ディズニーの英語システムの口コミと評判

教育


ディズニー英語システムの口コミや評判

ディズニーキャラクターを使っているので、「こどもちゃれんじ」のようなおもちゃで遊んでいるような感覚で楽しめます。大人も一緒に楽しめるし、スタッフの方の説明も丁寧で、商品がどんなものかが分かった上で使用できたのが良かったです。

ディズニー英語システムを利用することによってイベントに参加できることがいいなと思って入会しましたが、劇を鑑賞するだけだったので期待とは程遠い結果でした。

料金が思っていたよりも高くてビックリしました。こちらの経済事情からいっても簡単に購入できるような余裕がありませんでしたし、子供との相性がよくなければお金をどぶに捨ててしまいます。

幼児用の英語教材は他にもありますが、この教材はインプットとアウトプットのバランスが良い印象を受けました。DVDにしても子供が自分から観ようとするくらいに興味を示していました。

子供が教材のDVDを鑑賞していると、夢中になって観てくれているので、ぐずりだす時に流すこともしていました。子供は特に歌が好きなようなので、歌が流れ始めると機嫌がよくなります。

親の私も英語が苦手だったのですが、子供に喜んでもらおうと歌などを覚えるようにしたことで私自身も英語教材に飽きることなく続けられるようになりました。

少々高額だと思ったのですが、購入を決意しました。子供が飽きてしまうという懸念はありましたし、親としても一緒に飽きてしまうこともありました。

しかし途中でやめてしまうとお金が無駄になるので、なんとか踏みとどまり、続けるように努力しました。新品で購入したのですが、結果的に購入して良かったと思います。

ディズニー英語システムの料金

パッケージ 通常価格 会員価格
ワールド・ファミリー・パッケージ 912,000円 892,000円
ミッキー・パッケージ+GAQ 855,000円 835,000円
ミッキー・パッケージ+GA 801,000円 781,000円
ミッキー・パッケージ+G 751,000円 731,000円
ミッキー・パッケージ 672,000円 652,000円
ミニー・パッケージ 439,000円 419,000円
ドナルド・パッケージ 368,000円 348,000円
グーフィー・パッケージ 271,000円 251,000円
シング・アロング・セット 168,000円 148,000円
プレイ・アロング・セット 48,000円
正会員 ベイビー会員 マタニティ会員
会費 3,410円 1,320円 無料
対象 長子が19ヶ月以上 長子が18ヶ月まで 長子を出産するまで

ディズニー英語システムの教材

パッケージ名
ワールド・ファミリー・パッケージ
教材セット
メイン・プログラム トークアロング・カード ストレートプレイ・DVD シング・アロング・セット ミッキー・マジックペン・セット ミッキー・マジックペン・アドベンチャー・セット Q&Aカード レッツ・プレイ
パッケージ名
ミッキー・パッケージ+GAQ
教材セット
メイン・プログラム トークアロング・カード ストレートプレイ・DVD シング・アロング・セット ミッキー・マジックペン・セット ミッキー・マジックペン・アドベンチャー・セット Q&Aカード
パッケージ名
ミッキー・パッケージ+GA
教材セット
メイン・プログラム トークアロング・カード ストレートプレイ・DVD シング・アロング・セット ミッキー・マジックペン・セット ミッキー・マジックペン・アドベンチャー・セット
パッケージ名
ミッキー・パッケージ+G
教材セット
メイン・プログラム トークアロング・カード ストレートプレイ・DVD シング・アロング・セット ミッキー・マジックペン・セット
パッケージ名
ミッキー・パッケージ
教材セット
メイン・プログラム トークアロング・カード ストレートプレイ・DVD シング・アロング・セット
パッケージ名
ミニー・パッケージ
教材セット
トークアロング・カード ストレートプレイ・DVD シング・アロング・セット
パッケージ名
ドナルド・パッケージ
教材セット
トークアロング・カード シング・アロング・セット
パッケージ名
グーフィー・パッケージ
教材セット
ストレートプレイ・DVD シング・アロング・セット
パッケージ名
シング・アロング・セット
教材セット
シング・アロング・セット
パッケージ名
プレイ・アロング・セット
教材セット
プレイ・アロング・セット

子供でも使用できる?

ディズニー英語システムは子供でももちろん使用でき、英検やTOEICでレベルの高い結果を出した子供もいます。

料金はやや高額という口コミも多いディズニー英語システムですが、飽きがこなくなるように親も一緒にコミュニケーションを取りながら続けていく必要があります。

子供が0歳からディズニー英語システムを開始した例では、それから二年の歳月をかけて、教材が質問してくる英文に対して的確に英語で返すようなことも実現可能です。

子供は吸収力が強いので覚えが早く、英単語や文法などを親が付き添って一緒に学習することでより早い英語の取得に繋がります。

英語を真剣に上達させることを目標としているならば、乳幼児期の段階からスタートさせることがお勧めです。

大人も使用出来る?

