アルコール消毒液おすすめ人気ランキング

暮らし

  • アルコール消毒液おすすめ人気ランキング
  • 店舗で使いたい! 大容量のアルコール消毒液
  • 持ち運びにおすすめのアルコール消毒液
  • 一家に一本! おすすめのアルコール消毒液

アルコール消毒液おすすめ人気ランキング

アルコール消毒液おすすめ人気ランキング

アルコール消毒液の主な成分は何かと問われて、明確に回答できるのは医療関係者ぐらいでしょう。
「疑心暗鬼を生ず」で人は心に不安が生じると見えない「鬼」さえも見えてくるものです。正しい知識を身に着けて、手指の消毒を実践しましょう。
また、アルコール消毒によって皮膚にかゆみや荒れを生ずる人もいます。感染症(COVID-19)を警戒するあまり、消毒を強要するのはやめましょう。
さて、冒頭のアルコール消毒液の主成分ですが、「エタノール」が正解です。エタノールは濃度が高い順に「無水エタノール(99パーセント以上)」、「エタノール(95パーセント)」、「消毒用エタノール(およそ80パーセント)」などが販売されています。
最適な濃度である消毒用エタノールが手に入らない場合は、無水エタノールを80パーセントに薄めて使うといいでしょう。一般的に中国の武漢で発生した新型コロナウイルスはアルコール濃度が80パーセント前後が最も効果が高いとされています。
エタノールはさとうきびやじゃがいもが原料となっており、人体にも無害なので消毒用としてよく利用されています。一般には希釈した濃度80パーセントのエタノールが消毒用に使われています。
商品によっては濃度50パーセントのものも消毒用として販売されていることがありますが、濃度80パーセントのものより効果は限定的になります。
例示すれば、大腸菌や黄色ブドウ球菌を除菌するぐらいの効果。感染した皮膚を消毒するには至りません。
なお、似た名前のアルコールとして「メタノール」が挙げられます。こちらは原料が天然ガスや石炭でアルコールランプの燃料として利用されます。
ここでは「店舗向け」、「持ち運び用」、「家庭用」の3パターンに分けてランキング化してみました。

店舗で使いたい! 大容量のアルコール消毒液

多くの人が来店する飲食店やショッピングモールでは大容量のアルコール消毒液が重宝されます。
お店では感染症対策だけでなく、通常の業務も行っているのでアルコール消毒液が切れても間断なく補充することはできません。
さらに一般の人はアルコール消毒液(エタノール)に関する知識が乏しいので、エタノールと間違えてメタノールを選んでしまうこともあります。メタノールは可燃性があり、消毒に使うと大変な事態に陥ります。
ドラッグストアによってはエタノールのそばにメタノールが陳列されていることもあり、間違えて購入してしまうお客さんもいるという話を耳にしています。
知識を持った人からすれば、可燃性のメタノールと消毒として皮膚にも使えるエタノールを同じ棚に並べるのは、訝しく思うことでしょう。
戦後には闇酒を作ろうとした一般の人がエタノールとメタノールの沸点の違いを利用して、大変な騒ぎとなりました。
これらの闇酒を飲んだ人は失明したとの記録も残っています。戦後の食料が乏しい時代とはいえ、厳しく取り締まられてとのことです。
まずはお店向けに容量の多いアルコール消毒液から紹介していきます。

1位 クールなデザインのアルコール消毒 ライオンハイジーン サニテートAハンドミスト 手指消毒液

公式サイトへ

形状 液体
主成分 塩化ベンザルコニウム、グリセリン、エタノール

最大4リットルまでカバーするアルコール消毒液。
ミスト状で噴射され、病院や介護施設、工場、厨房にぴったりの商品です。もちろん居酒屋やレストランにもおすすめ。
小さいものでは300ミリリットルや750ミリリットルサイズも取り扱っています。もノートンでデザインされたパッケージが人目を引き、お店に置いても違和感を感じさせません。
コンクリートむき出しのデザイナーズビルの店舗やカフェにおすすめのアルコール消毒液です。
最後にアルコール濃度は55パーセントであることを補足しておきます。

2位 5リットルの大容量! ニイタカ アルコール消毒剤 Nスター

公式サイトへ

形状 液体
主成分 エタノール、濃グリセリン、リン酸、酒石酸、トコフェロール酢酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、乳酸ナトリウム

保湿成分が配合されたアルコール濃度が76.9~81.4パーセントの消毒液。
ノズル式の「1リットル」と詰替え用の「5リットル」が販売されています。「Nスター」の殺菌効果はアメリカ疾病予防管理センター(CDC)のお墨付き。
食品を扱う方にもおすすめできる商品で、食品添加物にも使用される成分が用いられているので安心です。
即効性が高く、短い時間で殺菌できるのが魅力です。
ちなみにCDCはアメリカ合衆国ジョージア州アトランタにある感染症の研究をしている機関で、WHOとは別の機関です。米国の保健福祉省の下部組織に当たります。
設立は1946年に遡り、感染症に関する事件が起きれば、アメリカ国外へ出向くこともあり、CDCが提供するデータは世界標準となることもあるほど影響力を持っています。現に日本でも参考にされており、その影響力がゆえに映画や小説にも登場。耳にしたことのある読者もいるかもしれません。

