conohaサーバーの口コミと評判。解約と料金

プログラミング

ワードプレスなどを用いて個人運営のWebサイトを制作する際は、レンタルサーバーと契約しなければなりません。sy

しかし、国内だけでもかなりの数の事業者が存在する中で、どれを選んで良いかわからないという人も多いのではないでしょうか。

料金やスペック、サポート体制など比較項目はたくさんありますが、自分が契約する1社を絞り切るのはなかなか大変です。

そこでレンタルサーバー選びに悩んでいる方におすすめなのが「conohaサーバー」です。

非常に優れたスペックを有しながら、料金もリーズナブルなので初心者にもおすすめなレンタルサーバー です。

今回は「conohaサーバー」の口コミや評判を調査していきながら、サービスの特徴、メリット・デメリット・解約方法などを詳しく解説していきます。

1.conohaサーバー契約者の口コミと評判をチェック

conohaサーバー契約者の口コミと評判をチェック

conohaサーバーを実際に契約して利用している方の口コミをチェックしてみましょう。

公式サイトには優れたスペックが軒並み書かれているものですが、実際に使ってみて始めてわかる魅力や弱点などがあるはずです。

実際に利用している方の口コミを見ることで、これからレンタルサーバーの利用を考えている方は有効な判断材料が得られるでしょう。

では、conohaサーバーの良い口コミ・悪い口コミ両方を見ていきます。

1−1.良い評判

SNSや口コミサイトを調査した結果、conohaサーバーの良い評判には以下のようなものがありました。

1−2.悪い評判

SNSや口コミサイトを調査した結果、conohaサーバーの悪い評判には以下のようなものがありました。

電源系の障害で丸一日サーバが使えない時があった。こういう障害があると本格的な運用で使うのには不安が残る。また、SSD採用のためレスポンスは良いがHDD比べると料金は高めです。

2.conohaサーバーとは

「conohaサーバー」は「GMOインターネット株式会社」によって提供されているレンタルサーバーです。

GMOはインターネット事業を行う大手企業でもあり、1991年の設立から今日までインターネットインフラ事業を中心に展開してきました。

レンタルサーバー事業では、conohaサーバーの他に「お名前.comレンタルサーバー」「GMOクラウド」「Public」「ロリポップ!」「ラピッドサイト」「XREA」「CORE SERVER.JP」「GMOアプリクラウド」といったサービスを提供しています。

conohaサーバーは2018年に提供開始となったレンタルサーバーで、GMOの中でも最も新しいサービスとなります。

2-1conohaサーバーのスペック!無料期間は?

conohaサーバーのスペック!無料期間は?

conohaサーバーのスペックは下記のとおりです。

容量(SSD) 250~450GB
プラン ベーシック/スタンダード/プレミアム
初期費用 無料
転送料課金 無料
転送量 4.5TB〜6.0TB
SSL
データベース MySQL
60個〜100個
URLアドレス
マルチドメイン 無制限
サブドメイン 無制限
nginx Apache + nginx
RAID構成 RAID10
無料お試し期間 初回申し込み月無料
サポート メール/電話/チャット

conohaサーバーのスペックは他社と比較してもかなり優秀な水準にあります。

容量はプランによって250~450GB用意されており、HDDよりも高速なSSDが使用されています。

無料お試し期間は用意されていませんが、今なら初回申し込み月の利用料金が無料になります。

大量の同時アクセスによるサイトダウンを防止してくれる「nginx」も標準装備していますし、サポート体制も整っています。

全体的なスペックが非常に高く、料金もリーズナブルなので初心者にも上級者にもおすすめできるレンタルサーバーです。

「ワードプレスを使ってサイト運営がしたい」「アクセス数を稼ぐサイトを作りたい」「コスパの良いレンタルサーバーを選びたい」こういった方にconohaサーバーはおすすめです。

