仮想通貨取引所FTXの登録方法と口コミと評判

暮らし



今回は豊富な種類の仮想通貨を取り扱っており、デリバティブ商品(金融派生商品)が充実している目新しい取引所として注目されている「FTX(エフティ―エックス)」の口コミ・評判についてや、その具体的なサービス内容・特徴、登録方法や利用方法について徹底的に解説していきたいと思います。

仮想通貨取引所FTXの口コミと評判

早速ですが仮想通貨取引所のFTXの口コミ・評判はどうなのでしょうか?
まず最初に結論からFTXの良い口コミとそうでないものとを挙げると、主に下記の意見が目につきました。

手数料永久格安です。
FTX取引口座はこちら

仮想通貨取引所FTXの良い口コミまとめ

  • 国内取引所(販売所)に比べて取引手数料が安い
  • 出金手数料(送金手数料)が無料である
  • 送金時間が速い
  • サイトデザイン的に見やすい
  • 誰でも簡単に自動売買できるツールを利用できる
  • レンディングの金利が高い

仮想通貨取引所FTXの悪い口コミまとめ

  • 日本語対応していない分不便
  • これから仮想通貨投資を始める初心者には不向き

以下からはFTXの良いものとそうでない口コミ・評判についてよく言われているような内容のものをぞれぞれまとめてみました。

仮想通貨取引所FTXの良い口コミ

そこにはスプレッド差がとてもあり、手数料がとても高いので絶対に買ってはダメです。 上級者になってアルトコインを買いたいときは海外のバイナンスやFTX等のほうがよほどいいです。 それも上級者になってからで充分ですが。
(引用:Twitter

FTXのアルトコインの取引手数料は、場合はコインチェックなどの国内取引所(販売所)に比べても大変安いので、アルトコインの取引をしたい場合に向いていそうです。

FTXからのビットコイン送金は、送金手数料無料にも関わらず、かなり高いfeeを設定してくれて、送金処理から数分で着金した。
送金手数料無料の為には出来高の条件とかはあるけど、FTXは凄すぎる
(引用:Twitter

FTXは送金手数料が無料で送金時間が速いという点で素晴らしいという意見も多いです。
国内取引所であれば、送金手数料が高い上に着金が遅いという所もあったりしますが、FTXだとすぐに送金できて送金手数料も無料で使えたりするので便利ですね。

FTXアプリ使いやすいし見やすいなー
(引用:Twitter

FTXはサイトのデザイン的に見やすく使いやすいという意見も少なからずありました。

自分は海外取引所のFTXでクオンツゾーンという猿でもコードが書けるサービスを使って”毎日決まった時間に1000円BTCを買う”というコードを書いて自動で積み立ててます握った手
FTX最強なのでぜひ~~
(引用:Twitter

FTXでは素人でも簡単に使える自動売買システムがあるので、仕事などで忙しい方でも便利そうですね。

FTXでUSDレンディングすると、取引所リスク以外に何のリスクもないのに年利20%程度を得られます。1000万円分預けておけば年間200万円の利子がつくわけです。
高配当株で年200万円の配当金を得ようと思ったら4000万円~5000万円分くらい必要なことを考えれば、破格すぎて震えませんか?
(引用:Twitter

FTXならレンディングにより高い金利がもらえるようです。

ちなみにコインチェックなどをはじめ一部国内取引所でもこういった便利なレンディングサービスはありますが、FTXに比べれば全然金利が低いのでその分利益も少ないです。

貸し出しをする通貨が長期的に右肩上がりだと予想される場合であり、かつFTXが潰れない限りは、何もしなくてもローリスクで金利を得ることが期待されるでしょう。

ただレンディングサービス自体は大変人気であり、主要通貨であればどこの取引所でも貸出上限に達しているので、FTXでも新規でレンディングを始めるのは厳しいと思われます。

仮想通貨取引所FTXの良い口コミまとめ

  • 国内取引所(販売所)に比べて取引手数料が安い
  • 出金手数料(送金手数料)が無料である
  • 送金時間が速い
  • サイトデザイン的に見やすい
  • 誰でも簡単に自動売買できるツールを利用できる
  • レンディングの金利が高い