ディズニー英語システムは大人でも気軽に始められます。子供と一緒に学習してもいいし、単独で学習するのも自由です。

子供と一緒に学習する時には、子供がメインとなることが多いので、大人は空いた時間にでも1人で学習するほうが効率的ではあります。

ディズニー英語システムに付いてくるCDは英語を主体としたストーリーや質疑応答のレッスンが収録されているので、リスニングにおいて大人でも一定の効果があります。

親子で学習する際、親が嫌々英語学習をしているのを見て、子供はそれを敏感に感じ取ります。それに誘発されて子供も続けるのが嫌になり、結果退会することになります。

英語が苦手な親が子供にディズニー英語システムを勧めるのは、お金の面も含めて特に覚悟がいります。どれだけ親が子供に付き添い、お互いに飽きることなく続けられるかがポイントです。

ディズニー英語の使い方

ディズニー英語システムの教材は各年齢ごとに違いがあります。しかし基本的にどの年齢でもDVDやCDが付いてきます。その教材を使ってリスニングを主とした学習を進めていきます。

乳児期ではほとんどリスニングでBGMを流しているような感覚で英語なしの生活はほとんどないような環境にしてあげることが、子供の英語上達への第一歩です。

幼児期に入るとDVDとCDの他にDWEブックが付いてきます。今度は本を読みながらの学習も入ってくるので、英単語や英文への関心や理解が深まります。

小学生の年代になると、今までの学習の復習や語彙力、表現力を高める応用学習を「ブルー」「グリーン」「ライム」「イエロー」の順番に進めていきます。

「イエロー」まで修了するとめでたくディズニー英語の卒業です。

サンプルの入手法

ディズニー英語システムの無料サンプルを申し込むには公式サイトから「無料サンプル」をタップし、「お申込者情報入力」にて保護者のお名前とご住所、電話番号、メールアドレスを入力します。

次にお子さまの生年月日、可能であればディズニー英語システムを訪れたきっかけも選択項目から選択します。

入力し終えたら下記の「上記に同意して確認画面へ」をタップします。

入力確認画面に切り替わるのでもう一度間違いがないか確認して申込完了します。

ディズニー英語システムの中古と正規品の違い

ディズニー英語システムの中古品は正規品と比べて高額ではなく、費用を抑えられるのが特徴です。そのため始めるまでのハードルが必然的に低くなります。

正規品は中古品よりも高額ですが、ディズニー英語システムのオリエンテーションが受けられ、教材の使用方法を教授してくれるので、より有意義な学習を行うことが出来ます。

正規品を購入した方にはワールドファミリークラブに入会することもできます。

会員になるとイベントに参加できたり、教材の保証制度を受けられたりします。

中古品のデメリットは教材の保証制度を受けられないので、万が一子供が本やDVDを傷つけて壊してしまったりすると、交換することができません。

ディズニー英語システムの教材の上手い使い方をする方法をスタッフに尋ねることが正規品で可能ですが、中古品では相談することができません。

あとはイベントに参加したり、ディズニー英語システムの先生たちと電話で会話することもできないので、生の英語を体験することができません。

正規品のデメリットはやはり高額であることが挙げられます。

一括だけでなく分割で支払うことも可能なので、英会話教室と比べると月費用的にはそこまで差はないです。

ディズニー英語システムのDVD

ディズニー英語システムのDVDの種類は豊富にあります。ただ英語の映画やアニメを流して聞かせるだけのような簡単なものではなく、独自に開発されたコンテンツとなっています。

アニメのストーリーでは日常生活に関するさまざまな事柄を子供がインプットしやすいように表現されていて、子供が吸収しやすいように作られています。

ディズニー英語システムのDVDの1つであるストレートプレイは、例えばキャラクターがある物の名前を発言した時に当てはまる物をズームインするような工夫がされています。

ストレートプレイDVDは0歳から始めるもので、英語の音声とそれに結びつく絵を照らし合わせて、それらの意味を理解させるようにしています。

他にもシングアロングやステップバイステップといったDVDもあるので、子供の年齢に応じたDVDを選択します。

ディズニー英語システムのシングアロングとは?