3.conohaサーバーの料金プラン

conohaサーバーの料金プラン

conohaサーバーの料金プランを紹介していきます。

conohaには「WING」「VPS」「Windows Server」の3つのサービスが提供されています。

それぞれの料金やサービスの特徴をチェックしていきましょう。

3-1.「conoha WING」ワードプレス利用者にいい!時間課金制もある!
契約期間が短いのがデメリット

「conoha WING」ワードプレス利用者にいい!時間課金制もある!契約期間が短いのがデメリット

「conoha WING」は最新の高性能レンタルサーバーで、圧倒的な処理性能を有しています。

高負荷に強く、安定したパフォーマンスを発揮してくれるので、ブロガーやワードプレスユーザーに利用されています。

初期費用が必要なく、月額料金制の他に時間課金制も用意されています。

月額料金制は月額800円〜というリーズナブルな料金で使い始められますし、時間課金制は使った分だけの料金が設定されますし、最大料金が決まっているので使いすぎても安心です。

【月額料金制】

契約期間 初期費用 ベーシック スタンダード プレミアム
3ヶ月 無料 1,100円/月 2,300円/月 4,600円/月
6ヶ月 無料 1,000円/月 2,150円/月 4,300円/月
12ヶ月 無料 900円/月 1,950円/月 3,900円/月
24ヶ月 無料 850円/月 1,850円/月 3,700円/月
36ヶ月 無料 800円/月 1,750円/月 3,500円/月

【時間課金制】

契約期間 初期費用 ベーシック スタンダード プレミアム
なし 無料 2円/時(最大1,200円/月) 4円/時(最大2,400円/月) 8円/時(最大4,800円/月)

料金プランは「ベーシック」「スタンダード」「プレミアム」の3種類が用意されており、それぞれのスペックは以下のようになっています。

機能 ベーシック スタンダード プレミアム
無料独自ドメイン
無料お試し期間
容量(SSD) 250GB 350GB 450GB
転送料課金
転送量 4.5TB/月 5.5TB/月 6.0TB/月
無料独自SSL
データベース(MySQL) 60個 80個 100個
URLアドレス 独自ドメイン 独自ドメイン 独自ドメイン
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限 無制限
nginx
RAID構成 RAID10 RAID10 RAID10
サポート メール、電話、チャット メール、電話、チャット メール、電話、チャット

容量やデータベース、転送量が異なるぐらいで基本的にはどのプランも十分なスペックを有しています。

ワードプレスで初めてWebサイトを制作するという方は「ベーシック」プランから始めてみるといいでしょう。

3-2.「conoha VPS」マインクラフトやるなら!設定が難しい

「conoha VPS」マインクラフトやるなら!設定が難しい

conohaで提供されている「VPS(バーチャル・プライベート・サーバー)」サービスです。

豊富なテンプレートと高速SSDを採用することで加入してからすぐに使えるサーバーが作れます。

ワードプレスを利用される方にもおすすめですし、ゲームのマルチサーバーを簡単に構築できるのでやマインクラフトを楽しむ方にぴったりです。

ただ、「conoha WING」に比べると設定が複雑になっているので注意してください。

料金は以下のようになっています。

メモリ 512MB 1GB 2GB 4GB 8GB
月額料金 620円/月 880円/月 1,680円/月 3,280円/月 6,680円/月
最低利用期間 なし なし なし なし なし
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料
CPU 1コア 2コア 3コア 4コア 6コア
SSD 30GB 100GB 100GB 100GB 100GB

conoha VPSは月額料金制で利用できます。最も安いプランで月額620円という料金から始められます。

3-3.「conoha Windows Server」Windowsの開発環境を使うなら!

「conoha Windows Server」Windowsの開発環境を使うなら!