3位 安心のアルコール消毒! イーダ EAIFIX食品添加物アルコール製剤

公式サイトへ

形状 液体
主成分 発酵アルコール

食品添加物のみで精製されたアルコール消毒液です。サイズはスプレーボトル式の「500ミリリットル」、ポリ容器の「5リットル」、大容量の「20リットル」を用意しています。
大きな食品工場でも使えるレパートリーの広さ。工場長におすすめの商品です。

4位 飲食店におすすめの1リットル! アルボナース 手指消毒剤

公式サイトへ

形状 液体
主成分 ベンザルコニウム塩化物、エタノール、ポリオキシエチレンラノリン

保湿成分を含んだアルコール消毒液。主に医療関係者向けに販売されている株式会社アルボナースが提供している商品です。ポイントは塩化ベンザルコニウムによる消毒効果を謳っていることで、結核菌や緑膿菌などウイルス全般に効果が見られます。
「塩化ベンザルコニウム」とは陽イオン界面活性剤の一つで、殺菌や消毒に用いられます。細胞膜の酸素機能や細胞そのもののタンパク質を変えることで殺菌。コンタクトレンズ溶液の防腐剤としても使われています。
サイズは小型の「100ミリリットル」から「4リットル」まで取り揃えています。短時間で消毒できるのが最大の魅力。
また、家庭用に「500ミリリットル」のノズル式や1リットルの詰替えパックも販売され、充実しています。

5位 大手のアルコール消毒液 花王 ビオレu 手指の消毒スプレースキットガード

公式サイトへ

形状 液体
主成分 ベンザルコニウム塩化物、エタノール、グリセリン、中鎖脂肪酸トリグリセリド、乳酸Na

2019年11月にパッケージを刷新した花王の消毒液です。
この商品も「ベンザルコニウム塩化物」を主体とした商品で、おなじみのキャラクターのパッケージが印象に残っている消費者もいることでしょう。
「400ミリリットル」は個人のお店やカフェなどにおすすめのサイズ。15秒ほど手や指に塗布することで効果を発揮できます。付け替え用もあるので、容器を保管しておき二回目からはキャップがついているものを購入するといいでしょう。
ただし、アルコール過敏症の方や肌の弱い方は使用を控えましょう。

6位 オフィスにおすすめのジェルタイプ ゴージョー MHS 350ml

公式サイトへ

形状 ゲル状
主成分 エタノール(70~80パーセント)、イソプロパノール(5パーセント未満)

医療現場に最適な「350ミリリットル」のゲル状アルコール消毒。元々はアメリカ合衆国オハイオ州で黒鉛や炭素、タールの汚れを落とすハンドクリーナーとして起業した会社です。日本へは1970年に進出。東京の神田に本社を構えています。
「ゴージョー MHS 350ml」は、ノズル式で手荒れを起こしにくいのがポイントです。さらに透明のパッケージで残量も一目で分かるという特徴を兼ね備えた商品。
「壁掛け用ブラケット」や「ベッドサイドブラケット」を併せて購入すれば、慌ただしい医療現場でも、スムーズな消毒が可能です。
病院におすすめのアルコール消毒液と言えるでしょう。

7位 手荒れが気になる方におすすめ 健栄製薬 手ピカジェルプラス

公式サイトへ

形状 ゲル状
主成分 エタノール、リン酸、グリセリン、アラントイン、ミリスチン酸イソプロピル、グリセリン脂肪酸エステル、パラオキシ安息香酸エチル、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル、DL-ピロリドンカルボン酸塩、ヒドロキシプロピルセルロース

「60ミリリットル」と「300ミリリットル」の二種類があるアルコール消毒液です。エタノールを主成分とした消毒液で多くの一般消費者向け商品を取り扱っています。
小型は持ち運び用に便利。「300ミリリットルタイプ」は家庭用にも小さなお店にもぴったりのサイズ感です。
黄色いキャップが目印の健栄製薬が販売している商品。ドラッグストアやオンラインで取り扱っています。

8位 ヒアルロン酸配合のアルコール消毒 健栄製薬 手ピカジェル

公式サイトへ

形状 ゲル状
主成分 エタノール、ヒアルロン酸Na、グリセリン、トコフェロール酢酸エステル、カルボキシビニルポリマー、トリエタノールアミン

健栄製薬が取り扱っているアルコール消毒。
エタノールを主成分とし、手や指につけたときも馴染みやすいのがメリットです。エタノールの濃度も76.9パーセントから81.4パーセントと最適な数値に調整されています。
ラインナップは、ノズル式の「300ミリリットル」と携帯用の「60ミリリットル」が販売されています。

