ビズリーチの口コミと評判は最悪?実際の評価を暴露

未分類 転職


かつては1つの企業に長く務め続けることが当たり前だとされてきましたが、現在は様々な目的で転職活動をすることが珍しくない時代となっています。

その目的の1つとして、収入を上げたいと思って高い給料のもらえる企業に転職を考える方も少なからずいます。

そんな方におすすめの転職サイトがビズリーチです。

今回はビズリーチがどういったサイトか知りたい人やビズリーチの評判を知りたい方向けに、ビズリーチの仕組みやメリット、デメリット、口コミの評判、利用する際の注意点などの情報を網羅的に解説していきます。

この記事を読むことで以下の3つのことがわかります。

  • ビズリーチの仕組みや特徴
  • ビズリーチの評判
  • ビズリーチを利用するのに向いている人

目次

ビズリーチの仕組みや特徴

コロナウイルスの蔓延が影響して、より金銭的に安心感のある会社を求めて転職活動を行う方が少しずつ増えてきています。

そんなビズリーチの概要や利用プラン、特徴、登録方法などについて解説します。

ビズリーチとは?

ビズリーチは国内最大級のハイクラス転職サイトです。

優良企業や名の知れたヘッドハンターからのスカウトで転職を目指すことのできるサイトで、他の転職サイトとその性質は大きく異なっています。

スカウトが前提で進んでいく転職活動になるため、直接企業やヘッドハンターとコンタクトが取れる分、周りを気にすることなく主体的に転職活動を行えます。

これまでの就職活動で、他の応募者を気にして企業の採用担当の方と良好な関係を築きにくかったという方は、自分のペースで距離を詰めていくことができるのでおすすめです。

ビズリーチの利用プラン

ビズリーチは他の転職サイトと違って、有料会員なるものが存在します。

転職サイトを利用するだけならお金をかけないでいいのが普通ですが、ビズリーチは認められるべき人材を確実に優れた企業に導くために事業を展開しています。

そのため、より転職しやすい環境を整えて、利用者にフル活用をしてもらって転職に成功してもらえるようにする対価として有料プランが用意されています。

ビズリーチの利用プランは以下の表の通りです。

料金プラン 料金 できること
スタンダードステージ(無料プラン) 0円 ・プラチナスカウトの閲覧、返信
・通常スカウトの閲覧
プレミアムステージ・タレント会員(有料プラン) 3,278円/月(一括払い) ・プラチナスカウトの閲覧、返信
・通常スカウトの閲覧、返信
・求人検索
プレミアムステージ・ハイクラス会員(有料プラン) 5,478円/月(一括払い)

ビズリーチは無料のスタンダードステージと有料のプレミアムステージに分かれていて、プレミアムステージはタレント会員とハイクラス会員に分けられます。

タレントクラスとハイクラス会員は年収によって振り分けら、プレミアムステージに登録した段階で、年収が750万円以上だとハイクラス会員、それ以下だとタレント会員となります。

ここで注目すべきなのがタレント会員とハイクラス会員とでできることに差がないという点です。

なぜ月額料金は違うのにできることに差がないのかというと、元々ビズリーチはハイクラス会員の有料プランしかありませんでした。

しかし、サービスの利用者を増やすためにより幅広い求職者に対応しようと、年収750万円以下の人向けに通常よりも安い料金でサービスが利用できるタレント会員を設けました。

とはいえ、スタンダードステージでもプラチナスカウトが使えるので、まずはスタンダードステージから始めてみて、それで足りなかったらプレミアムステージにするのが無難です。

プラチナスカウトがどういったものなのか説明すると、優れた企業やヘッドハンターが職務経歴書を見て、直接話してみたいと思ってもらえれば送ってもらえるスカウトです。

相手側としても好印象を持って接してくれて、面接も確約されているため、通常の転職活動の面接よりも成功確率はかなり高く、それが無料会員でも使えます。

ビズリーチの特徴

ハイクラス転職向けサイトのビズリーチでは以下の特徴が見られます。

  • 直接スカウトされる
  • 質の高い求人
  • ヘッドハンターからのアドバイスがもらえる

通常なら求人情報が掲載されていて、それに対して応募する形なので、求職者の積極性が試されます。

しかし、ビズリーチでは外資系や日系大手の優れた企業やヘッドハンターからのスカウトが届く形で、基本的に受け身の姿勢で問題ありません。

通常の転職サイトと比べて、求職者のスタンスに大きな違いがあります。

また、ハイクラス転職向けサイトなので取り扱っている求人の多くは、転職に成功すれば格段に年収が高くなる求人ばかりです。

さらに、そういったハイクラスの求人が約10万件以上公開されているため、十分な能力さえ持っていれば転職に成功します。

他にも、優れたヘッドハンターがサポートしてくれて、ハイクラスの求人に焦点を当てた転職のサポートを受けられます。

ヘッドハンターは転職エージェントのことで、他の転職サイトでいうキャリアアドバイザーのことを指しています。

スカウトされる側だからこそ、転職についてどう考えるかヘッドハンターに積極的に相談するようにしてください。

アプリよりサイトのが使いやすい?

アプリだと少しだけ不便さを感じることがあるので、なるべくブラウザ上のサイトを開くようにした方がいいです。

ビズリーチを利用する場合は、手軽にスマホで使えるようにとアプリをダウンロードして使う方も少なくないと思われます。

しかし、アプリを起動させるとロゴの表示画面が先に出て、本画面が表示されるのに少しだけ時間がかかるのに少しストレスを感じてしまいます。

また、エラーでアプリが開かない、ログインできないといったことも起こりやすいです。

「ビズリーチ アプリ」と検索するとエラー関係の項目がいくつかヒットします。

ビズリーチは在宅やテレワークなど副業案件も扱ってる?

