コンサルタントとやりとりが可能。履歴書の作成まで行い、
都会への上京もサポートしてくれる。

 

第2位:マイナビ保育
求人数 約7,000件
対応
エリア
関東中心
取扱う
雇用形態
正社員・契約社員・パート、アルバイト
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
主な特長 関東地方の求人情報を多く取り揃えている。直にコンサルタントと面談が出来るの
で、その場で相談したいことを伝えて、瞬時に回答を得ることが出来る。

 

第3位:ほいく畑
求人数 約4,100件
対応
エリア
全国
取扱う
雇用形態
正社員、契約社員、派遣・パート、紹介予定派遣
利用料金 無料
運営会社 株式会社ニッソーネット
主な特長 妊娠・出産で退職していた方の就職もサポート。未経験の仕事も多数紹介してくれる。

 

第4位:保育のお仕事
求人数 約11,000件
対応
エリア
全国
取扱う
雇用形態
正社員、契約社員、派遣社員、非常勤・パート
利用料金 無料
運営会社 株式会社ウェルクス
主な特長 他の求人サイトに掲載していない情報も公開されていることがある。職場の詳細な情報を送ってくれる。

 

第5位:ほいくジョブ
求人数 約7,100件
対応
エリア
全国
取扱う
雇用形態
正社員、契約社員、派遣社員、パート
利用料金 無料
運営会社 株式会社プレアデス
主な特長 地域の求人情報も多数ある。履歴書のチェックや面接日程、待遇交渉のサポートなども充実している。

保育士バンク

保育士バンクの特長は都内だけでなく、地域での求人情報も多く取り寄せてくれます。電話での面談にてアドバイザーと話し合いを行いますが、アドバイザーとの馬が合わない場合は、チェンジすることも可能です。

マイナビ保育

マイナビ保育は、関東を中心に求人情報を提供している転職サイトです。東京などで保育士を目指したい方は、このサイトが圧倒的に情報を仕入れてくれるので、1番合いそうな職場を決めやすいです。

マイナビ保育では電話だけでなく、直接の面談もしているので、対面での面談のほうが聞きたいことを引き出しやすいという方にはお勧めです。

保育ひろば

保育ひろばの強みは、担当コンサルタントとのコミュニケーションにおいて、チャットを使ってやり取りができることです。対面や電話での面談が苦手な人には、お勧めできる転職サイトです。

履歴書を作成してくれるサービスもあるので、転職先への面接の準備の負担が軽くなります。
コンサルタントが積極的にサポートしてくれるので、早い目の転職を希望している方には特にお勧めです。

ジョブメドレー

ジョブメドレーの特徴は、医療や介護の仕事の求人情報を多く提供しているところです。特に介護職の求人が多く紹介されているので、介護・医療業界に興味のある方には特にお勧めのサイトと言えます。

転職先がもし決まれば、お祝い金を受け取れるところが、このサイトの長所とも言えます。一部の職種や地域によっては、求人が偏っていることがあるので、担当のコンサルタントに希望の職種を先に伝えておきましょう。

保育士の転職適齢期と時期

転職というのは、何歳でも受け入れてくれる企業が多くあるというわけではありません。20代をピークに歳を重ねるにつれて、転職先が見つかる可能性が低くなるのです。

女性の保育士では、働き盛りの20代から30代で結婚、妊娠、出産といった時期となるので、そのような時期に一時的に仕事を辞めて、職場に復帰することは、簡単にはいかないケースがまだあります。

男性の保育士でも転職することの難しさは多くあります。保育士の資格以外にも資格やスキルがなければ、女性の採用率が高い保育士と類似する職種に就くことは簡単にはいきません。

求人が多い時期が重要

求人が多くなる時期は、おおよそ1、2月です。求人数がピークを迎える前に退職する段取りをしておくことが必要です。

転職サイトならアドバイザーやコンサルタントから各地域の求人情報を仕入れてくれるので、転職したい保育園やその他の職業の求人が多い時期がいつなのかを正確に知らせてくれます。