持ち運びにおすすめのアルコール消毒液

次は家族で散歩したときに持ち運びたいミニアルコール消毒液のランキングです。アルコール消毒には液体、ゲル、泡の3種類があります。
3つの形状のうち、持ち運びに良いとされているのはゲルタイプ。液体だと鞄やリュックサックの中で漏れる危険が高まるからです。
また、ゲルタイプは適度な粘性があるので、よく伸び手に馴染みやすいという利点もあります。容器が半透明だと液体かゲル状が判別しにくいので、店員さんに尋ねてみると早く解決するでしょう。
持ち運びする予定なのに液体のアルコール消毒を購入してしまうとバッグの中が消毒液だらけになる危険性がアップします。
後悔する前にゲル状のものを選びましょう。どうしてもゲルタイプが手に入らない場合はジッパー付きの袋に入れてからバッグに入れるなど一工夫しておきます。
そして、泡タイプはまとまりがよいので、家庭の洗面所で使うのに最適。使う場所によって手にするアルコール消毒の形状も確認しておくと失敗も減ります。
それでは持ち運びにおすすめのアルコール消毒ゲルの順位を見ていきましょう。

1位 赤ちゃんにぴったりのアルコール消毒液! ハンドラボ 手指消毒ハンドジェルVS 120ml(しましまぐるぐるデザイン)

公式サイトへ

形状 ゲル状
主成分 エタノール、グリセリン、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ミリスチン酸イソプロピル、アラントイン、リン酸

持ち運びに重宝するサイズの「120ミリリットル」。
おむつ替えなどで手を洗えないシーンでも使えるオールマイティーなアルコール消毒ゲルです。
手頃なサイズ感と可愛らしいパッケージがポイント。サラヤ株式会社が提供しており、赤ちゃん向け絵本の「しましまぐるぐる」とコラボレーションした商品です。配色が赤ちゃんの目を引き、日本の赤ちゃんが最初に見る絵本と好評を博しています。
保湿成分も入っているので手に優しく安心して塗布できるアルコール消毒ゲルです。

2位 幼児におすすめのアルコール消毒! SARAYA ウィル・ステラVHジェル 40ml

公式サイトへ

形状 ゲル状
主成分 エタノール、グリセリン、ミリスチン酸イソプロピル、アラントイン

携帯性に優れた「40ミリリットル」のアルコール消毒液です。
適度な粘りがあるので、手のひらで広がりやすいのが特徴。小型バッグにもさっと忍ばせることができるナイスな大きさです。容器はキャップ式で胡椒をふりかけるような感覚で手指の消毒ができる手軽さが魅了。
エタノールは76.9~81.4パーセントで、殺菌にベストな濃度です。周りにお手洗いがなくても手指の消毒ができ、アウトドアや外出先で重宝される逸品。多めに購入しておいてもいいかもしれません。

3位 化粧品感覚で使えるアルコール消毒 NATURE REPUBLIC ハンドジェルチューブ

公式サイトへ

形状 ゲル状
主成分 エタノール

黄色ブドウ球菌や大腸菌を除菌してくれるアルコール消毒ゲル。
人体に無害な成分で作られ、アルコール濃度は52.25パーセントです。子どもから高齢者まで安心して使えるのが最大の特徴。
エレベーターの階数ボタンやスマートフォン、ドアノブの清掃にも利用するといいでしょう。大韓民国の「NATURE REPUBLIC」が展開している商品で中国へも販路を拡大しています。

4位 ペンチレングリコールによる多価アルコール消毒 NIKAIDO 藍AOMORIハンドジェル

公式サイトへ

形状 ゲル状
主成分 ポリフェノール

手や指だけでなく体にも塗布できる「多価アルコール」消毒ゲルです。青森の老舗和菓子店がオンラインで販売している商品。青森らしい質素ながらもクールなパッケージが素敵です。
食器洗いや洗濯で荒れた手を保護してくれます。抗菌作用もあるので、清潔に保つことが可能。
消毒より保湿や皮膚を保護する点を重視して作られた商品です。

5位 持ち運びにとにかく便利! アルコールハンドジェル 25ml

販売サイトへ

形状 ゲル状
主成分 水、エタノール

銀イオンとヒアルロン酸Naを配合したアルコール消毒ゲルで黒い蓋が目印です。
肌に優しく、衛生さを保てる商品。虫除けの液体容器に似た形状で素早く手指の消毒ができます。水とエタノールを主成分としており、殺菌効果が期待できます。
ポーチにもすっと入る大きさなので一本持っておくと、いざというときに役立つでしょう。