ビズリーチではフリーランスとして働くような在宅・テレワーク案件や副業案件は取り扱っていません。

基本的には大手企業で正社員として現場で働くことを求められる案件がほとんどです。

そのため、在宅でフリーランスとして働くような方はフリーランス専用のサイトやエージェントサービスを利用するようにしてください。

最近ではコロナウイルスの影響もあって、少しずつ在宅でもこなせるものも増えてきていますが、それでも業務のうちの一部だけ在宅で済ませるといったケースばかりで、完全在宅で仕事ができるフリーランスや副業向けの案件は見受けられません。

 ビズリーチの登録方法

ビズリーチ 登録方法

ビズリーチに登録するためには、まずは公式サイトを開いて「会員登録(無料)」をクリックします。

メールアドレスやパスワード、年収を入力します。

その後、性別や直近の業務内容、保有しているスキルを選択して先に進むと会員登録が完了します。

基本情報に関しては、Facebook、Google、Linkedln、Yahoo!JAPAN ID、のいずれかのアカウントがあれば自動で入力できるので、それらのアカウントを利用してみてください。

また、会員登録の際には以下の点に注意してください。

  • 日中連絡が取れる電話番号を登録する
  • 虚偽の情報を登録しない
  • 業務内容や役職などは細かく記載する

企業やヘッドハンターの意欲が高い場合には、直接登録してある電話番号に電話をかけてくることもあります。

その時に電話に出られるように、なるべく日中連絡が取れる電話番号を登録しておいた方がいいです。

虚偽の情報の記載は後で必ず発覚します。

転職が多いから採用されにくいことを不安に感じて誤魔化しても、転職サイトなどを利用していれば足跡が必ず残っているので、正しい情報を特定することはそう難しいことではありません。

高収入向けの求人に転職しやすい環境を作ってくれている以上、その誠意を裏切るような行為は控えてください。

会員登録時の業務内容の箇所は、長々しく書くと苦労するからと省略しないように、ちょっとしたことでも細かく書いておいた方がいいです。

もしかしたらほんの数日の経験しかないことでも、能力値の高さから成長を見込んでスカウトしてくれることもあり得ます。

少しでもスカウトされやすくするために、業務内容や役職のことは事細かに書いた方が得です。

 解約や退会方法

もしビズリーチに登録して、転職が難しいとなってビズリーチを利用しなくなる場合は、必ず解約や退会処理を行うようにしてください。

過去にハイクラス向けエージェントで個人情報が流出してしまう事件が発生したこともあります。

もう使わないからと放置せずに、退会手続きを済ませてください。

肝心の退会方法ですが、ビズリーチにログインして設定ページを開くと、その中に退会手続きが行えるページがあります。

そこから指示に従って進めれば退会手続きができます。

ちなみに、アプリだとこの退会ページが見つかりにくくてスムーズに退会処理が行えなかったという意見もネット上で見られています。

そういった点からも、ビズリーチの利用はアプリよりもブラウザ上での利用がおすすめです。

ビズリーチを利用するメリット、デメリット

ビズリーチは高収入の職場に転職しやすく、高単価案件を求める人にとっては重宝したいサイトですが、当然メリットだけでなくデメリットもあります。

ビズリーチを失敗することなく利用するためにも、メリットとデメリットの両方を理解して利用するかどうか判断することは大切です。

ビズリーチの利用を検討する前にメリットとデメリットを理解するところから始めてみてください。

ビズリーチ利用のメリット

ビズリーチを利用するメリットとして以下の3つが挙げられます。

  • ハイクラス求人にターゲットを絞っている
  • 受け身で良い
  • 勤務中の会社にバレない

1つずつ見ていきます。

ハイクラス求人にターゲットを絞っている

簡単にハイクラス求人を見つけて、なるべく転職に成功できるようにサポートが受けられるのがビズリーチの大きな特徴です。

ビズリーチは年収600万円以上をすでに稼いでいる求職者に対して、年収800万円以上の企業に転職してもらえるようにサポートするサービスを提供しています。

金銭的な面やスキル面などでハイクラス求人にターゲットを絞って応募したいと考えた時、通常の転職サイトを利用していると、求人数があまりに多くてハイクラス求人を探し出すのに苦労した経験がある人もいると思われます。

これはハイクラス求人は競合他社に採用の動向を知られたくなかったり、求職者の募集範囲を年収や実績のある人に絞りたかったりして、非公開求人として扱われるケースが多い傾向にあるためです。

ビズリーチは明確な現年収と取り扱う求人の年収の金額を定めているため、転職に成功すれば確実に高収入が保障されています。

受け身で良い

ビズリーチは通常の転職サイトのように自分から求人を検索して応募する仕組みではなく、優れた企業やヘッドハンターからスカウトが来る受け身の仕組みとなっています。

自分で応募をした方が積極性があると言われればその通りではあるのですが、様々な事情で転職活動に時間を割くことが難しい人にとって、受け身でいいビズリーチは忙しくても転職活動ができるサイトとして便利です。

受け取るスカウトを餞別して気になったものに対して焦点を当てるだけでいいので、実際面接する段階に入るまでに時間をかけなくて済みます。

プラチナスカウトだと役員面接が確約されているため、手間をかけずに面接する段階に入りやすいのも、ビズリーチだからできることだと言えます。

受け身で良いというのは消極的に聞こえてしまうかもしれませんが、実績やスキルのある人がスカウトされるのは至極当然な流れです。

そういった方たちが自身に見合った職場で働いて実力を発揮できるようにサポートしてくれるのがビズリーチです。

勤務中の会社にバレない

転職活動で一番心配になる点は、現在働いている会社に転職活動をしていることがバレないかどうかという点です。

個人情報の管理能力の低い転職サイトに登録してしまったがために、情報が漏洩して会社に転職活動をしていることがバレてしまったというケースも実際にあります。

結論から言うと、基本は氏名や生年月日、在籍中の会社名などは非公開にすることが可能で、今の会社にバレることはあまりありません。

ビズリーチは会員登録時に必要な個人情報を入力する点では変わりませんが、やり取りが始まる前だと企業やヘッドハンターに公開される情報は職務経歴書やキャリアに関する情報のみに限定されています。

会社名については公開しておいた方が企業やヘッドハンター側にとっては判断材料になり、スカウトが来やすくなるので、公開しておいた方がいいですが、会社名を公開することにためらいがある方は、特定の企業に対して職務経歴書を非公開にするブロック機能を活用することをおすすめします。

また、在籍している企業や主要な取引先をブロックしておくと情報が漏れにくくなります。

加えて、企業だけでなくヘッドハンター経由でバレてしまうリスクもあるため、ヘッドハンターのブロック設定もできるようになっています。

それらの機能をうまく活用して、安心してハイクラス求人にターゲットを絞った転職活動に専念していってください。

ビズリーチ利用のデメリット

ビズリーチを利用するデメリットとして以下の3つが挙げられます。

  • 利用するのに審査が必要
  • スタンダード会員だとハイクラス求人で内定をもらうのが難しい
  • スカウトメールが多すぎる

1つずつ見ていきます。

利用するのに審査が必要

ビズリーチと他の転職サイトとの大きな違いとして、会員登録の際の審査の有無が挙げられます。

少なくとも年収500万円以下の人だと審査に落ちてしまう可能性が高いです。

ビズリーチはハイクラス求人に限定したサービスであり、それらの求人に見合った人材をスカウトという形で紹介するのが基本となっています。

サービスの利用に制限をかけないと、極端な例を挙げると月収12万円くらいの人が人生一発逆転を狙って会員登録をするケースが増えてしまいます。

あくまでも相応の実績やスキルを持った人たちがハイクラス転職を成功させるためにサービスを展開しているため、それに該当しない会員が増えてそこに運営のソースが割かれてしまうのは、ビズリーチにとって本意ではありません。