現在働いてる保育園を辞めるタイミング

保育園は他の職業と違って、来年度も同じ職場で働きたいか上司から聞かれます。そのタイミングで保育園を辞めるかどうか決めておくといいでしょう。要望を聞かれる時期は、おおよそ6月から10月と言われています。
保育園によって違ってくるので、今現在働いている職場は、何時ごろに聞かれるのか把握しておきましょう。

しかし、7月に来年度のことを聞かれて、辞めることはないと答えても来年になって、どうしても辞めたいことがあるはずです。そのようなときは、他の職業でも同じように最低でも退職から一か月前までには、上司に辞めることを伝えることが必要です。

何故保育士を辞めたくなるのか?

他の職業でもそうですが、人間関係からのストレスや上司からのパワハラなども関わってきます。新しい職業に就いて、その環境に慣れてくると、責任ある立場になることは、必然的にやってきます。

保育士も需要の多い職業の1つなので、1人で多くの園児を見なければいけません。子供の行動は、予測がしにくいことが多いので、危ないことをしたり、危険な場所に行ったりすることもあります。

幼児に比べると、乳児のような手間がかかるわけではないですが、多くの子供の面倒をみることは重労働となり、職員の負担が重くのしかかります。介護現場でも1人で多数のお年寄りのお世話をするのは、人によっては体力的に限界があります。

学校でもありがちなモンスターペアレントの存在も職員を疲弊させる要因の1つです。俗にいうクレーマーですが、無茶な要求をしてくることがよくあるので、感情的に恫喝のような態度で迫られると、精神的にやられてしまいます。

給料などの待遇の面でも不満があって辞めたくなることは多いです。一般企業のサラリーマンの平均は、ボーナス抜きで月収30万円以上に比べて保育園の職員は、20万円以上と言われています。

10万円以上の差があることで、やりがいはあっても給料に見合わないとのことを理由に別の職種に挑戦したり、保育園と同じくらいの給料でもいいので、せわしなくない仕事に就きたいと考える人が多いのです。

1歳児30人のクラスを受け持つのは厳しい

乳児・幼児の時期の子供を受け持つのは大変です。子供の行動や一人ひとりの状態を全て把握しておかなければならないのは、容易なことではありません。

複数担任で30人もの園児を担当するのは当たり前ですが、1人で20人もの園児をみることもあります。1人で多くの園児のお世話をするのは体力面・精神面でかなり苦労します。

責任も重大なので、親御さんや近隣の住民からクレームがあった場合、矛先が集中して上司からも叱責を受けたりしてしまいます。

複数の担任で回すときは、相手との価値観をうまく合わせるよう妥協点を探る必要があります。上手くいかないと、人間関係がそこで悪くなり、パワハラを受けたりすることがあります。

理不尽なモンスタークレーマー

クレーマーというのは、突発的に発生するようなイメージを持ちますが、実は職員のミスの積み重ねによって、保護者からの不満が溜まり、苦情が押し寄せることもあります。

例えば、保育園の中での食事中に園児の服についた汚れを何の対応もせずに放置することや園児が転倒して怪我をしていることに気付かないなんてケースがあります。

当たり前のことをしていれば、その分クレーマーが増えることはまずないですが、理不尽なことを言って保育園や幼稚園を困らせる保護者も一定数います。

保育園の行事の予定を家族旅行に行きたいからずらしてほしいことや怪我がないように子供をずっと見ていてくださいなんて、後者はともかく前者に関しては、無茶な要求をしてくる親御さんも中にはいます。

人の価値観はそれぞれなので、その人は満足していても一方の人は不満だったということもあります。それは何故かと言うと、親御さんそれぞれの保育園に対する期待値が違うからです。

親御さんだけでなく、近隣住民からのクレームも多くあります。特に多い苦情内容は、子供が遊ぶ音や声がうるさいといったことです。

自分のテリトリーだけを大切にするやや自己中心的な人たちは、近年になってよく見られています。核家族化になって、周りの人と関わる機会が減ったことから、他人といっても助け合うという精神が薄れている現状にあります。