Windows OSをご利用でFXの自動売買、短期間の実証実験、仮想デスクトップなどなどの利用におすすめなのが「conoha Windows Server」です。

どこでもWindows環境が利用できるようになりますし、スマホやタブレットからもアクセスが可能です。

料金は以下のようになっています。

メモリ 1GB 2GB 4GB 8GB 16GB
月額料金 1,800円/月 3,200円/月 5,900円/月 10,500円/月 19,500円/月
最低利用期間 なし なし なし なし なし
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料
CPU 2コア 3コア 4コア 6コア 8コア
SSD 50GB 50GB 50GB 50GB 50GB

月額1,800円から利用できるサービスとなっています。

4.conohaサーバーのメリットについて

conohaサーバーのメリットについて

conohaサーバーのメリットについて詳しく見ていきましょう。

レンタルサーバーの利用を検討されている方はどのような点にメリットがあるのかを把握した上で、加入するかどうかを決めてみてください。

ワードプレスを利用したWebサイト運営において重要な機能が備わっているので注目です。

4−1.表示速度は国内最速!利用者満足度も高い

conohaサーバーは独自にチューニングされた強力なキャッシュ機能など、表示速度をアップさせる仕様が数多く盛り込まれています。

2020年3月時点で国内速度はNo.1となっており、サイト運営者にとっても、アクセスした人にとってもストレスの少ないWebサイトを制作できます。

サイトの表示速度が遅いとせっかくアクセスがあってもサイトから離脱してしまう可能性があります。

集客を目的としたWebサイトにおいて表示速度はかなり重要なので、表示速度に優れたサーバーがおすすめです。

4−2.ワードプレス、アフェリエイター、ブロガーにおすすめ

conohaサーバーは「アフェリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバーNo.1」「ワードプレス利用者満足度No.1」「サポートデスク対応満足度No.1」など高い評価を得ているサービスです。

高い処理性能を有し、利便性の高い機能や無料で使える幅広い機能など、Webサイト運営者にとって使いやすくメリットの大きいレンタルサーバーといえるでしょう。

4−3.独自ドメインが永久無料

conohaサーバーでは、サーバーと独自ドメインがセットで利用できる上に、独自ドメインは無料で使えます。

独自ドメインを取得することでサイトの信用性も向上しますし、SEO的にも有利に働きます。

マルチドメインも無制限に利用できますし、取り扱いのドメイン名は「.com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click/.tokyo/.top/.work/.pw」と幅広いのが特徴です。

4−4.独自SSLが無料

サーバーとユーザー間のデータ通信を暗号化するSSLも無料で使えるのでセキュリティ性能にも優れています。

サイトの利用者にとってみれば、SSLが装備されていないと個人情報の流出などに気を遣わなければなりません。

独自SSLが無料で使えるようになっているので、セキュリティ対策の行き届いた信頼性の高いWebサイトを運営できます。

4−5.nginx採用で大量アクセスでもダウンしない安定性

nginx採用で大量アクセスでもダウンしない安定性

conohaサーバーでは、大量アクセスに強いnginxを採用しています。同時にアクセスが大量に集中したとしても、ダウンすることなく安定したレスポンスを実現します。

この機能は集客を目的としたWebサイトを運営する上で欠かすことができません。

表示速度のみではなく、大量アクセスでも安定して機能するレンタルサーバーを選びたいならconohaサーバーがおすすめです。

4−6.他社からのサーバー移行も簡単!

conohaサーバーには他社のサーバーからの引っ越しを簡単に行うことができる「ワードプレスかんたん移行」「ワードプレス移行代行」といったサービスも用意されています。