ビズリーチは年収500万円の壁を越えてから、さらに年収を上げていきたい場合に利用を検討すると審査に通る可能性が高いです。

日本人の平均年収が450万円前後だと言われていて、年収の格差社会も問題視されていることから、年収500万円を獲得するのは難しいかもしれません。

しかし、その壁を越えられないともっと高い壁は越えられないので、高いスキルを獲得して実績を作ってからビズリーチに登録してみてください。

スタンダードステージだとハイクラス求人で内定をもらうのが難しい

現時点で年収800万円近く稼げている人にとっては問題ありませんが、なんとか500万円の壁を越えたという方は、無料プランのスタンダードステージのままだとハイクラス求人のスカウトが来にくい可能性があります。

プレミアムステージとスタンダードステージの違いの1つに、公開求人に応募できるかどうかという点があります。

年収800万円くらい稼げている人であれば、その実績やスキルを評価されて、待っているだけでもプラチナスカウトが来ますが、そうでない人は公開求人にも応募しておかないとハイクラス求人を獲得しづらいです。

年収800万円に届かない方であれば、プレミアムステージに登録しても月に3,278円で、一日あたり約110円くらいのコストでハイクラス求人を獲得できるチャンスがグッと増えます。

高い年収を獲得するためのちょっとした先行投資という感覚でいられる程度のコストしかかからないので、プレミアムステージにグレードアップしてビズリーチを利用することをおすすめします。

また、ようやく500万円の壁を越えた段階で転職活動を始めるよりも、今の職場でもっと確実に年収が伸ばせる見込みがあるなら、できる範囲で年収を上げて余裕のある状態でビズリーチの会員登録をしてからの方がプラチナスカウトがもらいやすくなります。

スカウトメールが多すぎる

ビズリーチの会員登録をして、スカウトされるとしてもほんの数件のスカウトが定期的に来るくらいだろうと思って会員登録をしている人がかなりいます。

人によってはそういう人もいますが、実際はスカウトメールが思ったよりも多く来てしまって全部に目が行き届かないと感じている人も少なくありません。

通常の転職サイトでの積極性を求められる転職活動では、時間の都合上どうしても難しい人にとって、受け身でもうまく転職活動をしやすい仕組み作りに成功しているにも関わらず、スカウトメールが届きすぎてちゃんとチェックできないとなると、せっかくの利点を潰してしまうことにもなります。

あまりにスカウトメールが多くて処理しきれない場合は、自身が求める条件と一致率の低い求人のスカウトは絞ってもらって、なるべく自分が求める条件と一致している求人のスカウトに限定してもらえるように相談してみてください。

最悪の場合、しつこく1日に何件もメールを送ってくるようなところに対しては、アドレスのブロックやフィルタ機能などを利用して、シャットアウトしてしまうのも1つの手です。

ビズリーチの良い評判。最悪なのはうそ

ビズリーチは少し変わった転職サイトということもあって、様々な評判が飛び交っています。

ビズリーチのサービスに不満を感じる部分はあるかもしれませんが、基本的にはハイクラス求人をターゲットとしている立派な転職サイトとして人気が高いです。

中には、ビズリーチに登録したものの、スカウトが来ないから使えない、希望している求人とは異なるものばかりの面談をヘッドハンターから勧められたといった意見が見られています。

少し厳しい表現にはなってしまうかもしれませんが、それらは登録した人の現年収や能力値に対する評価、またスカウトが来にくいことを見越した妥協案としてヘッドハンターからの働きかけだと考えられる分、良い評判の方が明確な的を射ていて、信憑性が高いと考えられます。

そんなビズリーチの良い評判を紹介します。

評判1.自分の市場価値がわかる

Wantedryとかビズリーチとか登録するだけして情報収集するのは良かったですね。
自分の市場価値確かめる意味でも良い感じでした。

WEBはPHPやJS、Rubyあたりできればどこでもニーズありますねー
完全に裏側になるとWEBは向かないかもですが、、

 

転職活動をする際に、現年収が500万円ほどになっている場合は、ハイクラスな職場に転職するかどうかは別にして、できればビズリーチのスタンダードステージには登録しておいた方がいいです。

それはビズリーチがスカウト式で優れた企業やヘッドハンターから声がかかるシステムであるためで、スカウトが来るか来ないかで何となく自分の市場価値が見えてきます。

自分のしてきた仕事内容やスキル、実績などが年収800万円以上のところでも認めてもらえるかどうか、これが無料でわかるだけでもかなりお得です。

また、スカウトが来た場合にそれで実際に転職する流れに持っていけるかどうかは別として、優れた企業の役員やヘッドハンターとせっかく直接会話できる機会なので、自分のどこが評価されて、どこが足りなかったのかを聞くことも大事です。

自分の思っていなかった部分が評価されていたり、自分で自信のあった部分が思ったほど高い評価を受けていなかったということに気付けます。

ビズリーチを通じて自分の市場価値を知ると同時に、自分の市場価値の高さの要因となっている部分を理解することで、失敗しない転職活動を実現できるようになります。

評判2.優れたヘッドハンターからの支援が手厚い

「できる」ヘッドハンターさんは、仕事の質が高い。
ビズリーチを通じてやりとりしていたヘッドハンターさんと電話面談した。ランクも高いハンターさんだったけど、面談後すぐに、キャリアや志向が考慮されている案件を複数提示してくれ、目移りしています。

ランクが高いハンターさんはやはり違う。

 

ビズリーチは特別な審査を乗り越えて集まった優れたヘッドハンターがスカウト案件を持ってきてくれたり、転職活動を全面的にサポートしてくれます。

かなり優れたヘッドハンターだと、これまで転職活動を支援してきた実績もあって、その人の転職先に求める条件や考え方を汲み取った上で、すぐにそれに合った案件を提示してくれることも珍しくないようです。

ビズリーチに所属するヘッドハンターの全員がそうできるかと言われれば、決してそういうわけではありません。

中には、他のビズリーチの会員を複数名担当していて、忙しくてアドバイスや指示やいい加減になっていると思われるヘッドハンターもいます。

ハイクラスな職場に転職するためには、ヘッドハンターとの信頼関係もある程度大事になってきます。

そのため、何度かヘッドハンターと話してみてこの人なら大丈夫と思えばそのまま頼りにし続けて、どことなく違和感を感じて一緒に転職活動を進めていくとつまづいてしまうかもしれないと感じたら、別のヘッドハンターに変更してもらうように伝えてください。