ディズニー英語システムのDVDにはシングアロングと呼ばれる英語教材があります。これはストレートプレイDVDと同じで0歳から始めるものです。

英語の音声から英語のリズムを感じて慣れ親しむように設計されています。

歌とアニメーションを組み合わせて子供に聞かせることで、英語のリズムやイントネーションが自然と向上します。

アルファベットも1つ1つ自然に覚えられるので、いつのまにか口ずさんでいるということもおかしくありません。

ボキャブラリーも多く身に付くようになっているので、いろんな単語に触れながら長いクエスチョンでも答えられるようになります。

幼いころからピアノや音楽に触れていると身に付く絶対音感のような現象もシングアロングでは、日本語にはない発音やイントネーションでも聞き分けることができます。

ディズニー英語システムのメリットとデメリット

ディズニー英語システムの良さは教材の完成度が高いことです。DVDやCDには子供が食いつきそうな内容が多く、ストーリーの内容が五感を通して感覚的に理解できるように作られています。

ディズニー英語システムの教材は全て英語で構成されているのですが、字幕・翻訳されていなくても何が何を指しているのかが、英語が苦手な大人でも何となく分かるようになっています。

ディズニー英語システムでは130曲以上の歌が収録してあります。日常会話を主体とした歌詞の中に文法も取り入れられているので、歌を聴きながら英語の基本ポイントを押さえることができます。

ディズニー英語システムは身近な単語から入ることにより、子供に親しみやすいように工夫されています。

ディズニーのキャラクターが中心となって登場するので、学習しやすい環境づくりは整っています。

DVDやCDが多いので、親が一緒になって学習するということは少なく、子供のモチベーションを保ち、どのようにすれば続けてくれるのかをサポートすることくらいは行う必要があります。

家事や育児に奮闘している親にとっては、子供がDVD・CDを使用してリスニングしている時に別のことが出来るのはとても助かることだと思います。

ディズニー英語システムの悪いところは費用が多くて100万円は超えてしまうことです。中古品を購入するユーザーも多いですが、サポート面を充実させたいなら正規品を購入するべきです。

ディズニー英語システムだけでは英語を全て把握し、理解することはできません。

教材の量が多いように見えても実際は日常生活で使用する単語や文法ばかりなので、全て英語の本や翻訳していない洋画などを全て理解することは難しいとされています。

ディズニー英語システムで覚える単語は1500語といわれています。中学校卒業レベルと同等なので、更に高いレベルで学習したいなら他の教材も使用する形となります。

教材の量が多いので、家のスペースを多くとることもあります。スペースに余裕のある時に購入するのがお勧めです。

ディズニー英語システムの勧誘電話はしつこい?

無料サンプルを試してみると、あまりしつこい勧誘はしてきません。電話はよくしてきますが、関心・興味がないことを伝えるとそれ以上の勧誘はしてきません。

一方無料体験では勧誘の頻度や期間が多くなります。資料請求よりも無料体験の方がユーザーになりやすいデータがあるとディズニー英語システムのスタッフは思っているのかもしれません。

スタッフの営業マニュアルは実際のスタッフ体験者によると細かに記載されており、ユーザーになる可能性のある方を逃がさないための接客対応が載っているとのことです。

勧誘スタッフは出来高制なので、顧客を集めるのに必死で勧誘を行います。

全てのスタッフがしつこいかというと一概には言えません。しかし口コミでもディズニー英語システムのスタッフの勧誘は悪く言えばくどいという書き込みが多く見られます。

ユーザーになる気はない方は、上手な断り方を身に付けておきましょう。これによって長引く勧誘を避けることができます。

費用の面での断り方は、スタッフが貯蓄の方法や工面の仕方を求めていないのに一方的にアドバイスされることがあります。

ローンの話になると、月の支払いの金額を提示して、比較的安価なことを強調して伝えて来ます。

家の子供には相性が悪いかもしれないといった断り方では、それをスタッフは否定して「初めていけば段々と慣れて学習が楽しくなっていくはずです。」といった感じで勧誘をしてきます。

上手い断り方は、「他の教材を使用しているので間に合っています。」ということを伝えます。配偶者の夫または妻が他の教材を使用したいと言っているので・・・といった断り方でも適切です。

友人からディズニー英語システムを借りたとも伝えれば、納得することがあります。このようにスタッフからの勧誘を断る方法はいくつもあるので、参考にしながらどの教材にするのかなども考えておくといいでしょう。