仮想通貨取引所FTXの悪い口コミ

FTX日本語対応消えたなこれはなんか暗示してそう。 FTXも締め出し食らったらやだなぁ
(引用:Twitter

FTXは以前だと日本語対応していましたが、ここ最近になってから対応しなくなったようです。

日本語対応していない分、外国語が苦手な方やこれから仮想通貨投資を始める初心者の方にとっては使いづらいと感じてしまうかもしれません。

FTXすごい良い取引所なんですけど(現物手数料がやすかったり)玄人向けすぎて日本人に流行る気がしないやつですね。
(引用:Twitter

FTXではその取引方法的に、初心者には厳しいのではないかという意見も少ならかず言われています。

仮想通貨取引所FTXの悪い口コミまとめ

  • 日本語対応していない分不便
  • これから仮想通貨投資を始める初心者には不向き

仮想通貨取引所FTXとは?

基本情報 詳細
公式サイト 仮想通貨取引所FTX
社名 FTX Trading LTD
拠点 アンティグア・バーブーダ
CEO サム・バンクマンフリード
取引形態 現物取引、先物取引、レバレッジトークン、オプション取引など
取り扱い通貨 100種類以上
手数料 【入金手数料】
無料
【出金手数料】
無料
【取引手数料】
・メイカー:0.01~0.02%
・テイカー:0.04~0.07%
最大レバレッジ 101倍
追加証拠金 なし
ロスカット なし
日本語対応
スマートフォン対応

FTXは2019年の4月に設立された海外の仮想通貨取引所です。
創業者であるサム・バンクマン-フリード氏は、仮想通貨取引を初めて以来わずか3年間で資産を約100億ドルにしたとして知られています。

そんな彼が創業したFTX、現在では1日辺り20億ドルを扱うというように、仮想通貨市場では多大な影響力を持っているとされていますね。

2019年12月には、世界的にもメジャーな仮想通貨取引所「BINENCE(バイナンス)」とも提携しており、その信頼性は十分にあると言えるでしょう。

取り扱い仮想通貨100種類以上を超えるほか、様々なデリバティブ(派生商品)を取り扱っており、最大レバレッジ101倍とハイリスク・ハイリターンな取引ができたりするのが魅力的です。

FTXの取り扱い通貨は?

FTXの取り扱い通貨は100種類以上と大変豊富です。
例えば有名なものだと下記のような通貨があります。

ビットコイン、イーサリアム、リップル、イオス、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、テザー、エイダコイン、FTXトークン、ビットコインSV、テゾス、シータ、マチックネットワーク、バイナンスコイン、リンク、シットコイン、アルゴ、トロン、ドラゴンチェーン、ミダースコイン、アトミックコイン、トモチェーン、パックスゴールド、レオトークン、ビリラ、ドージコイン、OKBトークン、テザーゴールド、フォビトークン、ペトロリウム、PRiVCY、ビットマックストークン、WazirX

国内取引所であれば多くとも15種類程度の通貨しか取り扱われていませんが、FTXならばこのようにメジャーなものであったり、まだあまり広く知られてはいないものの将来性があったりするコインが豊富にあります。

そのため今後仮想通貨を売買するにあたり、国内取引所で行うよりも幅広いトレードをすることができるでしょう。

FTXで便利なレバレッジトークンとは?

FTXではERC20規格のトークンである「レバレッジトークン」と呼ばれるものを取り扱かっています。

これは仮想通貨にレバレッジをかけてトークン化したような商品で、実質的に証拠金取引ができるけれども、取引的には現物取引であるいうもの。

つまりレバレッジ取引が可能でありながらも証拠金を預ける必要がなかったり、強制ロスカットがされることがありません。しかもリスク管理を自動で行ってくれるという優れものであり、大変使い勝手が良いんですね。

レバレッジトークンには下記の5つの種類のものがあり、それぞれでポジションやレバレッジが変わります。

トークン レバレッジ ポジション
BULL 3倍 ロング
MOON 10倍 ロング
HEDGE 1倍 ショート
BEAR 3倍 ショート
DOOM 10倍 ショート

例えばイーサリアムのレバレッジトークンであれば、ETHMOONはイーサリアムのレバレッジ10倍のロング、ETHDOOMはイーサリアムのレバレッジ10倍のショートということになります。

FTXの各種手数料は?