少し話しにくい部分ではあると思いますが、どうして人には相性というものがあるので、そこは遠慮せずに自分本位で行動した方がいいです。

評判3.何を求められているのかわかりやすい

ちなみに利用した転職サイトは今よくCM見かけるビズリーチ。
企業からの直接のスカウトメールの情報量がめっちゃ多い
募集の背景とか今後の展望とか記載されているので自分に何を期待しているかがわかりやすい。

 

スカウト式の転職だと自分1人に視線が向く分、相手の求める人物像というのを応募式の転職よりも強く意識しないといけないため、リラックスしつつも気を引き締めた転職活動ができて、いい結果が得られやすいです。

通常の転職サイトであれば、どういった目標があって、その上で私たちには何が求められているのかというのがつかみにくい傾向にあります。

新卒組だとインターンシップなどでその企業に関する説明を受けて、その過程で事業の方向性やそれに伴う求人募集の目的がわかります。

しかし、転職組はそういった機会が少ない分、自分で情報をリサーチしておく必要があり、何かと手間がかかってしまいます。

ですが、ビズリーチは企業の役員やヘッドハンターと直接的なコンタクトを取るのがそこまで難しくないことから、自分に何が求められているのかがわかりやすく、もしわからない場合でも他の応募者がいない分、自分のペースで直接尋ねることも可能です。

ちなみに、ビズリーチで転職に成功するとアルバイト採用のお祝い金と似たような形で、転職お祝いとしてAmazonギフト券5,000円分もらえるので、ビズリーチの転職活動により気合が入りやすい仕組みが作られています。

評判4.通常の転職サイトより案件を処理しやすい

転職エージェントを利用して1週間で感じたこと
・ビズリーチ→基本的に今の年収より上がる質の高いスカウトが多い。その分数は少ない。外資系企業の紹介が多めかも。

・リクルートキャリア→毎日15件くらい求人が届いて死ぬ。

 

ビズリーチは通常の転職サイトと比べて案件の処理がしやすいです。

通常の転職サイトでも、求人情報に関するメールやメッセージが頻繁に届きます。

毎日15件ずつくらい届き、それに対して1つずつ丁寧に企業理念や求める人物像などを調べていたら、それだけで毎日かなりの時間を消費してしまい、時間効率がかなり悪くなります。

しかし、ビズリーチはスカウト式で案件数が少ないために情報を処理しやすいです。

プラチナスカウトだと面談が確約されている分、抜きどころを考えながら実際に受けたいスカウトだけに情報収集を絞っても問題ないため効率よく転職活動が行えます。

仕事で忙しい中でずっとonの状態で転職活動をしていると身体に限界が来てしまうので、onとoffをうまく使い分けて転職活動ができる方にビズリーチはおすすめです。

逆に言えば、ビズリーチは転職サイトよりも取り扱う案件が少ない分、思ったほどは企業やヘッドハンターと接点を持てない可能性もあるため、スカウトがとんでくるかどうか微妙なラインの 年収や実績しかない人にとっては、ビズリーチでの転職は少しハードルの高いものになることを理解した上で、転職活動に取り組んでみてください。

評判5.とにかく年収を上げられる

ビズリーチでオファーの年収レンジが
下限600→800
上限800→1500
も上がったので、その知見も記事にしようと思います!やったのは

・年収最新化してハイクラス会員になった
・経歴書最新化(キャッチーなワード入れた)
・比較感が出るような数字の入れ方をした

らへんですね。非常にコスパがいい!

 

ビズリーチはハイクラスな職場に転職することで年収を一気に挙げることのできる点でかなりのユーザーから良い評価がされています。

100~200万円程度は年収がすんなりと上がり、場合によってはそれ以上一気に年収を引き上げることもできるようです。

インターネット上の口コミ情報や評判を見ている限りだと、少なくともビズリーチで転職してから、以前よりも年収がかえって下がってしまったり、以前とさほど変わらない年収にしかならなかったといった報告は見られませんでした。

ほぼ100%と言ってもいいくらいにビズリーチでハイクラス求人にスカウトされて、転職に成功すると大幅な収入アップに繋がります。

ただ、自分の納得のいく働き方や企業の方針の中で働けないと、金銭的には問題なくても人間関係のストレスに悩まされてしまいます。

特にブラック企業で何時間も残業させられたけど、それに見合った収入だけはもらえていたという方だと、転職に対して求めるものは収入というより働きやすい環境だと思われます。

それを最低限に抑えるためにも、どんな工夫をすればミスマッチすることなくハイクラスな職場に転職できるか模索しながら転職活動を進めていくことが大切です。

ビズリーチの利用に向いている人の特徴

ビズリーチの特徴やメリット、デメリット、口コミでの評判なども踏まえて、ビズリーチは以下のような人に向いているサービスだと言えます。

  1. 転職してステップアップしたい30~40代の人
  2. 高い実績やスキルがある人
  3. 管理職を経験した人
  4. IT・Web業界に行きたい人
  5. 大手企業や外資系企業への転職を狙っている人

1つずつ詳しくみていきます。

1.転職してステップアップしたい30~40代の人

ビズリーチを利用する方の多くは、今の職場のままではさほど大きなリターンは今後得られないと考え、転職してステップアップしたいという思いでビズリーチを始めています。

そういった方は特に30代に多くて、中には40代で始める方もいます。

一般的に30代になると転職が難しくなってくると言われていますが、それはあまり他の企業では活用できるスキルを得られず、過酷な労働環境の中で働き続けた人に対して言えることです。

きちんとした企業でビジョンを持ってスキルや実績を積み重ねていった30代の人であれば、十分にハイクラス求人の職場でも求められる存在だと言えます。

あまり不満のない環境で堅実に仕事を続けてきたけど、これ以上収入を上げていくにはステップアップするしかないと考える30代の方は多いはずです。

仮に定年まで働き続けるなら、まだ10~20年は現場で求められる存在になることに変わりはないため、30代だからと臆することなく挑戦していった方が良いです。

40代にさしかかったばかりの方でも、キャリアプランによっては転職するのも良い選択肢の1つとなる場合もあります。

40代でビズリーチを利用してみたい方はその辺りをよく考えた上で利用してみてください。

2.高い実績やスキルがある人

20代はビズリーチは使えないのかと言われるとそういうわけではなく、新卒で入社してから着実にスキルと実績を積んできて、今ではそれなりに高いポジションで活躍しているといった20代の方でもビズリーチはおすすめです。

