レアジョブ英会話の口コミと評判。料金

教育


グローバル化が進む昨今、「英語を話せるようになりたい」と思う人は多いでしょう。
でも、「自分で勉強し始めても思うように上達しない」「三日坊主で続かなかった」といった経験をもつ人も少なくないはずです。
また、スクールなどで習おうと思っても、レッスン料が高額すぎて躊躇してしまうケースも。
そんななか、人気を集めているのがインターネットを使い、オンライン上で直接英語のレッスンが受けられる「オンライン英会話」。
なかでも、レアジョブ英会話は、99.4%が「始めてよかった」と回答するほどの顧客満足度を誇る大手オンライン英会話サービスです。※MMD研究所「オンライン英会話の利用」に関する調査(2015.6.19)より

記事では、レアジョブ英会話の口コミ評価を中心に、特徴などを分かりやすくまとめました。
英語を習いたい、オンライン英会話を検討中という人はぜひ参考にしてみてください。

1. レアジョブ英会話の特徴

レアジョブ英会話は、業界トップクラスの安さを誇るオンライン英会話。
インターネットを使って自分の好きな時間に、格安で英会話の学習ができるサービスで、初心者からビジネス英会話まで目的に合わせたレッスンを開講しています。
一般向け以外に、中学生や高校生、子ども向けのレッスンもあります。

レアジョブ英会話の安さの秘密は、フィリピン人講師から直接レッスンを受けられること。
日本や欧米と比べればフィリピンの物価はまだまだ安く、人件費が抑えられます。
また、講師と直接オンラインでつながるため、教室などの家賃もかかりません。
その分、レッスン料のコストダウンが可能というわけです。
ただし、英語が話せるからと言って、誰でも講師になれるわけではありません。
現地有名大学卒業者など、条件をクリアした人だけが講師に選ばれています。
採用率1%というかなり厳しい審査が行われているため、安心してよいでしょう。

レッスンは1回25分で、毎日朝6時~夜1時まで開講されています。
週末のみや早朝レッスンも可能。
朝活や、自宅でのリラックスタイムを使ってマイペースにレッスンが受けられます。
毎日レッスンのあるプランを選べば、英語学習の習慣化も可能。
「自分で英語を勉強し始めたけど、3日坊主になって続かなった」という人も、レッスンをルーティン化することで、ラクに続けられるでしょう。

レッスンには独自システムの「レッスンルーム」を使います。
Skypeなどへの登録・ログインも必要なく、アプリをダウンロードすればスマートフォンでのレッスン受講も可能です。
この利便性の高さもレアジョブ英会話の魅力と言えるでしょう。

2. レアジョブ英会話はこんな方におすすめ!

レアジョブ英会話は、日本人に合ったレッスンを行ってくれることでも人気のオンライン英会話。
とくに、以下のような方にはおすすめです。

・とにかくたくさんレッスンを受けたい
・レッスン料を抑えたい
・英語学習を習慣化したい
・英語の基礎知識はあるが、英会話に自信がない
・リスニングには自信があるが、スピーキングに自信がない

レアジョブ英会話には初心者向けのレッスンもあります。
ただし、もし「まったく英語の勉強をしていない」状態の人が始める場合は、あらかじめ少しは自分で勉強しておくことをおすすめします。
レアジョブ英会話のレッスンは、講師とのマンツーマンレッスンです。
まったく講師の英語を聞き取れないとなると、思うようにレッスンが進まず、無駄な時間を過ごすことにもなりかねません。
レッスン時間を有効活用するためにも、ある程度の基礎知識はつけておきましょう。

3. レアジョブ英会話の口コミ評判

レアジョブ英会話を検討している人にとって、気になるのが口コミ・評判だと思います。
ここでは、実際の口コミの声も入れながら、レアジョブ英会話の特徴について解説。
記事を読むことで、レアジョブ英会話の強みが見えてくるでしょう。

3-1.レベルについて

レアジョブ英会話では、目的別に「日常英会話」「ビジネス英会話」「ディスカッション」「スモールトーク」「発音」「オンライン英会話準備」という6つのカテゴリーを用意。
それぞれのカテゴリーで、1~10段階のレベル分けがされています。
レベルに合わせた教材を選ぶことで、自分のレベルに合ったレッスンを受けることが可能です。
選択した教材で1~2回レッスンを受けてみて「自分のレベルと合わないな」と感じたらカウンセラーに相談しましょう。

レアジョブ英会話では、体験レッスンの際にレベルチェックのテストが行われます。
口コミでは「レベルチェックが厳しい」「初心者では、講師が何を言っているのか理解できない」などの声もあります。
ただし、レベルチェックは「どの程度の英語力があるかを確かめるためのテスト」です。
分からないときは「パス」や「分かりません」と答えても問題ありません。
その後のレッスンを自分に合った内容のものにするためにも、現状のレベルをしっかり見極めてもらうことが大切です。

