FTX Japanの登録方法。

仮想通貨


近年、仮想通貨取引を利用するユーザーが増えています。

そして、2022年4月4日に新しくFTX Japanという仮想通貨取引所のサービスが開始されました。

この仮想通貨取引所の情報を知って、サービス登録を検討している方もいるでしょう。

そこで今回は、FTX Japanの利用を検討している方に向けて、FTX Japanの登録方法などについて解説していきます。

【無料】FTXJAPN確認はこちら

この記事を読むことで、以下の3つのことがわかります。

  • FTX Japanのサービス内容
  • FTX Japanの登録方法
  • FTX Japanの登録・利用時の注意点

FTX JapanはFTX仮想通貨デリバティブ取引を行うサービス

FTX Japanはリリースされたばかりのサービスで、まだ詳しい情報は何も知らない方も少なくないでしょう。

そこで、FTX Japanの登録方法について触れる前に、まずはそのサービス内容についてみていきます。

FTX Japanのサービス概要

FTX JapanはFTX Japan株式会社が新しくリリースした仮想通貨取引所です。

元々FTX.comというサービスが提供されていたのですが、2022年4月になってFTX Japanというサービスに移行しました。

まだリリースされたばかりで、利用者の間では反応がさまざまですが、グローバル版の板と共有にできる点が高く評価されています。

FTX Japanの各種手数料

FTX Japanの手数料についてですが、まず取引手数料をみていきます。

取引手数料は以下の表の通りです。

レベル 直近30日間の取引量 メイカー手数料率 テイカー手数料率
1 0 0.02% 0.07%
2 >1million 0.02% 0.06%
3 >5million 0.015% 0.055%
4 >10million 0.015% 0.05%
5 >15million 0.01% 0.045%
6 >35million 0.01% 0.04%

メイカー手数料はすぐに約定しないと取引板に流動性を作ることとなり、その際に発生する手数料です。

一方で、テイカー手数料は取引板から流動性を取る場合に発生する手数料で、テイカー手数料のほうが高く設定されることが多いです。

全体的な水準としては他のところよりも安い手数料に設定されているため、取引手数料を気にして取引しづらいということは起こりにくいでしょう。

また、入出金手数料については以下の表の通りです。

各種手続き 手数料
日本円入金 無料
日本円出金 700円(銀行手数料含む)
暗号資産入庫 無料
暗号資産出庫 ・0.01BTC以上の取引は無料
・ETH、ERC20トークンの出庫は有料(その都度金額が表示される)
・0.01BTC未満の取引は1日1回まで無料
・その他の取引は無料

入金する際は基本的に無料で、出金する際は有料になることもあります。

日本円の出金は一律700円で、暗号資産の出金は状況によって変動します。

他のところと比べて暗号資産の出庫が無料になる場面が多いのがありがたいですね。

FTX JapanのFTTステーク

FTX JapanのFTTステークは以下の表の通りです。

ランク FTTロック量 リファラルリベート メイカー手数料 1日あたりの
ERC20出庫の手数料無料回数
0 0 25% 0
1 25 28% 0.0000% 1
2 150 30% -0.0005% 3
3 1,000 32% -0.0010% 10
4 10,000 34% -0.0015% 30
5 50,000 36% -0.0020% 100
6 250,000 38% -0.0025% 300
7 1,000,000 40% -0.0030% 1,000

FTX JapanではFTXトークンをロックすることで、以下のようなメリットが得られます。

  • リファラルリベートのアップグレード
  • メイカー手数料割引

リファラルリベートは紹介料のことで、ロック数に応じてもらえる紹介料が多くなります。

また、先ほど開設したメイカー手数料も割引率が大きくなり、よりお得に取引しやすくなります。

FTX JapanのVIP手数料

FTX JapanのVIP手数料は以下の表の通りです。

レベル テイカー手数料率 メイカー手数料 必要条件
VIP1 0.03% 0 マーケット全体の取引量に対して0.5%以上を占める
VIP2 0.0275% 0 マーケット全体の取引量に対して1.5%以上を占める
VIP3 0.025% 0 マーケット全体の取引量に対して2.5%以上を占める

