はたの法律事務所の口コミと評判

暮らし


はたの法務事務所について解説

はたの法務事務所は大阪で金銭問題、借金問題に強いと評判の法律事務所です。

代表者 認定司法書士 幡野 博文
司法書士会/登録番号 東京司法書士会/東京 第1545号
所在地(東京本店) 〒167-0051東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階(受付)・6階
所在地(大阪支店) 〒532-0011大阪府大阪市淀川区西中島4-11-21 新大阪コパービル303

※最寄駅:御堂筋線 西中島南方駅 徒歩4分 JR新大阪駅徒歩8分

営業時間 電話:平日10:00~22:00/土日祝:10:00~22:00
メール:24時間365日無料
対象地域 全国どこでも(無料出張可能)
債務整理の業務内容 任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求
無料相談 可能

はたの法務事務所の価格はどのくらい?

はたの法務事務所の料金体系について紹介します。

着手金は無料で任意整理であれば基本報酬として1社20,000円から依頼可能です。

着手金が必要な法律事務所も多いですが、着手金無料なので安心して相談することができます。

任意整理 着手金:無料
基本報酬:20,000~円/1社
減額報酬:減額分の10%
個人再生

着手金:無料
報酬:35万円~
個再委員の費用:20万円~
自己破産 着手金:無料
報酬:30万円~(少額管財事件の場合+20万円~)

はたの法律事務所料金が低く、安心価格

任意整理 着手金:無料
基本報酬:20,000円~/1社
減額報酬:減額分の10%

はたの事務所は業界でもかなり報酬が安い事務所です。

普通の事務所であれば着手金だけで30,000円以上取られる事務所もあります。

着手金は業務を依頼する時に前払いですから、ただでさえお金の問題で苦しんでいる依頼者にとっては厳しいものがあります。

しかし、着手金0円のはたの事務所であれば、報酬の前払いに関しては心配いらないでしょう。

相談は完全無料でOK

はたの事務所は相談が完全無料です。

いまどきは法律事務所で相談をした場合、30分で5,000円という事務所も珍しくありません。

しかし、これも着手金同様、ただでさえお金の問題で苦しんでいる依頼者にとっては厳しいものがあります。

通常債務整理の相談は1時間以上かかることもあります。

業務を受任しようと、相談で終わろうと10,000円かかると考えると、お金の問題で悩む依頼者にとっては、やはり大きな負担となります。

しかし、はたの事務所は完全無料で相談に対応してくれます。

また、平日に相談が厳しい方でも、休日なども対応してくれるので、安心です。

ここまで手厚いサービスを提供してくれているのは、受任件数が多く実績豊富な事務所だかたと言えます。

そして、何より依頼者が金銭問題を抱えていることに配慮して、可能な限り負担を減らして生活再建に向けて歩みだして欲しいという考えが読み取れます。

初期費用はかからないし、分割払いもできる

はたの事務所は着手金、相談料金などの初期費用がかかりません。

任意整理は借金で生活に影響が出ている人が相談に訪れます。

既に生活が厳しくお金がないのに、着手金や相談を支払うとなると依頼者にとっては大きな負担です。

しかし、はたの事務所であればこれらの初期費用がかかりません。

完全無料で対応してくれる良心的な事務所です。

事務所名 事務所種別 任意整理の費用(総額)
東京ロータス法律事務所 弁護士事務所 ¥45,000
名村法律事務所 弁護士事務所 ¥45,000
アース法律事務所 弁護士事務所 ¥43,000
アディーレ法律事務所 弁護士事務所 ¥50,000〜
アヴァンス法務事務所 司法書士事務所 ¥60,000
はたの法務事務所 司法書士事務所 ¥50,000