ある程度年齢が大事になってくるのは仕方ありませんが、即戦力となる人材のスカウト採用が前提となっているのがビズリーチです。

そのため、自分のスキルや実績に自信がある方は積極的に利用していってください。

特にビズリーチではITや技術職、コンサルタント、メーカーや経営の高度なスキルを持った人材に合った求人が多い傾向にあります。

その中でもIT技術は年々進歩していて、定期的に新しいスキルが求められる業種です。

今でもIT人材は不足していて、もっとプログラミングに強い人材を増やさなければならないと考えられています。

今から就職を志して、やがて高収入を得られる人になりたいと考えている方は、抵抗感が無ければIT分野を目指して、スキルを積んでビズリーチを利用していく流れが自然とスキルが身に付けられて高収入を目指せるのでおすすめです。

3.管理職を経験した人

ビズリーチのハイクラス求人で求められる役職で、管理職や役員クラスのポジションに就いてもらうことを検討している企業やヘッドハンターは少なくありません。

それに伴って、これまでの業務で管理職や役員クラスのポジションでの経験を持っている方は、どの求人においてもかなり優遇されます。

市場調査を行うシードプランニングの調査では、ヘッドハンターが管理職を探す場合に利用するサイトとして、ビズリーチを挙げる声が最も多かったことが明らかとなっています。

管理職やマネジメント経験は、その業界での基礎知識はもちろん、高いスキルを自身で身に付けていないと教えるのが難しい立場なので、そういった経験の有無がその人の能力の高さの証明となります。

ビズリーチでは、こういった経験を持っている方は頭1つ抜けて他の人よりもスカウトされやすい傾向にあるため、管理職経験やマネジメント経験は積極的にアピールした方がいいです。

4.IT・Web業界に行きたい人

先程も軽く触れましたが、ITやWeb系の業界で仕事をしたい方は、ビズリーチを使えば高収入の職場に転職しやすくなります。

単純にIT人材の需要が高くて、IT技術は今後も進歩し続けていくことが予想されるため、将来性も高い業界として注目されています。

IT・Web業界を今から志すのは難しいのではないかと考える方は少なくないと思われますが、実は今だからこそIT・Web業界を視野に入れて、ビズリーチを使ってハイクラスな職場を目指すのに適した理由があります。

それは人工知能の発達とそれに伴うプログラミング言語の変化です。

これまではJava Scriptを使って自由にWebページを作り上げたり、アプリ開発やシステム開発を行ってきました。

しかし、人工知能の発展によりJava Scriptとは別にPythonというプログラミング言語が注目を集めています。

この言語はJava Scriptよりも短いソースコードでプログラムを実行させられ、Java Scriptでできることの半分程度はPythonでもできると言われています。

Pythonは汎用性が高い上に初心者が学習するのに向いているプログラミング言語で、そういった点で今からIT・Web業界を目指すことが推奨されています。

IT・Web業界を目指す人はPythonを使いこなして、短い年数でハイクラスな職場で働けるように挑戦してみてください。

5.大手企業や外資系企業への転職を狙っている人

ビズリーチはハイクラス求人を扱っているというだけあって、取り扱っている企業の多くは大手企業や外資系企業です。

特に外資系企業というだけで年収800万円を超えるところがかなり多いので、外資系企業を狙っている人は絶対と言っていいほどビズリーチを利用した方がいいです。

特にこれらの企業だと年収1,000万円クラスで採用してくれるところもそう珍しくはありません。

ビズリーチを活用してマッチングした企業で仕事を最後まで続けていくかどうかはともかくとして、大手企業や外資系企業での転職に成功すれば、その後の可能性は無限に広がります。

さらに高みを目指して転職することもできれば、そこで培ったスキルを活用してより自分の思い通りの仕事をするためにフリーランスに転身することもできます。

会社に就職して何となく与えられた仕事だけこなしていたら、自分の存在意義について問いたくなってくることもあると思われます。

しかし、きちんとスキルを身に付けて、その業界で自分の地位を確立できれば、オンリーワンの存在として他の誰もしていない形でその業界に貢献することも可能です。

自分の存在意義を明らかにするという意味でも、大手企業や外資系企業への挑戦は大きな意味を持っていると言えます。

ビズリーチの利用に向いていない人の特徴

一方で、ビズリーチは以下のような人は向いていないサービスだと言えます。

  1. 社会人経験がない人
  2. 転職回数が多い人
  3. マネジメント経験がない人
  4. 年収が低い人
  5. 地方での転職を考えている人

1つずつ詳しくみていきます。

1.社会人経験がない人

ビズリーチは社会人経験がない人が登録しても審査に通らない傾向にあります。

それは新卒だけに限る話ではなく、高校や大学を卒業すると同時に、フリーターとして働いている方やフリーランスとして働いている方も含めて審査に落とされやすいと言われています。

何よりも一番大きな要因としては、会社勤めを経験しているかどうかという点にあるようです。

会社にある程度長い期間勤めた経験があれば、転職した後も継続して働いてもらいやすいと判断されます。

せっかく優れた企業やヘッドハンターと交流しやすく、採用もされやすい環境を用意しているのだから、転職してすぐ辞めてしまうと、そこまでしたサポートがあまり意味をなさなくなってしまうという懸念があってのことだと考えられます。

もし現在の仕事が厳しくなって、キャリアを大きく変えて会社に就職するしかないとなれば、一度ビズリーチ以外の形で転職活動をするしかありません。

そこで年収500万円以上もらえるようになれば、ビズリーチを利用してキャリアアップを目指せるようになります。

2.転職回数が多い人

転職回数があまりに多いと審査に落ちてしまう可能性が高いです。

ミドルの転職が実施したアンケートで、転職の経験について以下の調査結果が明らかとなっています。

 

年代 平均転職回数
20代 0.9回
30代 1.7回
40代 2.2回
50代 2.1回
60代 1.1回
全体 1.8回

 

 

年代 転職回数の割合
1回 22%
2回 19%
3回 14%
4回 8%
5回以上 9%
なし 28%

すべての年代を通じた転職回数の平均は1.8回で、概ね1、2回くらいの転職は普通だと考えられています。

転職回数の割合は2回と3回とで5%もの差があり、3回と4回とで6%もの差が発生しています。

つまり、3、4回以上の転職経験がある人は全体としての割合が少なく、それだけ就職しても辞めやすい人だという風に認識されてしまいやすいです。

これが40代頃までで3、4回ならともかく、20代のうちに3、4回も転職していたら、転職したとしても長くて1年程度しか在籍しない可能性が高いと判断されてしまいます。