今お使いのレンタルサーバーに不満がある場合には、高機能でコスパの高いconohaサーバーへの乗り換えがおすすめです。

4−7.Webメールなども充実

conohaサーバーでは、メール機能も非常に充実しています。

メールアドレスは無制限に作成可能ですし、迷惑メールフィルターやウイルスチェックなどセキュリティ対策も万全です。

Webブラウザからのメール閲覧や送受信も対応していますし、メーリングリストからの一斉送信や自動返信など幅広い機能が利用できます。

4−8.直感的な操作が可能なコントロールパネル

conohaサーバー内での各種操作は直感的な操作が可能なコントロールパネルから簡単に行えます。

レンタルサーバーを初めて使うという人でも安心な使用感で高機能なサービスを提供しています。

4−9.自動バックアップにも対応

もしサーバー上のデータが消失してしまった場合でもconohaサーバーでは、自動バックアップに対応しています。

過去14日分のデータを1日1回ごとに保存しているので、データが消えてしまった場合でも過去のデータを自動取得できます。

自動バックアップは全プランで標準搭載しています。

難しい設定も必要なく、復元も簡単な操作で行えるので便利です。

4−10.ConoHa WING_リザーブドプランはいつでも解約可能

ConoHa WING_リザーブドプランはいつでも解約可能

conoha WINGで提供されているリザーブドプランはいつでも好きな時に解約することができます。

レンタルサーバーだと契約期間が定められており、期間内は解約できないイメージが強いですが、こちらのプランではいつでも解約可能なので安心です。

Webサイト運営が初めてで長期的な見通しが立たない場合には、好きな時に解約できるこちらのプランを使ってみてください。

4−11.移行代行や乗り換えプランもあり

他社のレンタルサーバーを利用中の方でconohaサーバーへの移行を考えている方は「移行代行」や「乗り換えプラン」の利用がおすすめです。

サーバーの乗り換えには複雑な手続きも多く大変ですが、conohaサーバーではそういった難しい手続きを代行してくれます。

申し込むだけで簡単にWebサイトの引っ越しができるので、今のサーバーに不満の方はconohaサーバーに乗り換えましょう。

5.conohaサーバーのデメリットは

conohaサーバーのデメリットは

これだけの機能が整っているconohaサーバーではありますが、デメリットがないわけではありません。

加入する前にデメリットも含めて理解することで後悔のないレンタルサーバー選びができます。

ここではconohaサーバーのデメリットを見ていきましょう。

5−1.料金が他社に比べて高額

スペックが高い分conohaサーバーの月額料金は他社よりも割高になっています。

月額料金は高いものの、それを上回るスペックを誇っているためお得感では負けません。

ただ、限定的な機能やスペックで十分という人にとっては、もっと料金を抑えたサーバーの方が向いているでしょう。

5−2.2018年サービス開始と新しいため情報が少ない

conohaサーバーは2018年からサービス提供が開始された新しいレンタルサーバーです。

開始してまだ2年しか経っていないため、公式サイト以外の情報に乏しいというデメリットがあります。

10年以上続いているレンタルサーバーであれば、長く利用している人の目線や多様な口コミなども見つかりますが、新しいサービスだとその辺の実態が掴みにくい部分があります。

5−3.無料お試し期間がない

conohaサーバーには無料お試し期間が用意されていません。

加入した初月の利用料金は無料なのですが、「〇〇日間無料」といった感じのお試しサービスはありません。

お試し期間がないと使ってみて合わなければ解約といったことができません。

契約期間が定められた料金プランになっているので、加入は慎重に行う必要があります。

もし契約期間が不安なのであれば、時間課金制を利用してみるといいでしょう。

6.conohaサーバーの解約・サービス停止手続きについて

conohaサーバーの解約・サービス停止手続きについて

conohaサーバーの解約手続きやサービス停止手続きについて解説していきます。

解約方法に加えて、サーバーを停止したときの料金はどうなるのかなど疑問に答えていきます。

6−1.解約方法

conohaサーバーの解約はコントロールパネル内にある「アカウント設定」から行えます。

アカウント契約情報内にある「conohaアカウントを削除する」という項目をクリックすれば解約鉄d機が行えます。

また、サーバー上のデータを削除すると登録データの復旧は行えないので注意してください。

6−2.サーバー停止で料金はどうなる?

サーバーを停止しても料金はかわらず発生します。

停止すると料金の請求がストップするということはありません。

6−3.サーバーの削除方法は?料金はかかる?

サーバーの削除方法は解約手続きと同様です。

コントロールパネル内にある「アカウント設定」→「conohaアカウントを削除する」から手続きを行ってください。