仕事内容と給料が合わない

需要はあるのに何故保育士の給料が安いのかというと、国や保育料で賄われる財源が限られているためです。認可保育園では、国からの援助で給料がそれなりにはもらえますが、認可外保育園では、国からの援助が受けられないので、保育料だけでの財源のみとなります。そのため認可保育園よりも薄給となるのです。

我が国の政府では、保育士の処遇改善を謳って、給料面や仕事量の改善を図ろうとしていますが、2013年以降のデータでは、右肩上がりに保育士の数と給料が増えていることが分かっています。

このことから、給料面の問題が上向きに改善されれば、保育士になりたい人も増えてくることが期待できるのです。保育士へのニーズが高まれば、仕事量の問題も改善されるはずです。

それでも女性保育士は、一般企業で働く社員と比べても年収の差が50万円くらいはあります。月収にしても4万円もの差があるので、給料だけの面でも不満がある職員は多いのが現状です。

保育士の仕事の大変さは、待機児童問題にも関わっています。ここまで待機児童が多い理由は、職員の数が少ないために、園児を収容できる人数が制限されていることも挙げられます。

1人で20人以上もの園児を見られるわけがないので、キャパオーバーとなり、入園できる数が制限されてしまうのです。特に都会での待機児童の多さは群を抜いているので、保育士へのニーズが更に増えない限り、この問題が解決することは難しいでしょう。

休みが取れない

仕事の量が多いことで、残業となるケースはよくあります。子供のお世話以外にも行うことはたくさんあります。パソコンを使ったデスクワークも保育園で働いたことがない人にとっては意外にあります。

残業代が支払われないサービス残業もよくあり、給料も安いので、保育士が辞めてしまい、更に人手不足に拍車がかかることになります。

保育士経験がない方は、子供を夕方に親御さんへ送り届けるまでが仕事というイメージを持っていますが、それだけではありません。
行事に関する資料の作成や保護者あての連絡帳に記帳したりとしなければいけないことがたくさんあります。

保育士を辞めたいのにやめられない人はどうすればいい?

保育士を辞められない原因としては、園の存続が危ぶまれるほどの職員の人数の少なさが挙げられます。そんなときは、誰も退職できない雰囲気が漂うと思います。

そんな事態で保育士の体調が崩れるということやサービスの低下が懸念されるのですが、なるべく園と気まずい関係にならない円満な退職方法をとりたい方が多いはずです。

周りに自分が辞めることを聞かれることもあると思います。盗み聞きや又聞きしていた同僚などから嫌味やいじめに繋がる恐れがあるので、慎重に段取りを決めておくことが必要です。

はっきりと「辞めたい」と伝えるのは悪手です。その例は、引き止められる可能性が高いです。基本的には、建前となる退職理由をある程度考えて、上司に伝えることが必要です。本音は胸の内に閉まっておきましょう。

転職サイトでは、担当のコンサルタントから様々なアドバイスを受けることが出来ます。今の胸中をそのまま率直に伝えて、新しい環境で働きたいことを相談しておきましょう。

保育士の平均給料はどれくらいなの?

保育士は、公立、私立ともに月収がボーナス込みで平均約30万円となっています。主任までになると、10万円以上は上がります。これは常勤での統計で、非常勤なら常勤の10万円以上は下がります。

都道府県別での保育士の平均年収は、東京都が約430万円とトップで、1番低いのが山形県で、約310万円となっています。需要の高い東京都がトップなのは分かりますが、山形県が1番低い年収なのは、なぜなのかということに着目したいと思います。

需要が低いために薄給となっているだけなのかは分かりませんが、保育士の人数が少ない故に給料もそれに比例して、減少しているのかもしれません。

年齢別にみてみると、20歳から働きはじめるとして、月収は20万円からスタートするとします。中堅に差し掛かる25歳になると、だいたい22万円と、約2万円昇給してきます。それに加えてボーナスも1.4倍ほど上がります。

5年句切りで給料やボーナスが顕著に上がってくることが分かりますが、やはり一般企業の月収と比べると、見劣りしてしまいます。

役職が主任や園長になると、当然給料は上がりますが、それまでに勤続年数を20年以上は重ねなければいけません。園の環境が悪いと、働き続けることは簡単なことではありません。

保育士の仕事内容は他の仕事と比べて大変?