社会人経験がない人以上に、転職回数の多い人はそれだけ安定して仕事が続けられない人という風に扱われてしまいがちで、そういった方はビズリーチの審査に特に落ちやすいです。

3.マネジメント経験がない人

20代で高いスキルや実績をすでに持っている人は、社員の配置の関係上どうしても高いポジションに就けるとは限らないため、比較的ポジションが低めの求人も多く存在します。

しかし、30代半ば以上の人がビズリーチを利用する場合は、マネジメント経験がなくても転職できるハイクラス求人というのはかなり限定されてしまいます。

どうしても30代半ば以上が対象になる求人案件の多くは、管理職や経営に近いポジションの配置が前提となるものが多いです。

ビズリーチは即戦力をスカウトすることを基本とする転職サイトなので、いくら自信があってもマネジメントをこなせる証明がないと、適性がないと判断されてしまいがちです。

ビズリーチでの転職活動を視野にいれる30代半ば以上の人は、それを見越して今の職場で高いポジションを獲得するための努力から始めるしかありません。

4.年収が低い人

大前提として、ビズリーチは現年収が低いと登録しても門前払いされてしまいます。

それは、これまでの転職した人のデータから、転職前の収入と比べて、転職後の収入が一気に上がった人でも、最大で20%前後の上昇までしか見られませんでした。

それ以上の年収の上昇が見込める人は早々いません。

ビズリーチで取り扱っているハイクラス求人のうち、一番年収が低い案件でも年収700万円は手に入ります。

だいたい20%までなら年収の上昇が見込める可能性があることを考えると、年収500万円は現時点で獲得していないと審査に合格することは難しいです。

ただ、まだ正確な年収が出ていないビズリーチに登録する直前のタイミングで、新しく身に付けたスキルを仕事で発揮して大きな実績を残した場合は、その実績がどのくらいの利益を生み出すものか数値化できれば、審査の判断基準として使われる可能性は十分にあります。

どうしても急いで年収を底上げしたい人は、険しい道にはなりますが、短期間でスキルを身に付けて実績を残せるように努力してみてください。

5.地方での転職を考えている人

基本的にハイクラス求人の案件は、都会にある本社での勤務になることが多いため、都会に住むことが前提になることは押さえておくべきです。

コロナウイルスの影響で在宅勤務を導入する企業が増え、ハイクラス求人の案件の中でも労働者の安全を考えて自宅で勤務させるところも増えてきてはいます。

しかし、いつまでもずっと在宅勤務でいられるとは限りません。

基本は在宅勤務としているところでも、どうしても大事な打ち合わせだけは直接会って行いたいところも多いです。

ビズリーチに登録して、スカウトをもらった企業の地方にある部署で働かせてもらえればいいと考えて話を進めてしまうと、企業側で譲歩できないためにスカウトの話がなしになることもあります。

後でそういった話の流れになってしまうと、それまでかけた時間が無駄になってしまうため、基本的に地方での転職を考えている人はビズリーチの利用はおすすめできません。

今後、過疎化の問題で地方の仕事が減少してくることを考えると、地方で仕事をしつつ年収を上げるなら、自力でどうにかスキルと実績を身に付けてフリーランスになるしかないです。

ビズリーチ利用の注意点

ビズリーチはハイクラス求人を求める人にとっては確実に就職しやすいサービスではありますが、以下の注意点を理解した上で登録するようにしてください。

  • すぐに転職はできない
  • スカウトが来ない場合に原因を教えてくれない

すぐに転職はできない

ビズリーチは急ぎの転職を希望する人には向いていません。

通常の転職サイトだと自分たちから応募していくスタイルなので、すぐに求人を紹介してもらって応募して、うまくいけばテンポよく転職することができます。

しかし、ビズリーチはスカウトを待つ受け身姿勢のスタイルで転職活動を行う必要があるため、転職活動がテンポよく進められるかどうかは、スカウトをくれる企業やヘッドハンターの動きによって変わります。

そのため、転職活動が長期化してしまうことも珍しくありません。

もちろん、現年収がすでに800万円近くの高いスキルを持った人であれば引く手あまたなので、どこかしらの企業やヘッドハンターはすぐに連絡をくれます。

しかし、年収500万円くらいのなんとかビズリーチの審査には合格できたといった人だと、より優れた人に集中的に声がかかって、断られたから第二、第三候補としてスカウトの声がかかるようなケースもよくあります。

そういった流れで、後に回されてしまいやすいことが自分の中である程度予想できる人は、ビズリーチでの短期での転職は割り切って、時間をかけてでも年収を上げるために転職活動に取り組む姿勢で臨んだ方がいいです。

そこで自分にはすぐに声がかからないと周りを気にして悲観的になってしまうと、来るはずのチャンスも逃してしまうことになるため、自分のペースでビズリーチを利用する意識を持つことが大切です。

スカウトが来ない場合に原因を教えてくれない

ビズリーチで登録している会員のなかで、なかなかスカウトが来ないという人は、スカウトが来ない原因を企業が教えてくれることはもちろん、サポートしてくれるヘッドハンターが教えてくれるわけではありません。

基本的には十分な年収とスキルや実績があれば、スカウトの声自体はかかってくるため、面談まで進んで転職できなかった場合は、ヘッドハンターと話し合って原因が特定することも可能です。

しかし、スカウトが来ないということは、年収やスキル、実績の面に問題がある可能性が考えらえます。

先走ってビズリーチに登録してしまったと感じた時は、まずはビズリーチで転職活動をするだけの地盤を整えるところからやり直す必要があります。

もしスカウトが来なくて、一度年収を上げたりスキルを獲得するために、ビズリーチの利用を停止したい場合は、退会せずに停止する旨を運営に伝えれば対応してもらえます。

ビズリーチによくある質問

ビズリーチは他の転職サイトとは性質が異なる分、ビズリーチの利用に関して色々な質問が飛び交います。

その中から特に質問されることの多い以下の5つの質問について回答していきます。

  • ビズリーチは新卒でも使える?
  • 既卒や中途でも使えるもの?
  • ヘッドハンターからの返信率は?
  • スカウトに返信する時間がなかなか作れないときは?
  • 会員ページにログインできないときは?

ビズリーチは新卒でも使える?