ディズニー英語システムのサンプル

ディズニー英語システムのサンプル教材には「サンプルビデオ」「サンプルCD」「歌の絵本」「お風呂でABCポスター」が付いてきます。

「サンプルビデオ」には計8曲以上が収録されており、ディズニーでお馴染みのキャラクターと一緒に歌ったり、踊ったりして楽しく英語を学びます。

「サンプルCD」の収録曲は6曲で、持ち運びが可能なので車の中でも流すことができます。BGMのみですが、ネイティブな英語を聞き取れるので、自然に英語の発音やイントネーションを身に付けることが出来ます。

「歌の絵本」は「サンプルCD」の歌詞を分かりやすくイラストで解説しています。歌詞の意味を正確に理解することができるので、「サンプルCD」と一緒に使用することがベターです。

「お風呂でABCポスター」はお風呂場にて使用するポスターです。ポスターには色やアルファベットがイラスト付きで掲載されています。

最初はそのポスターをお風呂につかりながら基礎的な英語を学びます。復習にも使えるので、長期的に使用することも想定されます。

無料サンプルだけでも十分なくらいのラインナップですが、これから数年間使い続けるとなると、多くの教材が必要になるので物足りなくなります。

ディズニー英語システムのイベント

ディズニー英語システムでは実際に日本で開催されている催しが行われているのですが、ディズニー英語システムの正規版を購入しないと参加できません。

二カ月に一度送られてくる「ワールドファミリーマガジン」の中に入っている「WF Club Event Information」にどのような内容のイベントがどの時間にどの場所で行われているのかをチェックすることが出来ます。

イベント内容としては、「ファミリーカレッジ」「ダンスアロングショー」「パペットショー」「ファン・ウィズ・ザップ」「プレイアロング」「ザ・フロギー&バニーショー」「ザ・フォーシーズンズ」「イングリッシュカーニバル」「ゴーゴーキッズ」などがあります。

「ザ・フロギー&バニーショー」は小さい子供向けのイベントです。ディズニーキャラクターのフロギーとバニーが登場し、ダンスを交えてプレイアロングを歌うのが特徴です。

「ファミリーカレッジ」はクレムというキャラクターと三人の先生によるシングアロングをメインとしたイベントです。教材の使い方についても歌とダンスで紹介してくれます。

「ダンスアロングショー」はMr.ストロングマン、ザ・トールマン、ザ・スモールマン、ヒッポといったキャラクターがサーカスに参加するという内容です。

「ファン・ウィズ・ザップ」はZAPというキャラクターと春夏秋冬に応じたお芝居をしてくれます。やや年齢が高い子供向けの内容となっています。

「パペットショー」はズーキーパーというキャラクターが禁止されている動物への行為を行ってしまうという内容です。

沢山の動物がいるので、それだけでも子供は喜ぶイベントとなっています。

「イングリッシュカーニバル」は観客の親子も一緒になって身振り手振りのパフォーマンスを一緒に行うアクティブなイベントです。

「ゴーゴーキッズ」は保護者が参加しなくても問題ないイベントです。保護者が参加する場合は料金がかかりますが子供は無料です。

内容は小学生以上の子供が先生と一緒に複数のグループに分かれてコミュニケーションを行います。

アウトプットの要素が強いので、年齢層が高いことも含めて少しレベルが高いことが特徴です。

なお毎年イベントの内容が変わることがあります。残念ながらディズニーキャラクターの中でも代表的なキャラクターであるミッキーやミニーなどはイベントに出て来ません。

イベントの料金は基本的に大人1人1,570円で二人目以降は790円です。子供は1歳以上で1人1,040円で二人目以降は520円です。

このように大人・子供の料金は二人目以降では約半額になります。

イベントに予約していて途中でキャンセルしようと思ったら公式サイトからキャンセルできます。

無料でキャンセルが出来ますが、決められた日までしか無料となりませんので、できるだけ早く手続きを済ませる必要があります。

大人1人の予約では電話でのキャンセルとなります。その場合、入場チケットに記載されている電話番号にかけるようにしましょう。

ディズニー英語システムのフルセット

ディズニー英語システムのフルセットは高額ということで知られています。その額なんと約90万円なので購入を躊躇する方もいるかと思います。

そこまでの金額を支払う理由は各世帯によって事情が異なると思いますが、子供の英語力をより高いレベルにまで押し上げて、例えば英語に関係する仕事に就職してもらうような目標があるくらいのことがあると存じます。

送られてくる教材は「メイン・プログラム」「トーク・アロング・カード」「ストレート・プレイDVD」「シング・アロング」「プレイ・アロング」「ミッキー・マジックペン・セット」

「ミッキー・マジックペン・アドベンチャー・セット」「Q&Aカード」「レッツ・プレイ」があります。

途中で投げ出さないように計画的に費用も考えながらなるべく早い段階で子供に学習をスタートさせることで、覚えるスピードがグンと速くなるので購入する際には早い決断が求められるでしょう。