保育士の仕事は、人手不足が深刻なので、非常に苦労するイメージが持たれていますが、他の仕事と比べてみることにします。

保育士の仕事内容は、園児の食事やトイレのような日常では当たり前に行う習慣のサポートと提供をします。遊びやお昼寝の時間といった、子供の健康を意識した時間も取り入れており、規則正しい、節度ある生活環境にすることを重視しています。

保護者には、その生活の中での子供の様子や気になったことを逐一報告します。それ以外にも保護者に渡す資料の作成や連絡ノートに所見などを記入したり、季節ごとの行事の計画と作成、実施を行います。

園内での掃除や地域との交流をして、保育園を身近に感じて親しみを持ってもらう取り組みも行っています。保育士は研修も行っており、他の保育園の考えや取り組みに関して学ぶことで、自身のスキルアップにもつながります。また他の園の良いところを真似することで、働いている園のイメージアップにもなることがあります。

介護士と比べると、給料に関しては、保育士の年収とあまり変わらないというデータが出ています。
残業も多くて月5時間未満や全くないといったアンケート結果も出ていますが、残業は家に帰ってしている方も多いので、鵜呑みにはできないかもしれません。

事務職との比較では、真っ先に給料の差があります。残業も少なく、休暇もとりやすいのがメリットといえます。デスクワークが多いので、体力を使うことが少ないことも女性にとって転職したい職業といえます。

保育士の資格の価値はどれだけあるのか?

保育士の資格は、専門学校で2年間通学して卒業と同時に受け取ることも出来ます。他に国家試験にて受験をして合格すると資格が得られます。

介護福祉士も保育士と似たような過程で国家資格を得られますが、薬剤師や看護師などの高難度の資格と比べると、人によっては見劣りしてしまいます。

保育士の資格は、あった方が就職や自身のイメージを良くするのに有利となります。しかし、待遇面で他の国家資格で就職できる職業と差があるので、その価値が保育士の中で薄れていることがうかがえます。

価値はないこともないし、働ける場所はいくらでもあるが、待遇面の改善をしてほしいという声は圧倒的に多いです。

保育士をやめたくなったらどうする?

保育士が人間関係のトラブルや給料面や仕事量の不満で辞めたいという時には、信頼できる仕事仲間や友人、家族に相談することがストレスのはけ口にもなるし、精神的に安定することが期待できます。

給料面の不満では、今の役職から昇進して上を目指すことや転職して今より給料の高い職業に就くことがあります。仕事量の不満でも業務の効率を上げることで、比較的早く仕事が完了する可能性があります。

例えば、行事予定などの資料作成や保護者宛ての連絡を電子媒体を使って作成し、一斉送信するなどの方法があります。これなら紙媒体で資料を作成する手間が省けて、残業時間の短縮に繋がります。

表面上では少ない残業時間ですが、家に持ち帰って仕事をするケースは多くあります。その時間も短縮できるので、その分をプライベート時間に割り当てて、生活状況にゆとりを持たせることができます。

人間関係で悩んでいる場合は、苦手な職員や保護者に対して、あえて笑顔と敬語で乗り切りましょう。笑顔でいることにより、相手からの叱責などが少なくなるはずです。

私語のような馴れ馴れしい言葉で距離を無理に近づけようとせず、距離をある程度保った状態で、色んな価値観や考えを持っているということを念に置いて接するようにします。

言い争いに発展しそうだと思えば、一度その場から立ち去って、空を見上げて深呼吸してみましょう。頭が冷えて冷静になれるはずです。

それでも改善の傾向が見られない場合は、思い切って転職する段取りをしておきましょう。同じ保育園や幼稚園への転職なら需要はたくさんあるはずなので、国家資格があるうちは、転職サイトを利用すれば苦労はしないでしょう。