これは他の任意整理が得意な事務所の着手金の一覧表ですが、はたの事務所がかなり良心的な価格設定をしていることがわかります。

さらに嬉しいのは報酬の分割払いができるという点です。

毎月少しずつ報酬の支払いができれば安心して、依頼をすることができます。

全国出張対応ができる

はたの事務所は任意整理、個人再生、自己破産など全国規模で対応しています。

全国出張対応してくれるので、遠方の方でも金銭問題の専門家を活用して、自身の問題を解決することができます。

はたの法務事務所の良い部分、悪い部分を口コミで徹底解説

はたの法務事務所のいい口コミ

◆女性 35歳 パート社員◆

私はシングルマザーで子育てをしています。

パート先での収入が少なく、食べ盛りの子供たちにはしっかりとした生活を送って欲しいので生活費の足しにカードでキャッシングをしていました。

最初は30,000円だけ借入をして、すぐに返そうと思っていたのですが、翌月もお金が足りずという状況を繰り返しているうちに400万円の借入となっていました。

リボ払いにして返済の負担を少なくしていましたが、元本が全く減っていないことが恐ろしくなり、友人に勧められて相談を決めました。

おかげで利息部分を見直して返済額を減らすことができました。

生活を再建することができ、気持ちももとにもどったので、今では少しつですが繰り上げ返済を行っています。

悩んでいる方であれば早めに相談するのがベストです。

◆男性30歳 会社員◆

会社員をしていて、それなりに給料ももらっていました。

ただ、キャバクラにはまってしまい、かなり借金が増えてしまいました。

ボーナスで補填して返済をしていましたが、それも厳しくなり内緒で相談できるということで、相談をしました。

僕の場合は返済できるレベルだったので、返済スケジュールや利息分をカットすることで、5年と時間がかかりましたが完済をすることができました。

相談も親身に乗ってもらい、様々な返済方法を提案してもらうことができました。

秘密も厳守だったので安心して相談することができました。

はたの法務事務所の悪い口コミ

◆女性30歳 事務員◆

契約を急かされるような感じがしました。

ほかの事務所にも色々と相談をしたかったのでマイナス印象でした。

あとは特に問題なかったのですが、どうしても最初の印象がイマイチだったのでこの評価です。

ただ、実際に業務を依頼するとかなり丁寧に説明もあり、納得したうえで依頼をすることができました。

はたの法務事務所に相談をする手順を徹底解説

はたの法律事務所に相談をする手順を徹底会解説します。

はたの事務所では①電話、メール、公式サイトから無料相談の申し込みを行います。

◎申し込み事項

1)氏名(必須)

2)電話番号

3)メールアドレス(必須)