FTXでの各種手数料は下記の通りです。

手数料の種類 手数料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
取引手数料(メイカー) 0.01~0.02%
取引手数料(テイカー) 0.04~0.07%
マネジメント手数料 0.03%/日
レバレッジ保険料(50x/100x) 0.02~0.03%

以下からは各種FTX手数料の詳細について説明します。

入金手数料

FTXの場合であれば、他の取引所からここへ入金する場合の入金手数料は無料になります。

FTXでは直接日本円の入金はできませんが、国内取引所からFTXにビットコインなどの仮想通貨を入金する際にその手数料が発生しないのはありがたいですね。

出金手数料

またFTXから仮想通貨などを出金するときの出金(送金)手数料も無料です。
しかも口コミ上では送金が早いとも言われているので、その分使い勝手が良いですね。

ただしマイナーに対して支払うネットワーク手数料(約0.0002BTC)は、他の取引所と同様にFTXでもかかってきます。

取引手数料(メイカー)

FTXのメイカー注文での取引手数料は0.01~0.02%です。
ちなみにメイカー注文というのは、売買したい価格を指定して注文する方法です。

基本的に指値注文をした時に、それが通ればメイカー注文になるというイメージです。

取引手数料(テイカー)

FTXのテイカー注文での取引手数料は0.04~0.07%です。
テイカー注文というのは、現在板に表示されている最もお得な価格ですぐに約定させるという注文です。

基本的に成行注文をした場合は、すべてテイカー扱いとなります。
成行注文は便利ですが、その反面手数料が少し割高になるので注意が必要です。

マネジメント手数料

マネジメント手数料とは、FTXで証拠金取引をする際に毎日自動で発生する手数料のことです。

この具体的な手数料は、1日につき0.03%となっています。
ちなみにFTXで証拠金取引をするには、レバレッジトークンと呼ばれるものが必要になってくるのですが、これを毎日保有し続けることでマネジメント手数料として毎日0.03%のマネジメント手数料がかかるというわけです。

そのためFTXで証拠金取引をするときは、買いまたは売りポジションを持ち続けると、このマネジメント手数料を毎日支払わなければならないという点に気を付けておきたいところですね。

レバレッジ保険料

レバレッジ保険料というのは、レバレッジ倍率50倍以上の取引をする際に発生する手数料です。

これはレバレッジ倍率によって変わり、具体的な手数料は下記の通りになります。

レバレッジ倍率 レバレッジ保険料
50倍 0.02%
100倍以上 0.03%

もちろんこれは通常の取引手数料に加えて別途支払わなければなりません。
例えばレバレッジ100倍以上の取引で成行注文(テイカー注文)したという場合は、通常の取引手数料とレバレッジ保険料で最大0.1%の手数料が必要になるので、実際に利用する場合は注意しておきたいところです。

仮想通貨取引所FTXのメリットは?

以上その特徴や口コミなどから、FTXには下記のようなメリットが挙げられます。

仮想通貨取引所FTXのメリット

  • 登録をしてからすぐに取引を始めることができる
  • 追証がないので証拠金以上の損失が発生しない
  • 最大101倍までレバレッジをかけられる
  • 独自トークンを保有すれば手数料が割引になる
  • レバレッジトークンを利用することで強制ロスカットされない
  • 海外取引所の中でもサイトデザイン的に画面が見やすい

登録をしてからすぐに取引を始めることができる

FTXの場合は、1日2000ドル未満の取引であれば、本人確認なしでも取引することができます。

本人確認の必要がないのでそれに要する時間もなく、登録をしてからすぐに取引を始めることができます。

国内取引所であれば、基本的に登録してから本人確認を経て郵送物を受け取って初めて取引できるようになりますが、ここまでに約数日前後~一週間前後の日数を要したりします。

しかしFTXであれば、2000ドル未満の取引だと簡単な登録を済ませるだけですぐに利用できるので大変便利ですね。

追証がないので証拠金以上の損失が発生しない

FTXではどれだけのレバレッジをかけようが、相場がロスカット水準に到達したときに通常ならば支払う必要がある追証(追加証拠金)というものを払う必要がありません。

これによって「口座残高以上に損失を被る」ということがなくなります。
こうした仕組みにより、特にハイレバで取引する場合だと、期待値が大きい割にリスクが少ないというトレードをすることができます。

最大101倍までレバレッジをかけられる

FTXでは最大101倍までレバレッジをかけることができます。
国内取引所であれば最大でも4倍程度の倍率でしかトレードできなかったりしますが、FTXでは圧倒的に高い倍率で取引することができるので、その分ハイリスク・ハイリターンなトレードをすることができます。