ディズニー英語システムの入会の流れ

まずはディズニー英語システムの無料サンプルを請求することから始めることをお勧めします。何故なら初心者からしたら教材がどのようなものなのか不安だからです。

まずは試してみてどんな感じなのかを実際に体験して試してみるといいでしょう。教材の詳しい説明や効率的な使い方を担当のアドバイザーから指南してもらい、書面にて契約書を記入します。

契約が締結されればその後に頼んだ教材が自宅に届きます。だいたい早くて1週間以内に届くはずです。

ディズニー英語システムのログイン方法

ディズニー英語システムを正規購入した人向けにワールドファミリークラブという会員限定のサービスを受けることが出来ます。

ワールドファミリークラブにログインするには会員番号やパスワードが必要です。公式サイトからIDとパスワードを入力します。

パスワードを知らなくて初めて入力する際には公式サイトの下部に「はじめての方」と表示しているのでその部分をタップします。

そこでは契約者の会員番号と生年月日、電話番号を入力します。

そして「利用規約に同意する」にチェックを入れて「送信する」をタップします。

パスワードを忘れた場合は公式サイトトップページの下部より「パスワードを忘れた方」をタップします。

そこから会員番号と生年月日、電話番号を入力します。

最初にパスワードを設定した時と同じ要領で、最後に「送信する」をタップしてパスワードを再設定します。

確認用に設定するパスワードをもう一度入力し、登録しているメールアドレスと確認用のメールアドレスも入力し、「送信する」をタップします。

会員番号を忘れてしまった場合はディズニー英語システムの「ワールドファミリークラブバインダー」が教材と一緒に送られてきていると思います。

それを開いて「メンバーズシップカード」というものに7桁の会員番号が記載しているはずなので、その番号をもとに公式サイトにて入力してみてください。

ディズニー英語システムの退会方法

ディズニー英語システムの正規品を購入した際には会員(ワールドファミリークラブ)に入ることになりますが、退会したい場合はスタッフに連絡した月の末までは会員で、翌月には退会となります。

公式サイトからは受け付けておらず、電話のみで退会の旨を伝える流れとなります。回りくどい伝え方ではなく、はっきりと退会することを伝えるほうが引き留めされにくいです。

退会後再度入会することも可能ですが、別途費用の12,500円かかりますので注意が必要です。しかし前の会員番号をそのまま継続して使用することも出来ます。

ディズニー英語システムのお問合せ方法

公式サイトからトップページ上部の「よくあるご質問・お問い合わせ」をタップします。ユーザーまたは購入を希望されている方のより多いご質問を厳選して掲載しているので、疑問や聞きたいことがあれば連絡する前に一度確認してみましょう。

掲載されているQ&A以外に何かご質問などあれば「ワールド・ファミリーコンタクト・センター」よりお電話にて受け付けているので、お気軽にお問い合わせください。

ディズニー英語システムの買取

ディズニー英語システムを使い続けると、子供の成長につれて使用頻度が少なくなるのが現実です。使用しない教材はそのまま捨てるか友人などに貸してあげるかなどの選択肢があると思います。

高い買い物をしたのだから誰かに買い取ってもらうなんてことも考えるはずです。高く買い取ってもらうには、なるべく購入時の品質を保ったままの状態が理想です。

DVDやCD、本などの教材を全て揃えておくといいでしょう。教材に傷がないかや正常にDVDやCDが流れるのかをチェックしてから買い取ってもらいます。

おおよその買取金額は新しいものほど高く買い取ってくれるケースがあります。5年から10年ほど前のものでも品質がよければ5万円近くの価格で買い取ってくれることがあります。

最近のバージョンなら品質もよければ10万円以上は固いと言われています。

買取方法は宅配買取や出張買取などがあります。

どちらも似たような流れで、電話やインターネットから手続きをして自ら主に段ボールにて梱包作業を行います。

インターネットからでは色んな買取サービスが展開されていますが、主に必要となるのが本人確認書類や銀行の口座番号なので、前もって準備しておきましょう。

パソコンやスマホからならインターネットから申込んで、買取商品の商品名や商品の状態、商品のメーカー、商品の型番を入力します。なるべく詳細に入力するようにします。

買取申込が終われば、電話またはメールアドレスにて商品の査定結果が出てきて、査定金額に問題や不満がなければ買取業者が予約した日時に自宅に訪問しにやってきます。

買取する商品を伝えて査定金額を支払ってもらい商品を運んでもらいます。買取商品が多ければ支払いは後日になることもあります。