FTX JapanにはVIPプログラムというものがあって、手数料やAPIレート制限の優遇、優先的にお得情報のお知らせなどをしてもらえます。

元からこのプログラムはありますが、それがFTX Japanでも継続して利用できるようになっています。

仮想通貨の取引量の多い方は特にチェックしてみてください。

FTX Japanの入金方法

FTX Japanは日本全国のすべての金融機関から入出金の対応が可能です。

また、FTX Japanに入金処理したら基本的に即反映されるため、すぐにFTX Japan内での資金が欲しい方にとってありがたいですね。

ただ、振込の際に本人名義を入力すると思われますが、姓と名の間にスペースを設けて入力することを忘れないようにしましょう。

FTX Japanの評判・口コミ

まだリリースして日の浅いサービスですが、すでに以下のような評判や口コミが見られています。

  • FTX Japanのサイトを見たら、プルダウンメニューで機能がまとめられていてかなり使いやすかった。
  • マネー・ロンダリング対策にマイナンバーカードでの本人確認をしてるんだ。マイナンバーカードちゃんと発行しておいてよかった。
  • FTX Japan、板をグローバルと共通にしてるのは強すぎる。少なくともこれほど板のチェックに使いやすいものはないね。
  • FXT Japanのサイトみたら日本円の入金周りのヘルプページが全部消えてる…。一体どうしたら…。
  • FTX Japanでできる内容がイマイチだから、とりあえず一旦日本の取引所に移動させておこう…。

サイトの使いやすさやしっかりしたセキュリティ体制などの評判が多く見られました。

しかし、リリースしたばかりのサービスということもあり、不具合が生じていたり、自分にとっての旨みが見つけられなかったりする方も少なくありませんでした。

これからFTX Japanのよしあしがどんどん見えてくると思われるので、評判や口コミは定期的にチェックしてみてください。

FTX Japanの登録方法はかなりシンプル

FTX Japanを登録する際には、以下の手順に沿って進めていきましょう。

  • STEP1.公式サイトを開く
  • STEP2.メールアドレス、パスワードを登録する
  • STEP3.本人確認をする
  • STEP4.口座登録をする

1つずつみていきます。

STEP1.公式サイトを開く

まずはFTX Japanの公式サイトを開いてください。

画面の右上に「スタート」と書かれたボタンがあるため、そこをクリックします。

「FTX Japan」と検索する方が多いと思われますが、それだとお得情報を紹介するだけのサイトしか検索にヒットされません。

そのため、「FTX.com」と検索して一番最初にヒットしたサイトを見てみてください。

STEP2.メールアドレス、パスワードを登録する

会員登録画面に切り替わったら、メールアドレスやID、パスワードなどを設定していきます。

メールアドレスはいつでもお得情報を受け取れるように、普段から使用しているものを使いましょう。

IDやパスワードは条件に沿った範囲で自分の好きなワードで設定可能です。

ただ、いつまでも同じもののままだと、セキュリティ面でのリスクが上がってしまいます。

定期的にパスワードを変更するように心掛けてください。

STEP3.本人確認をする

ここまでで会員登録自体は完了しますが、本人確認や口座登録をしないと取引が進められません。

何かしらの取引画面に飛ぶと、本来取引ボタンがあるところに「本人確認をする」と表記されています。

そこをクリックして、本人確認を実施してください。

本人確認の際には、顔写真付きのマイナンバーカードが必須となります。

あらかじめ用意しておかないと取引に進めないため、まだマイナンバーカードを持っていない方は先にマイナンバーカードの発行手続きから進めましょう。

STEP4.口座登録をする

本人確認が完了したら、FTX Japanの左上のところをクリックしてホーム画面に戻ります。

そこに「銀行入金」とあるため、そのボタンをクリックします。

画面が切り替わると、「預金と取引を有効にする」をクリックして、表示されている必要情報を入力すれば口座の登録が可能です。

ここまで完了すれば仮想通貨の取引ができます。

この口座登録のページでも「本人確認をする」というボタンがあるため、そこから本人確認をしても問題ありません。

FTX Japan登録・利用時の注意点|英語表記がデフォルトでわかりにくい

FTX Japanを登録したり、利用したりする際には、以下の点に注意する必要があります。

  • 英語表記で見づらい
  • 二段階認証を済ませておく
  • サブアカウントを作成しておく
  • FTX JapanでFTXアプリが使える
  • レバレッジが個人と法人で異なる