6位 柚子の香りで癒やされるアルコール消毒 機能性アロマ ラロムプリュ アロマプラスリフレッシュジェル

販売サイトへ

形状 ゲル状
主成分 ヒアルロン酸、トレハース

爽やかな柚子の香りが魅力のアロマゲル。ノズル式で使いやすいフォルムに好感が持てます。ピクニックやキャンプにも一本あると役立つでしょう。
刺激も少ない抗菌作用のあるゲルです。

7位 アーティスティックな見た目のアルコール消毒液 アルコールハンドジェル 日本製 200ml

販売サイトへ

形状 ゲル状
主成分 エタノール、水、グリセリン、PEG‐60水添ヒマシ油、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、イソペンチルジオール、ベンザルコニウムクロリド、香料

エタノールの濃度が55パーセントの消毒液です。アルコール過敏症の方や肌が弱い方でも使えるかもしれません。万が一、手が荒れた場合は使用を控えましょう。
なお、通常のアルコール消毒液はアルコール濃度が80パーセント前後。殺菌効果が望める反面、手荒れの心配があります。
ノズル式でシャンプーのように気軽に使用可能。「200ミリリットル」あるので、家庭用にも使えます。

一家に一本! おすすめのアルコール消毒液

最後は家庭に置いておくと便利なサイズや形状のアルコール消毒を紹介。それぞれ特性があるので、各家庭にあった商品をチョイスしましょう。
ノズル式の他、詰替え用も併せて販売してあるケースもあります。一回目にノズル式を手にしてから、容器を保管しておき、二回目に詰替え用を購入するといいでしょう。
ノズル式は少し割高だからとペットボトルや百円ショップの容器に入れてしまうと中身が変化して、消毒効果がなくなってしまったという報告も上がっています。
最大の効果を発揮させるために元々アルコール消毒が入っている専用の容器で詰替えを行います。
せっかく買っておいた消毒液が水泡に帰してしまっては意味がありません。しっかりと情報収集をしてから、オンライン販売や店頭に足を運ぶと効率的です。
なお、エタノールが入ったアルコール消毒もありますが、「イソプロパノール」という消毒液が入ったアルコール消毒もあります。
こちらは毒性が強く、数値にしてエタノールの二倍に達するので手荒れが発生します。ドラッグストアやインターネットで購入する際は注意しましょう。

1位 日本製がいいという方におすすめ 澁谷油脂 アルコール消毒ジェル

公式サイトへ

形状 ゲル状
主成分 ベンザルコニウム塩化物 0.05W/V%、八アセチルしょ糖変性アルコール、濃グリセリン、カルボキシビニルポリマー、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、トリエタノールアミン、精製水

「ベンザルコニウム塩化物」を使用した消毒ゲル。神戸に本社を構える澁谷油脂株式会社の商品で医薬部外品の他、石けんや化粧品も製造しています。
「アルコール消毒ジェル」は手指の消毒や感染皮膚、そして家具や病室の消毒にも使えます。水なしで使用できるゲル状の商品。
ワンプッシュして、手になじませるだけで消毒完了。ゲル状なので手や指になじみやすいのがポイントです。

2位 速乾性が売りのアルコール消毒液 濤和化学株式会社 ハイエスト

公式サイトへ

形状 液体
主成分 アルコール

病院や介護施設、動物病院でも使えるアルコール消毒液。昭和27年に設立された「濤和化学株式会社」の商品で東大阪市に本社を構えています。化学の力を生かして、厨房除菌の分野にも手を広げています。
「ハイエスト」は、アルコール濃度は50パーセントで「インフルエンザ」、「鳥インフルエンザ(H5N1、H7N7)」、「SARS」に効果があります。試験を実施しており、いずれも1分以内に菌を「不活化」しました。
また、サルモネラ菌や大腸菌にも高い効果を発揮しています。家庭用には「500ミリリットルサイズ」がいいでしょう。他にも「50ミリリットル」、「1リットル」、「5リットル」のサイズを取り扱っています。

3位 大韓民国発のかわいいアルコール消毒液 NATURE REPUBLIC ハンドネイチャー ハンドジェルS

公式サイトへ

形状 ゲル状
主成分 エタノール(54.72パーセント)

ハンドサイズで気軽に使えるアルコール消毒ゲルです。
エチルアルコール(エタノール)濃度は50パーセントほどで手の甲にたらしてなじませれば、抗菌作用が生まれます。
目に見えない大腸菌や黄色ブドウ球菌を99.99パーセント除去してくれる商品。
8種類の香りから選べるので、おしゃれ女子にもおすすめの逸品です。アルコールは人体に無害な物質を使用しているので安心して使えます。
容量は「30ミリリットル」で透明なゲルに小さな粒が入ったアルコール消毒ゲル。
持ち運びやすく、家庭用とお出かけ用に使い分けることもできます。