3-2.講師の質について

レアジョブ英会話には、6,000人以上ものフィリピン人英語講師が在籍しています。
さらに職業や専攻分野などで講師検索ができるため、自分と話が合いそうな講師を選んでレッスンを受けることも可能です。
フィリピン人はノンネイティブではありますが、日本よりも英語を日常的に使う国民性であり、非常に高い英語力を誇ることでも知られています。
さらに、レアジョブ英会話には、現地の有名大学在校生や卒業生が多数在籍。
英語レベルや教養の高さにも定評。
採用率1%という厳しい適正検査や、日本人に合ったレッスンを行うためのトレーニングなど、よりよい講師を選び、育てるための工夫もされています。

講師の質についての口コミを見ると「レアジョブ英会話の講師の質が一番よかった」「年配の講師の方が、発音や文法などをていねいに指導してくれた」という意見もありました。
また、フィリピン人特有の性格から、明るく陽気な先生が多い点も評価されているようです。
一方では「講師のクオリティにばらつきがある」という意見も見受けられます。
講師の質にばらつきがある点については、ほかのオンライン英会話でも同様な意見が多く見られます。
6,000人もの講師がいれば、当然性格的に合う・合わないといったフィーリングの問題も出てくるでしょう。
講師を選んで予約する際には、経歴や職歴はもちろん、音声データをしっかり確認するようにしてください。

3-3.教材について

レアジョブ英会話では、4,000以上のなかから自分の目的・レベルに合わせた教材を選ぶことができます。
口コミでも教材に対して、高評価の意見が多い印象です。
ただ単に読みあげて、話して終わりではなく、ある程度は自分で考える、予習をしておくなどしておかないとスムーズにレッスンが進行しないような内容になっています。
とくに評価が高いのが、オリジナル教材のDNA(Daily News Article)。
雑誌や新聞などのニュースを元にしたテキストで、分かりやすく使いやすいと評判です。
TOEICやTOEFLのコースについても、オリジナルの教材が準備されており、それに加えて外部サイトを使った練習も行ってくれます。
教材の質・量ともに満足しているという声も見受けられました。

3-4.サポート体制について

これから英会話を学びたい人にとって、日本語でのサポートがあるかが心配な人もいるでしょう。
レアジョブ英会話なら、日本人スタッフがカウンセリングなどを行ってくれるため安心です。
英語学習の目的や目標、実際のレベルなどを相談しながら、コース選択などをサポートしてくれます。
日本では、社員教育の一環としてレアジョブ英会話のオンライン学習を取り入れている企業もあります。
レアジョブ英会話が上場企業であることに加え、サポート体制の充実も決め手となっていると言えるでしょう。
口コミでは「体験レッスンの仕組みが整っている」「安心して使える」といった声も多いようです。

4.レアジョブ英会話の教材

レアジョブ英会話では、PCPPモデルという学習スタイルが採用されています。
「Presentation(提示)」→「Comprehension(理解)」→「Practice(練習)」→「Production(産出)」という4過程での学習。
「分かる」ではなく「できる」をゴール地点としてレッスンを行います。
教材もPCPPモデルに応じた内容で構成されており、飽きることなく段階的に学びを深めていけるでしょう。

4-1 .日常英会話

「日常英会話」のカテゴリーには、全部で380のレッスンがあり、それぞれに教材が用意されています。
「日常英会話」のなかでもコースが細分化。
オンラインレッスンに必要な会話を学べる「スターター」からはじまり、実用英会話レベル3~レベル8まで、全6段階のレッスンがあります。
たとえば、自身のことや家族のことなど限定された話題について短い英会話ができるようになることを目的に学ぶのが「実用英会話レベル3」。
幅広い内容に対して、柔軟に対応し、説得力のある意見を述べられることを目的に学ぶのが「実用英会話レベル8」です。
それぞれのレベルに応じて、リスニング・リーディング・スピーキングの教材がバランスよく組み込まれていて、全般的なスキルアップが目指せます。

4-2 .ビジネス英会話

ビジネスシーンで使える英会話を学びたい人にぴったりなのが、レアジョブ英会話の「ビジネス英会話」です。
レッスンを担当するのは一般講師よりもレベルの高いビジネス認定講師。
よりビジネスに特化した会話もフレキシブルに組み込んでくれるでしょう。
「ビジネス英会話」のカテゴリーは、レベル3~レベル10まで、8つのレベルに細分化されており、全部で500のレッスンが用意されています。
自己紹介やスケジュール確認などの基本的なビジネス英会話が学べるのが「レベル3」。
株式やスタートアップについても自分の意見を理論的に主張できるようになる「レベル10」まであり、個々のレベルに応じたレッスンが選択できます。