国内取引所での最大レバレッジ4倍での取引では物足りないというのであればおすすめです。

ただしポジションが大きくなるほど、かけられるレバレッジは低くなります。

独自トークンを保有すれば手数料が割引になる

FTXではFTTと呼ばれる独自トークンが取り扱われています。
この独自トークンを保有することにより、その保有額に応じて手数料が割引になります。

それぞれの保有額における具体的な手数料の割引率は下記の通りです。

保有額 割引率
100ドル 3%
1000ドル 5%
5000ドル 10%
1万ドル 15%
5万ドル 20%
10万ドル 25%
20万ドル 30%
50万ドル 35%
100万ドル 40%
250万ドル 50%
500万ドル 60%

例えば10万円分のFTTトークンを保有していた場合は、約5%近くの割引をうけることができるようになり、FFTの保有額が上がるほど手数料が割引されます。

レバレッジトークンを利用することで強制ロスカットされない

FTXではレバレッジトークンを利用することで、強制ロスカットがされません。
仮想通貨の場合はボラティリティ(価格の変動差)が激しいので、強制ロスカットを喰らう場面もしばしばあるわけですが、その都度ロスカットを喰らっていてはただただ損失が重なるばかりです。

強制ロスカットされるということは、保有しているポジションを失うことになるので、その後の調整による損失のケアがされる見込みもなくなります。

しかしFTXのレバレッジトークンを保有しておくことで、強制ロスカットがされず保有ポジションも解消されないので、こうした損失のカバーを受けられるわけです。

ただし相場がロスカット水準に達してもなお調整が来ずに上昇または下落し続ける場合は、ロスカットがされないことにより損失が膨らみ続けることになるので、その点については注意しておきたいところですね。

海外取引所の中でもサイトデザイン的に画面が見やすい

FTXは口コミ上でも見受けられる通り、そのサイトのデザイン的に見やすく使いやすいのも特徴的です。中にはコインチェック並みだとも意見も。

ちなみに私は仮想通貨の取引をする際に、複数の国内取引所のほか、海外取引所もいくつか利用したことがありますが、口コミ通りFTXのインターフェースは見やすく、本当にコインチェックくらい直感的に操作しやすい印象です。

個人的には人気でメジャーな海外取引所の中では、最も使いやすいと感じました。
そのため初めて海外取引所を利用する場合でも、比較的誰でも使いやすいと考えられるのもメリットです。

簡単に自動売買システムが使える

FTXでは自動売買ができる「クオンツゾーン」というツールが用意されています。
これは専門のプログラミングスキルなどがなくても誰でも簡単に自動売買できるというツールで、あらかじめ売買条件を設定しておくだけで、あとはその条件に従って然るべき時に自動で取引をしてくれます。

そのため普段は仕事などで忙しく、随時画面を見ながらトレードをすることが難しいといった場合でも、このクオンツゾーンを使うことで楽々自動的にトレードすることができるでしょう。

仮想通貨取引所FTXのデメリットは?

FTXには上記のような様々なメリットがある反面、下記のデメリットがあるので、実際に利用する際は注意しておくと良いでしょう。

仮想通貨取引所FTXのメリット

  • 日本語に対応していない分使いづらい
  • 日本円の入出金に対応していない

日本語に対応していない分使いづらい

FTXは以前だと日本語に対応していましたが、2021年4月現在では日本語に対応していません。

サポートも日本語対応していないので、英語などが分からなければ国内取引所に比べてかなり使いづらいです。

ただFTXの場合はUIが比較的大変見やすい作りになっていますし、ブラウザに搭載されているような翻訳機能を使うことで、慣れてきたらある程度の機能なら難なく使えるようにはなるのではないでしょうか。

日本円の入出金に対応していない

国内取引所であれば銀行振り込みやコンビニで日本円を入金することですぐに取引をすることができますが、FTXの場合は日本円で入金するということができません。

FTXで取引を始める場合は、まず国内取引所でビットコインなどを購入して、そこからFTXへ送金して初めて使うことができます。

つまりFTXでトレードを始めたい場合は、あらかじめ国内取引所で口座を開設・登録しておく必要があるため少々面倒です。

仮想通貨取引所FTXの登録方法は?