4)住所

5)電話折り返し希望日・時間

6)相談内容

そして、②電話やメールで相談を行います。

この時には借金の総額、借入先、借入期間、支払いが遅れていないか、毎月の収入状況などを聞いてもらいます。

この時には自分の疑問点などあれば、しっかりと質問をして、自分の言いにくい情報も隠さずに伝えるようにしましょう。

手続きを依頼すると金融機関や金融業者に受任通知が送付されて、返済の催促が止まります。

③はたの法務事務所に所属する司法書士と面談して業務について依頼をします。

面談は1時間程度になり、依頼者の経済状況なども考慮して一番ベストな整理方法について提案を受けることができます。

そして、契約して業務を依頼することで金銭問題に関する手続きを進めてもらうことができます。

はたの法務事務所は債務整理が得意な法律事務所

はたの法務事務所は金銭問題に強い事務所です。

司法書士事務所として第一線で35年以上運営、全国の金銭問題について10万件以上の相談実績があります。

ここまで金銭問題に精通した事務所であれば、金銭問題についてベストなアドバイスが期待できますね。

また、業界からも金銭問題の解決に尽力したということで、表彰も受けています。

はたの法務事務所の2ch での口コミや評判

インターネット掲示板の書き込みをみてみると、はたの法務事務所への書き込みが見受けられました。

一つは全国対応とうたっているが、本当に金銭問題の全国対応などできるのか、という不安の声でした。

まず、金銭問題の解決は現在では郵送手続きや電話を通じて金融業者とやり取りできるので、この点は心配ないでしょう。

その証拠に全国で多数の金銭問題の解決実績があります。

また、司法書士なのに弁護士のように任意整理や個人再生、自己破産の手続きができるのかという意見もあるようです。

これは司法書士の中でも一定の認定を受けた認定司法書士であれば、140万円を越えない範囲の任意整理などであれば業務を依頼することができます。

また、これは債務の総額ではないので、1社からは130万円、もう1社から130万円という場合であれば。それぞれについて依頼をすることができます。

過払い金請求も同様で140万円より下の金額であれば依頼可能です。

このように140万円という一定の制約はつきますが、弁護士と同様に金銭問題の業務を行うことができます。

任意整理や過払い金請求については司法書士と弁護士の違いの部分がわかりました。

では自己破産や個人再生についても司法書士は業務を行うことができるのでしょうか。

これについては法律に定めらっれており、司法書士法で自己破産、個人再生の申立書の作成代理人としてサポートをすることが認められています。

この点については書類の作成だけに限らず、破産の申し立てから免責を受けるまで総合的にサポートをしてもらうことができます。

なお、弁護士であれば本人の代理人として、本人に代わってすべての手続きを行うことができます。

はたの法務事務所の特徴を徹底解説

代表者 認定司法書士 幡野 博文
司法書士会/登録番号 東京司法書士会/東京 第1545号
所在地(東京本店) 〒167-0051東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階(受付)・6階
所在地(大阪支店) 〒532-0011大阪府大阪市淀川区西中島4-11-21 新大阪コパービル303

※最寄駅:御堂筋線 西中島南方駅 徒歩4分 JR新大阪駅徒歩8分

営業時間 電話:平日10:00~22:00/土日祝:10:00~22:00
メール:24時間365日無料
対象地域 全国どこでも(無料出張可能)
債務整理の業務内容 任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求
無料相談 可能

ここでははたの法務事務所の特徴を徹底解説します。

特徴①無料で相談できる、着手金も不要

はたの法務事務所は金銭問題に強い事務所です。

しかし、金銭問題を依頼する依頼者はお金が苦しい人も少なくありません。

そのため、はたの法務事務所では相談料、着手金などの前払いの初期費用がかかりません。

また、報酬についても分割払いができるので、依頼者は負担を最小限に抑えて金銭問題を解決することができます。

特徴②報酬が業界トップクラスの安さ

任意整理 着手金:無料
基本報酬:20,000~円/1社
減額報酬:減額分の10%
個人再生

着手金:無料
報酬:35万円~
個再委員の費用:20万円~
自己破産 着手金:無料
報酬:30万円~(少額管財事件の場合+20万円~)

着手金は無料で任意整理であれば基本報酬として1社20,000円から依頼可能です。

着手金が必要な法律事務所も多いですが、着手金無料なので安心して相談することができます。

特徴③はたの法務事務所は相談実績が豊富

はたの法務事務所は相談実績が豊富です。

35年以上の業務実績があり、業界でも表彰を受けているので安心して業務を依頼することができます。

無料相談の進み方

はたの事務所での無料相談の進み方、電話、メール、公式サイトから無料相談の申し込みを行います。

申し込み事項である、氏名、電話番号、メールアドレスや相談内容を記載します。

申し込みを行った後は、電話やメールで相談を行います。

この時には借金の総額、借入先、借入期間、支払いの遅延がないか、毎月の収入状況などを確認します。

そして、実際にはたの法務事務所に所属する司法書士と面談して業務について依頼をします。

面談は1時間程度になり、依頼者の経済状況なども考慮して一番ベストな整理方法について提案を受けることができます。

費用は本当に安いのか?

はたの法務事務所の費用は業界でもトップクラスの安さと言われていますが、実際はどの程度なのでしょうか。

過払い金

過払い金
相談 相談料無料
着手金はかかるか? 着手金無料
基本報酬無料 基本報酬無料
過払い報酬 過払い報酬:取り戻した過払い金額の20%で10万円以下の場合は12.8%(別途1万円の計算費用を頂きます)

任意整理

任意整理とは弁護士、司法書士に依頼して金融機関と交渉を実施します。

裁判所を通さずに金利の減少、免除や債務の見直しを行う方法です。

借金の圧縮効果は低いが裁判所を通さないため書類の準備も比較的少なく済みます。

任意整理
相談 相談料無料
着手金はかかるか? 着手金無料
基本報酬無料 基本報酬1社 20,000円~
過払い報酬 減額報酬減額できた債務の金額の10%

個人再生

裁判所に再生計画の認可決定を受け住宅ローン以外の債務を最大9割カット可能です。

住宅ローンは減額、帳消しになりませんから注意が必要です。

個人民事再生
相談 相談料無料
着手金はかかるか? 着手金無料
報酬 報酬30万円~(再生委員に支払う費用としてプラス20万円)