4-3.DNA(Daily News Article)

レアジョブ英会話にはオリジナルの教材として「Daily News Article」があり、通称「DNA」と呼ばれています。
雑誌や新聞のニュースをより分かりやすく解説付きでまとめた教材で、これをもとに英会話を実践します。
「Daily News Article」ではあらかじめ決まった流れでレッスンが進行します。
また、毎日新しい記事が更新されるため、飽きずに続けられます。
英語のスピーキング力が伸ばせるのはもちろん、時事問題や社会問題にも触れられるため、広い意味での教養が身に付きます。
レッスンの最後にはディスカッションパートもあります。
初心者にはやや難易度が高いですが、スピーキング力をつけたい人にとっては有効です。
「自分の意見を述べる」という意味でも、日本人には必要なパートと言えるでしょう。

「Daily News Article」は、分かりやすく使いやすいと口コミでも好評です。
ニュースを活用した会話は、日常でもビジネスでも応用できるもの。
うまく活用して英会話のスキルアップに役立てましょう。

5.レアジョブ英会話の料金はいくら?入会金は必要か

オンライン英会話を選ぶメリットのひとつが、料金の安さです。
教室などの賃料が必要ないため、比較的安い価格でレッスンが受けられます。
ここでは、気になるレアジョブ英会話の料金についてまとめています。
どのプランを選んでも安く抑えられるため、自分の目的や生活スタイルに合わせたプランを選びましょう。

5-1.レアジョブ英会話の料金

レアジョブ英会話の魅力のひとつが、料金の安さです。
1回25分のレッスンを毎日受けても、月額5,800円~。
日本の英会話スクールなどと比べれば、驚くほど低料金だと言えるでしょう。
日常英会話コースだけは、好きな日を選んで受けられる月8回プランもあります。
忙しくて時間が取れない人は、月8回プランを選択するのもよいでしょう。
また、レアジョブ英会話では「入会金」が必要ありません。
初期投資が必要ないため、始めやすい点も人気の理由です。

日常英会話コース ビジネス英会話コース 中学・高校生コース
月8回(1回25分) 4,200円/月(525円/1レッスン)
毎日25分(1日1レッスン) 5,800円/月(187円/1レッスン) 9,800円/月(316円/1レッスン) 9,800円/月(316円/1レッスン)
毎日50分(1日2レッスン) 9,700円/月(156円/1レッスン)
毎日100分(1日4レッスン) 16,000円/月(129円/1レッスン)

上記のプランに加え、オプションサービスとして「あんしんパッケージ」があります。
月々+980円で、日本人カウンセラーによる学習相談や、レッスンの自動予約、スピーキングテストの割引購入などの特典が受けられます。

5-2.129円のコース

インターネットで「レアジョブ英会話」を検索してみると、「1回129円~」という文言が目に入ります。
これは「日常英会話コース」の「毎日100分プラン」における、1レッスンの価格です。
16,000円÷31日(1か月)=1日あたりのレッスン料が516円
516円÷4(レッスン数)=1レッスンあたり129円
という計算になります。
毎日100分プランは、レアジョブ英会話のなかでももっともコスパのよいプランです。
「とにかくたくさん話したい」「短期間で集中して英会話を身につけたい」という人は、ぜひこちらのプランを検討してみてください。

6.レアジョブのアプリなどの使いやすさについて

レアジョブ英会話には、独自の受講システム「レッスンルーム」があります。
Skypeなどのツールをインストールする必要もなく、またアプリをダウンロードすることでスマホやタブレットからの利用も可能です。
外出先や出張先でも手軽にレッスンが受けられるため、忙しい人にうれしいシステムと言えるでしょう。
レッスン用に作られたシステムなので、画面の見やすさや使い勝手のよさも魅力。
万が一、レッスンルームにシステム障害が起きた場合などは、Skypeに切り替えたり、代行レッスンを用意してくれたりと柔軟に対応してくれます。

7.レアジョブ英会話の初回無料体験の申し込み

7-1.体験レッスンの申し込み方法

レアジョブ英会話では、初めての人のために2回の無料体験レッスンが付いています。
公式ホームページから、会員登録を行い、メールで送られてきたURLからプロフィールを入力。
すると、最短で受講可能な体験レッスン日時とカウンセリング日時が表示されます。
その日がOKな場合はそのまま予約をし、無理な場合は別の日時に変更しましょう。
早ければ当日中に無料レッスンを受けることも可能です。