仮想通貨取引所FTXの登録方法の流れとしては、主に下記の手順になります。

FTXの登録方法の流れ

  1. FTXの公式サイトにアクセスする
  2. 画面右上にある「REGISTER」をクリック
  3. ポップアップ画面でメールアドレスとパスワードを入力しチェックを入れて同意

以上で登録が完了します。
この時点だと仮想通貨の出金限度額は1,000USDまでとなっていますが、一応取引をすることは可能になります。

ここから更に出金限度額を上げる場合は、個人情報の登録が必要になります。
個人情報の登録は画面右上にあるアカウントメニューから「設定」をクリックし、画面を下にスクロールすると「本人認証」の欄が出てくるので、その中にある「NCREASE WITHDRAWAL LIMITS(出金制限拡大)」をクリックします。

すると本人認証画面に移るので、そこで氏名と住所を入力して登録することで、1日の出金限度額が2,000USDまで上がり、FTXのトークンが購入できるようになります。

アカウントレベル別の利用範囲

FTXで所定の手続きを進めて行けばアカウントレベルが上がり、そのアカウントレベルが上がるにつれて利用できるサービスの幅が広がります。

アカウントレベル別の利用可能なサービス内容は、具体的には下記の通りです。

アカウントレベル 利用範囲
レベル0: メールアドレスの登録 ・1000USDまで出金可能
レベル1: 氏名・住所の登録 ・2000~9000USDまでの出金が可能
・FTXトークンが購入できるようになる
レベル2: 本人確認書類アップロード ・出金可能な額が無制限になる
レベル3: 住所証明または住所つき銀行残高証明の提出 ・USDなどの法定通貨を銀行から直接入出金できるようになる

FTXの入金・出金方法は?

FTXの入金方法

FTXでの入金方法の流れは、主に下記の通りになります。

FTXでの入金方法の流れ

  1. トップ画面右上にある人型アイコンをクリック
  2. 複数のメニューの中から「ウォレット」をクリック
  3. 入金したい仮想通貨を探して「入金」をクリック
  4. 入金アドレスが表示されるので送金元からそのアドレス宛に送金する

最初はコインチェックなどの国内取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入し、その国内取引所からFTXの方へ仮想通貨を送ると良いでしょう。

入金可能な仮想通貨

FTXへ入金する場合は国内取引所などから仮想通貨を送金すれば良いのですが、仮想通貨であればすべて送れるというわけではありません。

FTXへ入金可能な仮想通貨は下記の通りです。

ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、テザー、テザーゴールド、USDコイン、バイナンスUSD、パクソス、パックスゴールド、HUSD、ゴリラ、FTXトークン、バイナンスコイン、ビットマックストークン

これ以外の通貨での入金はできないので注意が必要です。

FTXの出金方法

FTXでの出金方法の流れは、主に下記の通りになります。

FTXでの出金方法の流れ

  1. トップ画面右上にある人型アイコンをクリック
  2. 複数のメニューの中から「ウォレット」をクリック
  3. 出金したい仮想通貨を探して「出金」をクリック
  4. 出金したい仮想通貨の数量を入力する
  5. 送金先アドレスを入力する
  6. 二段階認証コードを入力する
  7. ポップアップ画面右下の「出金」をクリックする

なお送金先アドレスに関しては、間違いがないようにコピペで入力しておきましょう!
ここで誤ったアドレスを入力してしまった場合は、誤送金となり最悪永久にその通貨が戻って来ないこともあるので注意が必要です。

FTXの使い方。買い方・売り方は?

FTXでの仮想通貨の買い方・売り方は下記の通りです。

FTXでの仮想通貨の買い方・売り方

  1. トップ画面上部にある銘柄から取引したいものにカーソルを合わせる
  2. 取引方法が表示されるのでその中から希望のものをクリックする
  3. 画面中央部のチャート画面のすぐ下にある売買タブから「Buy(買い)」か「Sell(売り)」を選択
  4. 希望売買価格を入力
  5. 取引数量を設定
  6. 注文方法を選択
  7. 一番下にある取引ボタンをクリック

以上で仮想通貨を売買することができます。

ちなみにFTXでは6つの注文方法が用意されています。

  • 指値注文
  • 成行注文
  • ストップ指値注文
  • ストップ成行注文
  • トレイリングストップ注文
  • OCO注文

状況に応じて最適な注文方法を選ぶのが理想的ですが、慣れないうちは指値注文や成行注文から始めてみると良いのではないでしょうか。