自己破産

自己破産とはその名の通り、裁判所に申立をして免責を受けることで、養育費や税金などの非免責債権を除く、全ての借金をなくすという手続きです。催促や取り立てから解放され、ある程度の財産は残すことができます。

ただし、自己破産をすると不動産や99万円をこえる現金、1点20万円こえる財産を没収され、ブラックリストにも登録されます。

自己破産
相談 相談料無料
着手金はかかるか? 着手金無料
報酬 報酬25万円~(※但し少額管財事件はプラス20万円)
※管財人に支払う費用、ヤミ金業者からの借金相談や不動産担保ローン等につきましては別途。
※自己破産、民事再生に関しては書類作成のみとなります。
※その他、印紙、切手、訴訟費用(原則実費のみ)、管理費等が発生。
※司法書士法に則り、ご契約時には契約書の報酬内訳書にて詳しくご説明あり。

債務整理手続きはどのように進む?

ここでははたの法務事務所について債務整理手続きのすすめかたについて解説します。

過払い請求と任意整理を行う場合の進め方はこれだ

手順1 電話・メールで相談面接の申し込み
手順2 来所・相談(借金解決の手続きを認定司法書士に委任)
手順3 正式に債務整理手続を委任
手順4 債権者へ受任通知を送付
手順5 借金総額の調査(法定利息に基づいた金利で開示された借金総額を再計算し借金の総額を確定、過払い金が発生していると判明した場合、過払い金の返還を請求する)
手順6 借金総額・今後の返済条件を話し合う交渉開始~和解成立
手順7 借金返済開始
手順8 借金完済

総債権額140万円未満なら司法書士がベスト

総債権額140万円以下であれば、司法書士が債務整理、任意整理、過払い金請求について対応してもらうことができます。

弁護士に依頼するのも悪くはないですが、司法書士に相談をしてベストな再建策を確認したうえで、依頼先を決めるのがベストでしょう。

ただし、注意が必要なのは、債権額が140万円を越えるばあいは、弁護士に依頼をする必要があります。

また、裁判などが必要なケースでは、弁護士に依頼をした方がベストです。

簡易裁判所での代理人には認定司法書士でもなれますが、それよりも上級裁判所の場合は、弁護士に依頼をする必要があります。

はたの事務所への疑問を解決

ここでははたの事務所への疑問について紹介します。

どんなジャンルの相談が多いのか

はたの法務事務所は借金が返せない人や、破産するしかないかなどの相談が多いようです。

また、意外に思われるかもしれませんが、多重債務者というのはギャンブルやお金に問題がある人が多いように思えますが、実際は普通の人が多いようです。

多くの人は仕事や生活が苦しく、生活費を補填する人が多く困っている人が多いようです。

そして、多くの人は自己破産をしなくても、返済スケジュールをリスケして、自己破産を回避することは十分可能なようです。

相談内容は秘密厳守で対応してくれる

金銭問題は家族や親族、知り合いにばれたくないという人がほとんどです。

はたの法務事務所では金銭問題の相談や業務については秘密厳守で対応してくれます。

司法書士でも自己破産は対応できる?

自己破産や個人再生についても司法書士は業務を行うことができるのでしょうか。

これについては法律に定めらっれており、司法書士法で自己破産、個人再生の申立書の作成代理人としてサポートをすることが認められています。

この点については書類の作成だけに限らず、破産の申し立てから免責を受けるまで総合的にサポートをしてもらうことができます。

なお、弁護士であれば本人の代理人として、本人に代わってすべての手続きを行うことができます。

任意整理や金銭問題の相談先はどこがベスト

任意整理や金銭問題の最初の相談先は司法書士事務所がベストでしょう。

金銭問題はまず司法書士事務所に相談してみるのがベストでしょう。

自社で対応できない業務についても、提携している弁護士事務所とサポートも期待できるので最初は司法書士事務所に相談をしてみるのがベストでしょう。