ビズリーチは新卒での就職活動には使えません。

その代わり、最近「ビズリーチ・キャンパス」というサービスが開始されました。

これは学生とその学生が所属する大学・大学院のOB・OGや企業を繋ぐ、オンライン上でできるキャリア教育プラットフォームとして打ち出されたサービスです。

学生がこのサービスに登録した後、母校専用サイトのOB・OGの中から、自分と就職に対する考えが似ている先輩や興味のある企業に在籍する先輩を見つけて、「話を聞きたい」ボタンを押すと、その生徒とOB・OGを繋いでくれます。

こういった先輩から就職に関する相談をする中で、金銭的・性的トラブルに巻き込まれているケースもしばしば見受けられています。

その対策として、訪問依頼やビデオ通話の発信権限は学生側にしか与えず、サービス内のメッセージは運営スタッフが24時間有人監視を実施しています。

学生の方はこのサービスで新卒が最高の社会人としてのスタートダッシュを成功させ、若いうちにある程度高い年収まで引き上げるだけの実力を発揮し、最終的にはビズリーチを使ってハイクラスの求人をスカウトしてもらって、高収入な人材となれるように頑張ってみてください。

既卒や中途でも使えるもの?

ビズリーチは既卒や中途の方に焦点を当てた転職サイトです。

一度どこかの企業で高いスキルを獲得して、優れた実績を残してある程度年収が上がってきたら、さらに高い報酬やスキル、実績の獲得を目指せる職場に就くことなどを目的として、ビズリーチを使ってスカウトを受けるというのが一般的なビズリーチの活用方法です。

会員登録の審査に合格するには、概ね500万円程度の年収は少なくとも必要だと考えられているため、30代で転職するのに使うものというイメージを持っている方も少なくないと思われます。

しかし、相応の実力がある人であれば20代でも積極的に使っていく価値のあるサービスであることに間違いありません。

また、ある程度社会人経験がある20代の人であれば、30代後半や40代前半の人たちと比べて将来性がある分、高いスキルや高収入が得られるポジションを獲得しやすいです。

最近では早期リタイアという言葉も流行り始めているほど、必ずしも定年になるまで働くのが良いとは言い切れない時代になってきています。

特に早期リタイアをしてできるだけ長い時間、人生の自由な時間を確保したいと考えている方は、ビズリーチの活用は欠かせないと言えます。

ヘッドハンターからの返信率は?

ビズリーチのヘッドハンターは、優れた実績を持つ人を審査して選ばれたヘッドハンターであり、ビズリーチの運営はヘッドハンターを指導して、1週間以内には必ず返信を返すようにと指示を出しています。

そのため、ヘッドハンターから返信が返ってこないということは滅多にありません。

ただ、あまりにヘッドハンターが多忙な状態だと、返信が遅れてしまっているようなこともあり得ます。

その場合は、ヘッドハンターの名前を記載の上で、ビズリーチのカスタマーサービスにお問い合わせフォームからお問い合わせ内容を入力して送信してください。

お問い合わせフォームはビズリーチのWebサイト上にあり、受付時間は平日の10:00から17:00までとなっています。

3日営業日以内を目途に返信するとのことなので、急ぎの場合はその旨を文章内で伝えて、なるべく早く対応してもらえるようにするのが良いです。

スカウトに返信する時間がなかなか作れないときは?

スカウトに返信がなかなかできないと感じた時は、スカウトをくれた企業やヘッドハンターに電話やテレビ電話での面談が可能かどうか相談してみてください。

ビズリーチに登録している多くのユーザーはスカウトのメールの数が多いため、ついスカウトに返信するのを忘れてしまっていたり、単純に時間が取れなくてスムーズに連絡できないといったことがあります。

こうなるとプラチナスカウトなどで面接が確約されていても、なかなか面談ができない状況が続いてしまうので、放置せずに必要な対応だけは忘れないように心掛けた方がいいです。

通常の転職サイトのような自分が応募して相手側が誰を採用するか選ぶ形式だとなかなか相談しづらいですが、ビズリーチでは相手がスカウトしてくれている側なので、ある程度のことは許容して考えてくれます。

また、どうしても電話やテレビ電話での面談の相談がしにくい場合は、特にそこに対してこだわりがないなら、電話やテレビ電話での面談を実施しているところを優先してスカウトを受けるというのも1つの手です。

コロナウイルスの影響も相まって、最近ではリモート面談の形に切り替えるところも増えてきていて、そういった企業やヘッドハンターは、時代の流れに沿った立ち回りができる分将来性もあります。

スカウトされる側である以上、できる範囲で働きやすい環境を用意してもらえるところのスカウトを優先に返信するようにすることをおすすめします。

会員ページにログインできないときは?

ビズリーチの会員ページにログインできない原因の多くはヒューマンエラーであることが多いです。

以下のような原因が挙げられます。

  • メールアドレスをどれにしたら忘れてしまった
  • パスワードを忘れてしまった
  • 大文字か小文字か忘れた
  • 半角英数字で入力できていない
  • Caps Lockを押してしまっている
  • Webの推奨環境でログインできていない

ログインできない原因でよく起こるのは、登録情報の入力に関する部分です。

メールアドレスや大文字小文字の問題などは、最悪2、3回入力すれば間違いに気づきやすいですが、半角英数字で入力できていない、Caps Lockがかかっていたといった問題は案外気づきにくいことが多いです。

また、パスワードは一元管理できていればいいですが、他の登録している会員サイトのパスワードと混同してしまって、どれが正解かわからなくてログインできないこともあります。

かといって、同じパスワードを何度も使用していると、どこか1つのサービスで情報が漏洩してしまった際に、そのサービスで使っていたパスワードで会員登録していた他のサービスは、簡単に第三者がログインできるようになってしまいます。

最近では二段階認証を取り入れてセキュリティ性を高めているサイトも増えてきていますが、ビズリーチはまだ二段階認証に対応しておらず、パスワードが漏洩してしまうと大きなリスクが伴います。

そのため、パスワードは必ず忘れないように他人に見えない形で一元管理して保管してください。

他にも、Webの推奨環境に適していないブラウザで利用してもログインできないということも押さえておいた方がいいです。

20代におすすめの他の転職サイト

ビズリーチは年収500万円以上を獲得してから使い始めることで、ようやくハイクラスな職場に転職できるサービスとなっています。

そこまで辿り着けていない人は、今の職場で500万円を目指すか、従来通りの転職サイトで転職して収入を上げるしかありません。

しかし、転職サイトというのはかなりの数存在するので、どこを利用すればいいのか迷ってしまいます。

そこで、20代を中心としたこれから年収500万円を目指す人たちにおすすめできる4つの転職サイトの特徴を紹介します。

その4つの転職サイトの情報を以下の表にまとめました。

 

