Binanceの受付停止!登録出来ない!制限つきで新規申し込みを再開 

仮想通貨


多くの種類の通貨を取り扱っていたり、ビットコイン分裂によって生まれた通貨がいち早く配布されていることでも知られているバイナンス。
日本語対応していることもあり国内でも利用者がたくさんいますよね。
しかし、最近は人気が出すぎてしまったためか、新規登録できない!なんて話もチラホラ・・・。
そこでこの記事ではこの騒動の事情と、登録方法についてを詳しくお伝えできたらなと思っています。

海外仮想通貨に興味ある方はBinanceで取引を開始しましょう。

binanceの新規受付が停止になってしまった?これから登録したい人はどうすればいい?

2017年に開設されたばかりの新しい仮想通貨取引所であるバイナンス。
はじめは新興的な存在とみられていたものの、現在ではハードフォークによる分裂コインへの対処が迅速だったり管理体制がしっかりとしていて使いやすいこと、取引にかかる手数料が安いなどの面から、優良仮想通貨取引所として知られています。

しかしあまりに人気が上がって、新規参加希望者が過熱したからか2018年に入ってから新規口座開設が停止されています。
現在取引所にアクセスして新規アクセス登録をしようとすると、メッセージが出てきて登録できなくなっていると思います。
どんなメッセージが表示されるかというと、下記の通りです。

binance新規登録停止

このメッセージを読む限り、一時の処置という感じでこれから先ずっと登録できないなんてことではないようですね。
しかし、取引所の所持する通貨が少なることで経営が難しくなるのでは?という意見もあったりします。先んじて新規登録停止したビットレックスではアカウント登録が制限されている状態が続いています。
おりしも現在は草コイン取引がブームで、同じく取引量が爆発的に増えたクリプトピアなどもアカウント制限がかかっているようですね。

制限付きでbinanceが新規受付再開。1日に登録出来る人が制限されている?

しかしバイナンスは絶対に登録できない。というわけでもありません。
1月8日には一時的ながら新規アカウント登録を受け付けています、が、すぐにまた制限がかかってしまいました。
その後9日にも一時開放されており、バイナンスは全面禁止ではなく1日の登録者数は制限すると発表されています。既存のユーザーが取引をしやすいように制限を設けているようですが、情報がこまめに配信されるため常に最新の状況がわかるのがうれしいですよね。
ごく短期間で仮想通貨取引を行う人多くなったため、大手でもサポートに対応できないのでサービス停止する所も続出しているようです。
日本の取引所も需要が拡大しており、本人確認が大幅に遅れているようなのでどこもそんなに変わらない状況かもしれませんね。

binance以外の取引所も続々と新規制限がかかってる?取引所は登録出来る時に登録すべき!

バイナンスは、現在アカウント登録を停止している取引所はどんなものがあるのでしょうか?
今わかっているだけでも以下の通りです。

  • ・Bitfinex

香港の仮想通貨取引所、高いレバレッジをかけて取引できるのが特徴で、アジアを中心に世界中から利用者を集めています。
しかし、取引が多いという反面でハッキングの被害を受けやすいという面もありこれまで何回も不正アクセスの被害にあってきました。

  • ・Bittrex

取り扱い通貨が200種類を超えているアメリカの仮想通貨取引所です。
アメリカを中心に世界中に人気の高い取引所で、日本からもたくさんのユーザーが利用しています。しかし急激にサポート通貨を増やしたためか、長らく新規登録を制限しています。

  • ・Cryptopia

草コインの取引で一躍人気が出てきたニュージーランドの取引所です。
取引所としての歴史は長く、クリプトピアで人気が出たコインは人気の銘柄になるなんて話もあるみたいです。
こちらもバイナンスと同じく2018年に入ってから登録が制限されているようですね。

  • ・CoinExchange

こちらも草コイン取引で人気を持つ取引所です。
日本の投資家でも草コイン取引で利用する人も多くいるようで、知名度が高まっていた矢先に制限されてしまったので大きく話題になりました。
こちらも一日に登録できる人数が限られているため、早めの登録がおすすめです。

binanceに登録出来なかった人は一日待つか。kucoinがおすすめ

もしバイナンスに登録したい!という人は、1日の制限内に収まるように早めに登録しましょう。
登録できる人数や時間は不明ですが、公式ツイッターなどで情報が配信されているのでこまめに確認することをおすすめします。
あるいは、まだ制限が発表されていないkucoinに登録するのもおすすめです。バイナンスとほぼ同じ取引所機能を持っており、日本語対応もしているため日本人からも注目を集めています。
金融会社スタッフを中心とした研究チームが対策をしているため、セキュリティも高いそうですよ。

海外仮想通貨に興味ある方はBinanceで取引を開始しましょう。