1つずつみていきます。

英語表記で見づらい

FTX Japanは取引ツールとしてはかなり見やすいデザインになっています。

ただ、FTX Japanの公式サイトのデフォルトが英語表記でかなり見づらいです。

ブラウザにデフォルトで搭載されている翻訳機能を使っても、何となく意味が伝わるものはあれど、正しい日本語に翻訳されるわけではありません。

全く翻訳できないよりかはまだよいですが、サービス名にJapanを掲げている割には日本語に対応していないのには不便さを感じてしまいます。

二段階認証を済ませておく

FTX Japanにも二段階認証の機能が搭載されています。

段々とセキュリティを突破されるようなハッキング技術も生み出されていて、ちょっとしたセキュリティ程度だと簡単に突破されてしまいます。

特に、仮想通貨は値動きが激しいため、個人情報が盗まれてアカウント内の資金が失われると大きな損失になってしまいます。

どちらにしてもFTX Japanは二段階認証を済ませておかないと入金できない仕組みになっています。

アカウントやその中の資金を守るためにも、二段階認証を済ませておきましょう。

ちなみに、自分のアカウントの設定画面を開くと、「二要素認証(2FA)」と書かれています。

そこをクリックして、Googleの二段階認証アプリ「Authenticator」を利用するか、SMSによる登録をするかを選択してください。

あとはそれぞれの手順に従って二段階認証を済ませましょう。

Authenticatorはどのサービスでも共通して使える二段階認証の方法ですのでかなりおすすめです。

サブアカウントを作成しておく

サブアカウントを作成しておくと柔軟な取引ができます。

FTXの仕組み上、1つの口座に入っている残高は1つのポジションに使われてしまい、分散投資などができません。

柔軟な投資活動が行えるように、サブアカウントを作成して口座内の資金を分けて入金しておきましょう。

サブアカウントはマイページの「サブパート」と書かれているところから作成可能です。

取引を本格的に進めてから困ることがないように、初めのうちからサブアカウントを作成しておくことをおすすめします。

FTX JapanでFTXアプリが使える

FTX Japanは元々使われていたFTXアプリから使うことも可能です。

FTX JapanはFTX.comというサービスとしてリリースされていて、そのサービスはなくなりましたが、FTXアプリ自体はそのまま残っています。

新しく別のアプリを入れる必要がなくて便利ですね。

ちなみに、FTXアプリにサインインするとFTX Japanのサブアカウントが自動で作成されるため、サブアカウント作成の手間が省けます。

レバレッジが個人と法人で異なる

仮想通貨の取引で気になるのがレバレッジだと思われます。

FTX Japanでは個人だと2倍までのレバレッジしか使えませんが、法人だとそれ以上の倍率での取引もできる可能性があります。

現在は法人のレバレッジをまとめたサイトに飛べなくなっているため、具体的な数値がわかりません。

サイトが復旧したらチェックしてみてください。

FTX Japanの登録方法についてのQ&A

FTX Japanの登録方法について、以下のような質問がよくインターネット上で見られています。

[sc_fs_multi_faq headline-0=”h3″ question-0=”FTX Japanはスマホからでも登録できる?” answer-0=”スマホからの登録も可能です。専用のアプリをダウンロードして登録を進めていきましょう。” image-0=”” headline-1=”h3″ question-1=”FTX Japanのサービスに不安があって登録しにくいです。” answer-1=”まだリリースしたてで、不具合がいくつか生じている状態です。気になる方はもう少し様子を見てからサービスを始めてみてもいいかもしれません。” image-1=”” html=”true” css_class=””]