項目 マイナビエージェント doda リクルートエージェント リクナビNEXT
公開求人数 27,352 84,259 117,600 51,136
非公開求人数 109,408 35,646 177,389
ターゲット 第二新卒の20代~30代 20代~50代 20代~50代 20代~50代
特徴 ・未経験の職種に対するサポート
・キャリアアドバイザーの情報収集力
・専門性サイトの運営
・幅広い業種の求人を取り扱っている
・圧倒的求人数
・営業、エンジニア、コンサルタント、
クリエイティブの求人が多い
・求人応募が自分からできる
・オファーが来ることがある

1つずつその特徴を見ていきます。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代の転職活動に強いのはもちろんですが、就職して早期に退職してしまった第二新卒に対しても手厚いフォローをして、転職に成功させた実績のある転職サイトです。

マイナビ独自の繋がりもあって、求人数が比較的他の転職サイトの中でも多く、特に非公開求人の数がかなりあります。

非公開求人の取り扱いが多いということは、まだ世の中には明らかにできないプロジェクトに対する人員を割きたい、あるいは退職や異動の関係でポジションが空いてしまい、それに伴う人材配置の関係で、早急に人手が欲しいという企業が多い可能性が考えられます。

非公開求人として打ち出している企業は、こういった目的があることから、仕事にやりがいを求める人やすぐに転職したい方は必ずチェックしてください。

また、マイナビエージェントは独自のルートであらゆる業種と密に繋がっていて、そこで得た情報などはキャリアアドバイザーにも共有されているため、未経験の業種への転職にも強い転職サイトとしても知られています。

まるで違う分野への転職はさすがにリスクがあるからと諦めず、進みたい道があるならマイナビエージェントを活用して、自身にとってやりがいのある道を目指してみてください。

doda

dodaは転職したい業種などにこだわりのある人におすすめできる転職サイトです。

他の転職サイトではあまりみられないような業種や職種の求人が比較的多く、専門性の高い求人だけを取り扱うサイトを別途設けています。

そこでは、メディカル業界、営業・販売・サービス職、金融業界、企画・事務系の4種類から選択でき、これらの業界に進みたい人はできるだけチェックしておいた方がいいです。

業種の幅広さだけでなく、dodaで掲載されている企業は大企業・中小企業・ベンチャー企業を網羅しています。

選択肢の幅が広いため多くのユーザーのニーズにヒットしやすい点がdodaの大きな特徴だといえ、これまで転職サイトを活用して自分の思うような求人に出会えなかったという人には、特に利用してみる価値のある転職サイトです。

加えて、あまり詳しい知識やこだわりがない人でもエージェントサービスが導入されているため、経験豊富なエージェントと相談しながら道を模索していくこともできるので、安心してサービスを利用できます。

リクルートエージェント

どの転職サイトを選べばいいのかわからない人は、とりあえずリクルートエージェントに登録しておくのが無難です。

公開求人と非公開求人のどちらも他の転職サイトと比べて求人数が多く、自分に合う求人が1つもないといったことは滅多に起こりません。

強いていえば、これだけ求人数が多いとそこから候補を絞って応募していくのにやや苦労してしまうかもしれません。

特に営業やエンジニア、コンサルタント、クリエイティブ系の求人はかなり豊富です。

ただ、それだけ求人の数が多くても、リクルートエージェントは全国どの地域にいてもエージェントのサービスを受けられる仕組みができているので、選考対策の話も含めて、困った時はいつでもエージェントに相談すれば悩みを解決できます。

また、非公開求人はかなりの好条件がそろった求人ばかりという噂もあるので、できるかぎり好条件の企業に転職できるように欠かさずチェックしてください。

リクナビNEXT

リクナビはリクルートエージェントとは違って、自分の裁量で自由に転職活動できる転職サイトです。

本来、リクナビNEXTが限りなく転職サイトに近く、他の3つのサイトはどちらかというと転職エージェントに近いサービスだと言えます。

転職サイトと転職エージェントで何が違うのかというと、応募の手軽さや選考対策の有無です。

転職サイトはWeb上で会員登録をして、そこに掲載されている企業の求人広告を自分でチェックして、気になった求人に直接応募するサービスです。

一方で、転職エージェントはそこの会社に出向いてエージェントと個別に面談し、そこですり合わせた情報を基に、エージェントから求人が紹介されて、そこに応募して転職できるように支援してもらうサービスです。

限りなく転職サイトに近いリクナビNEXTは、自分で検索して見つけた求人に対して自由に応募できます。

それだけでなく、プロフィール情報として職務経歴や実績などを記入でき、場合によってはプロフィールをチェックした企業からオファーがかかることもあります。

転職サイトの定義に沿いつつ、ビズリーチのようなスカウト機能も備えた、クラウドソージングサイトに近い性質をしているのがリクナビNEXTです。

大多数の人はエージェントから指導を受けたり、自分に合った求人を見つけてもらったりして転職活動をします。

しかし、選考対策についてのノウハウがあって、自分に合った求人の探し方がわかっていて、一度転職の成功経験もあるような人だと、エージェントの存在がかえって転職のスピード感を落としてしまう原因にもなりかねません。

そういった人は、リクナビNEXTで自分のペースでスピーディに転職活動を進めていくのがベストです。

まとめ

ビズリーチは年収800万円以上が確約されたハイクラス求人に特化した転職サイトで、優れたヘッドハンターからの支援を通じて、相応な能力や経験を持った人をできるかぎりハイクラスな職場に転職させるために提供されているサービスです。

優れた企業やヘッドハンターからスカウトを受ける、これまでの転職サイトとはまるで真逆の仕組みで、忙しい人でも比較的転職活動がしやすいことで注目されています。

このビズリーチで、なかなかスカウトが来ないとかヘッドハンターが希望通りの求人を送ってくれないといった悪い評判が、インターネット上でいくつか流れています。

しかし、それらはビズリーチで会員登録できるハードルの年収500万円に何とか到達しているラインの人だから出てくる評価です。

年収600万円以上すでに稼いでいる人なら、自分の希望に合わないスカウトしか来ないといった状況はあまり起こりません。

実際、ビズリーチは年収を一気に上げたり、自分の市場価値を知ることができたりする点で、高く評価している人がかなり多かったです。

なので、ビズリーチの特徴を知って利用してみたいと感じた人は、会員登録をしてスタンダードステージから始めてみてください。

気になってはいるけどまだ年収が500万円に到達していない人は、今の職場か、別の職場に転職して500万円のラインを越える必要があります。

転職する場合は、マイナビエージェントやdodaなどの転職サイトなら年収に関係なく無料で登録して転職活動を始められます。

それらを活用して、高い収入が得られる職場への転職からチャレンジしてみてください。