7-2.体験レッスンの内容

予約した時間になったら、レッスンルームに入室します。
簡単に自己紹介を済ませたら、最初はレベルチェックです。
レベルチェックでは、仕事や英語を学ぶ目的、自分の意見と問われるような質問がいくつか投げかけられるでしょう。
その後、体験レッスンに入ります。
初回はレベルチェックも兼ねているため、レッスン時間は少なめになります。
ただし、レアジョブ英会話には、さらにもう1回無料レッスンがついています。
入会するかどうかは、2回目の無料レッスンを受けてから決めても遅くはないでしょう。

7-3. カウンセリングはお早めに

レッスンを受けたあとは、無料カウンセリングを受けます。
同日予約でも、別日でもかまいませんが、レッスンの印象と合わせて質問・相談ができるので早めの方がおすすめです。
カウンセリングは日本語で行われます。
より詳しい目標や今の状況などを聞き出したうえで、よりよいカテゴリーやレッスン内容を提案してくれます。
また、料金プランについても詳しく案内してくれるため、不安がある場合はしっかり確認しましょう。

8.レアジョブ英会話のレベルとは?初心者でも大丈夫?

レアジョブ英会話は、目的別さらにレベル別にレッスンが分かれているため、あらゆるレベルの人に対応できます。
レベル1~レベル3が初級。
英語であいさつができる、自己紹介や身近な話題に対しての受け答えができるというレベルです。
レベル4~5級は初中級。
海外旅行先での会話がスムーズにできる、好きな音楽やスポーツについて話しができるレベルです。
レベル6・7級は中級。
興味のあることについて長い会話のキャッチボールができる、会議など意見交換の場でもスムーズに会話できるレベルです。
レベル8・9級は中上級。
英語で論議する、自分の意見を言えることはもちろん、分野を限定せずに幅広い話題に対応できる英語力を持っているレベルです。
レベル10は上級。
ネイティブレベルの複雑な英会話ができるレベルです。

英語初心者の場合は、レベル1~3の初級に位置づけられます。
ただし、最初のレベルチェックでは、フィリピン人講師からいきなり英語でさまざまな質問をされることになります。
レベルを把握するために必要なこととは言え、ヒアリングができない人は慌てるかもしれません。
その後も基本的に、レッスンは英語で進められます。
日本語OKという講師がいても、それは同じ。
「英語をまったく勉強したことがない」人にとってはハードルが高いと言えるでしょう。
そういった初心者の場合は、基礎英語の参考書を読むなどして、あらかじめ勉強しておくことをおすすめします。

逆に、文法やヒアリングはある程度勉強しているが、「スピーキングができない」という英会話初心者にはレアジョブ英会話はおすすめです。
講師側もそれを見越した上で、スピーキングの機会をたくさんつくってくれます。
会話の数をこなすことで、どんどんスピーキング力が伸びていくでしょう。

9.レアジョブ英会話の退会方法

レアジョブ英会話を退会する際には、アカウントの削除が必要です。
アカウントには個人情報はもちろん、今までのレッスン履歴なども含まれています。
退会自体は、WEB上で簡単にできます。
基本情報ページのメニュー一覧から「アカウント削除申請」を選択。
パスワードを入力後、「レアジョブ英会話のアカウントを削除する」をクリックすれば完了です。

レアジョブ英会話には退会以外に「休会」という制度があります。
休会には期限がなく、休会中の料金も発生しません。
一度退会してしまうと、また始めたいと思った際に、またアカウントを登録し直さなければなりません。
また、自分がどのレベルでどのようなレッスンを受けたかといった履歴も消えてしまいます。
休会であれば、アカウント自体は残しておけるため、「一生利用することはない」と分かっている場合を除いては、ひとまず休会を選ぶことをおすすめします。

10.レアジョブ英会話のログイン方法

「レアジョブ英会話」をインターネットで検索していると、ログイン方法について調べている人が多いことに気づきます。
基本的に、一度会員登録していれば、ログインできないことはありません。
ログインできない場合は、以下の項目に当てはまっていないか一度チェックしてみましょう。
・メールアドレス、パスワードは正しく入力されているか
・英字の入力が大文字入力になっていないか(PCの場合)
・メールアドレスやパスワードの前後に余分なスペースが入っていないか
・英数字が全角入力になっていないか
・Cookie(クッキー)を受け入れる設定になっているか

ほかのサイトのログイン時にも注意したい項目です。
ログインできず慌てる前に、一度確認してみましょう。

また、それでも入れない場合は、パスワードの再設定が可能です。
ちなみにFacebookアカウントからパスワード再設定をすることもできます。
パスワードの再設定もできない場合は、メールアドレスが間違っている可能性もあります。
その場合は、カスタマーサポートに連絡して調べてもらいましょう。